• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

2016年

1月

08日

モニター小林氏のレポート

新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。
新潟の冬のシーバス、今では全国的にも有名になった?ハタハタパターン。
年末年始の休暇は毎日釣り。
大晦日はサイズこそ伸びなかったものの、70~80cm台のコンディションの良い魚がプチ爆。
元旦は92cmとグッドサイズ。
良いスタートダッシュができました。
ルアーは全てサーフェスウイング147F。
水深が浅く、沖のブレイクを攻めるのにドンピシャでハマりました。
オートマチックに入るフラツキアクションと飛距離は大きな武器になりますね!

 

JUMPRIZEモニター

小林裕之

続きを読む

2015年

5月

29日

モニター小林氏のレポート

こんにちは!
フィールドモニターの小林です。
新潟でもようやく雪しろが落ち着き、リバーシーバスが開幕しました。
今年は山間部での降雪が多かった為か、開幕も遅かった様に感じます。
スタッフブログの更新も久しぶりになってしまいましたが、頻繁に更新できる様フィールドに足を運ぼうと思います。
さて、いよいよチャタビー68の発売ですね!
首をなが~くして待っていてくださった方も多いのではないでしょうか?
これから迎える夏の高水温期には間違いなく活躍してくれるルアーでしょう。
抜群の飛距離と魚を寄せる強めの波動。
フォールはただ『ストン!』と落ちるのでは無く『ピラッ!』とヒラを打ちながらのスライドフォール。
しっかり喰わせの間、アクションも備えています。
売り切れ必至のアイテムになりそうですので、発売日には早目に釣具屋さんへ行きましょう(笑)。


JUMPRIZEモニター

小林裕之

続きを読む

2015年

1月

13日

モニター小林氏のレポート

JUMPRIZEファンの皆さん。
あけましておめでとうございます。
フィールドモニターの小林です。
今年も一年宜しくお願いします。
冬の北陸、新潟といえばハタハタパターン。
度々訪れる寒波に怯む事無く、年末年始の休みは全て仲間との釣行に費やしました。
今年は秋からカタクチやマイワシが好調を持続していてハタハタは接岸が少ない状況。
例年ほどの爆発的釣果はないものの、そこそこ釣れてくれました。
ヒットルアーはサーフェスウイング147F。
ロウディーと共に、もはや新潟ハタハタパターンでは必要不可欠なルアーです!
シーズンも残り僅かですが安全に注意し釣行したいと思います♪


JUMPRIZEモニター

小林裕之

続きを読む

2014年

11月

25日

モニター小林氏のレポート

こんにちは!
フィールドモニターの小林です。
いよいよ新潟も寒波の到来で時化の日も多くなってきました。
この時期はカタクチの接岸がドンピシャではまれば爆釣も有るのですが、当然予測出来る訳もなくキャスト練習の日々が多くなります。
そんな訳で少し前になりますが、落ち鮎パターンでの釣果報告です。
使用ルアーはサーフェスウイング147F,ベビーロウディー95S。
勿論、落ち鮎パターンに特化したルアーでは無いのですが、この日はこの2つが強かった。
ただ使用するにあたって、とことん巻かない事が釣果を左右する鍵でした。
『チョン!』とロッドを煽って重心移動させたら、ロッドは立ててラインは張らない、緩めない。
弱って流される瀕死の鮎を演出し、ルアーの位置、頭の向きに注意し流すだけ。
アベレージサイズですが、70cm台後半のシーバスが連発。
短時間ながら良い釣行になりました。
年末にはサーフェスウイング147F,ベビーロウディー95Sで新色が発売されるそうですね!
個人的にも嬉しいカラーが含まれているので楽しみです。


