• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

2017年

4月

14日

プロスタッフ細野氏のレポート

皆さんこんにちは、2017年4月よりフィールドテスターからプロスタッフへ昇格しました細野です。
今後も今まで通りにジャンプライズルアーの使い方等をこのスタッフブログで発信して行きたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。
今回は、釣具のネットショップ「FishToyz」さんのオリカラ、ぶっ飛び95sのアゴピンクラッシュゴールドで釣果がありましたので報告します。
2017年3月24日、FishToyzさんのオーナー青木望美さんが他界されました。
その日も釣りに行く予定でしたけど、深い悲しみから釣りに行く気分にもなれずに悶々としていましたが、望美さんには大変お世話になりましたので感謝と追悼の意を込めて翌日に望美さんが考えたぶっ飛び君95sとかっ飛び棒130BRのオリカラ:アゴピンクラッシュゴールド2本だけ持ってサーフへ行って来ました。
しかし、渋い遠州サーフ…。
かなりランガンしながら変化を撃つが、全く反応がないまま6時間経過しました。
ただ、意外にも心は折れていなく、釣れるまで納竿しない気持ちで再度ランガンして来たポイントを戻りながら丹念に攻めました。
確かに渋いサーフだけど魚は居ない訳ではなく、アングラー側が口を使わすことができていないだけだと思うんです。
ノーバイトの時間が長くなればなるほど攻め方が雑になりがちですので、少し休憩をして仕切り直したり自分なりに気分転換してモチベーションを保たせるのも釣果に影響してくると思います。
少し話が逸れましたが、一度攻めたポイントを再度丁寧に攻めるとフォールからのただ巻きでようやく喰ってきました。
喰い方も最高で丸呑みだったのでこれはバレませんね。
ランディング直後は嬉しさと悲しさが入り乱れ涙が止まりませんでした。
釣行時間にして6時間半。
疲れはしましたがアゴピンで釣れたことが本当に嬉しく、疲れも一瞬で吹き飛びました!
アゴピンクラッシュゴールド。
これからも大切に使って行きたいと思います。

 

JUMPRIZEプロスタッフ

細野真澄

続きを読む

2017年

3月

14日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
今回は表浜名湖にて現在開発中のプチボンバーでナイスサイズのシーバスの釣果がありましたので報告します。
70ミリ12gから射出されるプチボンバーは異次元の飛距離を叩き出す。ミノー感覚で広範囲からターゲットを寄せ付ける力、スローリトリーブではローリングに変わりターゲットをスレさせない。
今時点でも十分すぎるぐらいの完成度です。
ただ、レンジが若干入るのでドシャロー地帯でどう攻めようか考えていたところ、井上さんから表層を引けるシステムを聞いたので試しに行って来ました。
この日は外海が荒れていたので湖内の状況が心配でしたが、外海とは打って変わってベタ凪で、沖では鳥が水面を刺しているのでベイトは居るようです。
時折りベイトが水面を走る姿が見え、フィッシュイーターに追われているようだがボイルは無い。
早速プチボンバーで広範囲にサーチします。
暫く打っていると激流の流れがだんだんと緩んでいくのがウェーダーを通して分かります。
朝マヅメと潮が緩むタイミングがバッチリなので集中して流れを感じながらテロテロと流しているとゴンッと重量感のあるバイト!!
86フィネスが綺麗な弧を描いているが、ハッキリ言って全然余裕がありますね。
オールウェイクシリーズの特徴でもある「粘り」、魚を