JUMPRIZEモニター

小林裕之

続きを読む

2014年

9月

22日

モニター小林氏のレポート

こんにちわ!フィールドモニターの小林です。
先日、友人と秋田遠征へ行ってきました。
絶好の釣り日和。
今期好調の雄物川。
期待を胸に真夜中から腰まで浸かりキャストを続けること数時間。
メインベイトとなる鮎が居らずノーバイト!(泣)
連日、カタクチの接岸で賑わってるとゆうサーフに移動するも、見渡す限り何事もなく穏やかな海・・・。
河口近くの堰で釣果があったと向かってみれば、地域の除草活動で人だかり。入れる雰囲気では無く・・・。
Googleマップで良さそうなポイント探して入ってみれば、辺り一面巨大オタマジャクシ・・・。
秋田への初遠征、惨敗!
ものの見事にベイトが姿を眩ましてくれました。
帰路につくこと数時間、ガイドしてくれたMさんから入電。
『もう、帰っちゃいました?』
『今、バコバコ釣れてるんですけど…』
結局、遠征運の無さが災いした様です。
さて、ホームグラウンドの新潟での釣果ですが、プロトのサーフェスウイング95Fにてなかなか良い釣行ができています。
クラス最高峰の飛距離、速い流れでもバタバタ暴れない弱々しいアクションが素晴らしい。
水中での姿勢も頗る良いんです!
11月末発売予定だったかな?
お楽しみに♪


JUMPRIZEモニター

小林 裕之

続きを読む

2014年

8月

22日

モニター小林氏の釣果レポート

こんにちは! フィールドモニターの小林です。
台風、豪雨の影響を受けまともに釣りができる日が少ない1ヶ月でしたね!
お盆の間もギッチリ仕事で何かと忙しい1ヶ月でした。
そんな中、短時間でもコツコツと釣行してきましたよ!
発売まで、あと1ヶ月余りとなった 『ぶっ飛び君ライト95SS』この釣果がすこぶる良いんです!
文句なしの飛距離。それでいてフォール速度が遅いのでシャローエリアでも喰わせの間がしっかり取れるんです。 足元からインレットの流れに乗っけてバックドリフト、なんて釣り方も結構釣果が出ました。
水温が高くなりすぎて、シャローエリアの反応が得られなければベビーロウディーがやっぱり強い!
もはや私の中ではリバーシーバスをやる上で無くてはならないルアーです。
『サーフェスウイング95F』も先日手元に届いたし、益々リバーシーバスが楽しくなりそうです。
 
JUMPRIZEモニター
小林裕之
続きを読む

2014年

7月

20日

モニター小林氏の釣果レポート

こんにちは、フィールドモニターの小林です(^-^)
梅雨ですねー!
毎日ジメジメ、シトシト雨が降って嫌な時期ですね!
私のホームとする河川は中~小規模。
雨による増水、減水が極端なので魚の着き場所がコロコロ変わってしまい、毎度の事ながらパターン掴むのに苦労してます。
この日もゲリラ豪雨で増水した直後。流芯はゴミ混じりのカフェオレ状態。
さすがにシーバスだってゴミ混じりの濁流では嫌がる筈………と思い、少しでもクリアな水が出ているインレットに的を絞りランガン。
ルアーはサーフェスウイング120とベビーロウディー。
カラーはやはり視認性の良いチャートバックパール。
交互に水深に合わせてローテーション。
『ドカーン!』『ドカーン!』と2発頂きました!!
読み通り、カフェオレとクリアな水の境目から飛び出してきて短時間ながらも大満足な釣行でした。
思った通りの釣れ方してくれるとサイズ関係なく嬉しいですね!

 

JUMPRIZEモニター

小林裕之

続きを読む

2014年

6月

25日

モニター小林氏の釣果レポート

こんにちわ!

フィールドモニターの小林です。
いよいよ開幕した新潟のリバーシーバス。

各河川で好釣果の情報を耳にします。
比較的簡単に釣れて、良型が連発する事も多々ある時期なのですが、今年は少し様子が違う。
気温、水温が低かったり、降雨量が少ないんです…
ひと雨毎に活性が上がって爆釣もある季節だけに不完全燃焼(泣)
そんな状況の中、今年イチバンのシーバスが釣れました!
やはり、雨上がり。少し水量も増えて、流れも速くなったかな?といった日の夕マヅメ。
流芯の両脇のブレイクをベビーロウディーを選択し、アップクロスで入念にドリフトさせながら探ってターンしたので回収しようとした瞬間。
『ドゴッ!!』と重量感のあるバイト!
思いっきりアワセを入れた瞬間に豪快なエラ洗い。
流芯に入られ主導権を奪われまいと、見様見真似のなんちゃって井上ファイト!!が炸裂……………したかどうかは定かでは無いが、数秒後には足元に大きな魚体。
ランディングは少し手こずりましたが、何とかキャッチ。
サイズは95cm。
自己記録には届かないのでそのあたりは結構適当(笑)
しっかり蘇生させてリリースしました。
外洋向けと思われがちなJUMPRIZEのルアーですが、攻めるポイントや流速によっては河川でも良い結果をもたらしてくれる事も多いでしょう。
特にベビーロウディーのシンキングならではの水馴染みの良さやクラス最高域の飛距離。

そしてハイピッチのローリングアクションは大きな武器になると思います!
95サイズで#3フック搭載も対ランカーを想定すると必要不可欠なポイントです。躊躇なくファイトできアングラー側に主導権を与えてくれるでしょう!
是非、お試しくださいね!

 

JUMPRIZEモニター

小林裕之

続きを読む

2014年

5月

20日

モニター小林氏の釣果レポート

こんにちわ!JUMPRIZEモニターの小林です。
僕の住む新潟もようやくユキシロも落ち着きました。
今現在盛んに行われている田植えが終われば、カフェオレ状態の河川の濁りも無くなり、やっとリバーシーバスも開幕かなぁ?といった状況です。
サーフや突堤ではイナダにワラサ、サゴシなど狙うアングラーで毎日がお祭状態(笑)
海サクラなんかも混じって大賑わいです!
そんな状況の中、久しぶりにヒラスズキに逢いたくてゴールデンウィーク前半に仲間と房総遠征に行ってきました。
事前情報では絶好調との事で期待していたのですが、前日に矢野ザビエル氏に状況を確認すると『何しに来るの?黒潮離れちゃったから釣れないよ!(笑)』と一言…
まぁ、釣りができるならと開き直って外房へ向かいました。
まずは朝マズメのヒラメ狙いからスタート。
所々に根が点在する遠浅なサーフ。
ロウディー130Fではボトムを小突いてしまうので、サーフェスウィング120Fを選択。
カラーは僕の中では朝マヅメには絶大な信頼をよせるブルピン。
休日なのでアングラー、サーファーも多く、立ち位置をあまり変えられないので、リトリーブ速度に変化をつけたり、ロッドの角度でレンジを微妙に変えたり試行錯誤していました。
明るくなり、ポツポツ帰るアングラーもいる頃。

ファーストブレイクで『ズシッ!』と重みのあるバイト。
思いっきりアワセを入れた後は波に巻かれないようにタイミングを併せてゴリ巻き。
幸先良く50cm程のヒラメをgetしました!
十数人アングラーが居たこのサーフで唯一の釣果だったようです。
その後、矢野ザビエル氏と合流。
ヒラスズキ狙いの釣行に切替えランガンしましたが最低限のサラシはあるものの、ベイトの気配が無く完敗。
年に数回の遠征で状況の良い日に当たるなんて事はなかなか無いですから、ヒラメが釣れただけ上出来かなぁって思います。
必ずリベンジに行きます!
今度はヒラスズキに逢えますように…

 

JUMPRIZEモニター

小林裕之

続きを読む

2014年

3月

20日

モニター小林氏の釣果レポート

こんにちわ。
JUMPRIZEモニターの小林です。
3月も終盤に差しかかり、ようやく春が訪れるかと思いきや週間天気予報では未だに雪だるまのマークが…
シーバスはオフシーズンなので、天候、海況の様子を伺いながら海サクラ狙いで釣行はしていますが、当然簡単に釣れてくれる訳も無く、遊んでくれるのはサゴシくらい。まぁ釣れてくれるだけ良いのですが。
また、そろそろ本格化しそうな富山湾のホタルイカパターン。
「ぶっ飛び君」のフックチューンを施し着々と準備しています。
アシストフックに蛍光玉。
ホタルイカの触腕を演出すると共に、吸い込みバイトを確実に掛けるセッティング。
次回の更新時に良い釣果報告ができればと思います!
話は変わりますが、地元のにいがたフィッシングショー、かなざわフィッシングショーにスタッフとして参加して来ました。
特ににいがたFSの熱気は凄かった!
終始お客様が絶える事無くJUMPRIZEブースに足を運んで頂きました。
トークショー、ノット教室、ノットグランプリも大盛況。
当然、ノットグランプリは井上社長とまぁぼうがダントツの優勝。
イモムシノット強し!!!
井上社長に関してはノットが強すぎて測定器が壊れる事態に…。
その後、「クラッシャー井上」とあだ名が付けられたのは言うまでもありません(笑)
ブースの方は「ぶっ飛び君」「ララペン」の展示は勿論の事ですが、見た事が無いルアーも数点ありました。
「サーフェスウイング95F」※仮称
「ぶっ飛び君ライト」※仮称
見るからにリバーシーバスを視野に開発したと思われるルアー。
まだまだ、テスト段階との事ですが今後が楽しみですね!

 

JUMPRIZEモニター

小林裕之

続きを読む

2014年

2月

20日

モニター小林氏の釣果レポート

こんにちわ。
フィールドモニターの小林です。
2月に入って新潟シーバスはオフシーズン。
温排水周りを叩けば反応は有るのでしょうが、そういう場所は大抵が立禁なのでこの時期はメバルを狙っての釣行ばかりになってしまいます。
関東では観測史上初の大雪と報道されていますが、今年の新潟は例年の3分の1程度。
ユキシロも少なそうですし、春のシーズン開幕も早いのではないかとチョット期待してます(^^)
さて、発売も間近になった『ぶっ飛び君95S』
JUMPRIZEからミノー以外のカテゴリーは初ですね!
スタッフや特別調査員の方々にはプロトが早々に手元に渡り、素晴らしい釣果を叩き出している訳ですが、実は私の手元に届いたのは、つい先日の事。
指をくわえて見ている状態でした。
※社長に意地悪された…(泣)
取り敢えず話題の飛距離を確認したくて雪が降り積もる真っ白なサーフへ…
『サゴシなんかにライン切られたらコロス(笑)』
いつもの調子で社長からプレッシャーを掛けられ気合いを入れたのですが、ガイドもラインも風雪のお陰で凍結する有り様…
何とか飛距離のチェックだけはできました。
私のへなちょこキャストで楽にアベレージ90m。
その名の通り、誰が投げても『ぶっ飛ぶ』ルアーです。
そして同日発売。3ポケットシステムの『JUMPRIZEポーチ』
こちらはまぁぼう監修。
文句なしの収納力、インナーメッシュポケットやキーフックなど細部まで使い手への気配りが行き届いています。凄く使い勝手が良いですよ♪
各地方、新潟や金沢のフィッシングショーではJUMPRIZEのブースも設営されます。
『ぶっ飛び君95S』『JUMPRIZEポーチ』是非、手に取ってご覧下さい!

 

JUMPRIZEモニター

小林裕之

2014年

1月

21日

モニター小林氏の釣果レポート

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
フィールドモニターの小林です。
実はSALT&STREAMに井上社長の御厚意で掲載させて頂きました。
社長のブログでもアップされていましたが年末に超大座布団ヒラメを釣り上げる事ができました。
冬の新潟特有のハタハタパターン。
以前から紹介している様に、プリスポーンのシーバスが荒食いする時期でもあります。
この日のポイントは産卵床となるホンダワラ類のリーフが点在する場所。
水深も浅くロウディーではボトムノックしてしまうのでサーフェスウイング147Fでスローに誘いました。
カラーはチャートバックパール。
ナイトゲームが主体になる事と、他のアングラーのルアーより魚に早く発見してもらえる様に意識し、目立つこのカラーを使う事が多いです。
日没の17時頃、フルキャスト後ラインスラッグを巻き取り、リトリーブ直後に『ゴンッ!』と重量感のあるバイト。
思いっきりアワセを入れて、その後はシモリやリーフに巻かれない様に、なんちゃって井上ファイト!(笑)
数秒後、姿を現したのは見た事の無いモンスターヒラメ…
2013年最後の日をヒラメの自己記録更新という最高の結果で締めくくる事ができました。
記憶にも記録にも残る魚に出会わせてくれたJUMPRISEのルアーに感謝!
2014年…
今年もJUMPRISEのルアーと共に最高のフィッシングライフが送れる様、日々フィールドに足を運びたいと思います。今年も1年よろしくお願いします!

 

JUMPRIZEモニター

小林裕之

続きを読む

2013年

12月

27日

モニター小林氏の釣果レポート

こんにちわ。
フィールドモニターの小林です。
この頃は歳をとった為なのか、寒いのが苦手になった様で、釣りに行くにも気合いを入れないと動けなくなってきました(笑)
新潟県も山沿いでは本格的に雪が降り、いよいよ冬が来た!といった感じです。
先日も寒さに耐えて、ショートで釣行してきました。
サーフェスウイング147Fで広範囲をサーチしながら流れを探っていると、7センチくらいのカタクチが引っ掛かってきたので120Fにルアーチェンジ。
147Fで引いたレンジに合わせるように意識して、若干ロッドを立ててリトリーブすると『ゴンッ!!』初冬のシーバスらしい重厚感のあるアタリ。
なんちゃって井上ファイトを炸裂させランディング(笑)
サイズは70センチ前後ですがコンディションの良い丸々した個体。
この後も同サイズを数匹追加し、短時間でしたが楽しめました。
この日のヒットルアーはサーフェスウイング120F。
それぞれが個性的なJUMPRIZEルアーの中で一番使い易く、万人に支持されるルアーではないでしょうか?
是非、お試し下さいね!

 

JUMPRIZEモニター

小林裕之

続きを読む

2013年

11月

23日

モニター小林氏の釣果レポート

こんにちわ。
JUMPRIZEモニターの小林です。
facebookや新設されたAmebaのJUMPRISE Blogでの皆さんの釣果を見て私も負けていられない!と気合が入っています。
新潟県では既に平野部でも雪が降り、秋を感じる事もなく冬が到来といった感じです。

また、連日の雨で終盤の河川ゲームはNG。
外洋も休日に限って時化と…天候に悩まされてます。
さて、新潟県の冬の釣りと言えばハタハタパターン。
ハタハタは日本海側全域に生息する魚なので新潟に限ったパターンでは無いと思いますが、新潟の盛り上がりは凄いです。
各釣具店では豪華賞品をかけてダービーも開催されています。
このハタハタパターンで実績の高いルアーとして真っ先に名前がでてくるのがロウディー130F。
某釣具屋さんでも、恐らくハタハタパターンを意識した限定カラーのロウディーがリリースされました。
秀逸なレンジキープ能力。

ランカーをも狂わせるフラツキアクション。
もはや、このパターンでこれ以上マッチしたルアーは無いのでは?と思うほど素晴らしい釣果をもたらしてくれます。
フックは標準がST-46♯4ですが、このパターンではSPMH♯3に付け替え使用しています。
若干、通常よりリーダーを拾ってしまいますが、対モンスターシーバスを考えると最低限♯3フックは付けたいです。
ハタハタは12月中旬から1月末にかけて産卵のため接岸します。
沿岸の海水面温度が15℃以下が接岸の目安。
岩礁帯や藻場が隣接していれば比較的何処でもシーバスゲームが楽しめると思います。
年末年始プリスポーンで腹パンのシーバスを釣りに新潟へ来てみませんか?

 

JUMPRIZEモニター

小林裕之

2013年

10月

21日

モニター小林氏の釣果レポート

こんにちは。
JUMPRIZEモニターの小林です。
豪雨と強風で猛威を振るった台風26号…凄かったですね!
被災された方々には心より御見舞申し上げます。
JUMPRIZEの事務所前の道路も冠水し、井上社長とまぁぼうは一歩も外へ出られなかったらしい。
そんな中、ルアーの開発業務はかなり捗ったことと思いきや、最近手に入れたDSに夢中だったというのは此処だけの話…(爆)
さて釣りのほうですが、例年であれば落ち鮎パターンで盛り上がっているはずのホームリバー。
9月中旬。堤防が決壊するほどの台風による大雨で大増水。
お気に入りのポイントは流されてきた土砂が堆積してしまい川幅が半分程になってしまいました。
時期も時期ですからアングラーも多い上、鮭の遡上で釣りが制限される河川も多い。
良いポイントは競争率が激しく、入れても思うようにルアーを流せない状況。
仕方なく護岸整備された下流域でのハゼパターンで楽しむ事に…
サイズはアベレージで60cm前後と期待はできませんが数釣りが楽しめました。
ヒットパターンはベビーロウディー95sでボトムを意識しながら川の流れに乗せてドリフト。
バイブレーションをショートピッチでのリフト&フォール。
根掛かりが多くなりがちですが、チャレンジしてみては如何でしょうか?

 

JUMPRIZEモニター

小林裕之

続きを読む

2013年

9月

23日

モニター小林氏の釣果レポート

こんにちは。
フィールドモニターの小林です。
8月末に久々にまとまった休みがとれたので、JUMPRIZE事務所にお世話になりながら遠征に行ってきました。
しかしながら生憎の台風接近により強風と沖にウネリが入ってしまい、釣りもまともにできませんでした。
年に数回ヒラスズキ狙いでも房総半島には遠征するのですが、ベタ凪だったり大時化だったりと未だかつて天候に恵まれた事がありません。
しかしながら収穫は有りました!!
この秋発売のロウディー130F Monsterとコンビリング、蒸着アルミフレークのロウディー130F。
秋から冬にかけての新製品が今から楽しみですね!
新潟では年末年始にかけて鰰パターンなるものが存在します。
これまでもロウディーは抜群の釣果を叩き出していますが、20センチもある様なベイトを捕食する訳ですから勿論、シーバスもランカーが乱舞します。
SPMH♯3、♯4ではフックを伸ばされる事も多々有り、今回のロウディー130F Monsterはまさに救世主となる存在。
『待ってました~』って感じです。
ナイトゲーム主体のゲームになるのでチャート系が欲しいと井上社長におねだりしてカラーラインナップに追加して頂きました。
勿論、遠征から帰って来てすぐに地元の河川へ釣りも行きました!
暦の上では秋とはいえ、まだ9月上旬。
暑さに耐えながらのデイゲーム…
ベビーロウディーでストラクチャー打ち。
60cmクラスがポロポロ…
バイブレーションで同じく60cmクラスがポロポロ…
まだまだ水温が高くストラクチャーにべったりついていたり、ボトムを意識している感じでした。
間もなく始まる落ち鮎パターンが待ち遠しいですねぇ(^_^)

JUMPRIZEモニター

小林裕之

続きを読む

2013年

9月

23日

モニター小林氏の釣果レポート

はじめまして。
この度フィールドモニターをさせて頂く事になりました新潟県在住の小林です。
8月に入り新潟も例年になく長い梅雨が終わり、各河川の増水もようやく落ち着いた感があったのですが今度は高水温…
水深のある場所でのバイブ、鉄板ではまずまずの釣果でしたが、ミノーヘの反応が頗る悪い状態。
釣れてもセイゴ。正直なところ釣果報告に値する魚を出せませんでした。
初レポートなのにすみません。
そこで去年のこの時期から晩秋までリバーシーバスでの私の必勝パターンを報告したいと思います。
場所は私のホームリバー。
この場所は地元では超有名ポイントで数十分間隔で水門の開閉が行なわれ、水門が開いて流れが強くなった瞬間に活性が上がる。
アップクロスにキャストし、流れに乗せてドリフト。
手前側に沈みテトラが幾つも有り、その後ろに形成された反転流に流し込む。
魚が居れば大抵1、2回流すだけで反応が有るので短時間で勝負がついた。
この釣り方でめっぽう強かったのがベビーロウディー。
ロウディー譲りのレンジキープ力と振ら付きアクション。シンキングならではの水馴染みの良さ。
そして何より、しっかり水は噛むけど暴れ過ぎないタイトウォブンロールのアクションが好釣果をもたらしてくれました。
是非、皆さんにもお試し頂きたいと思います。

JUMPRIZEモニター

小林裕之

続きを読む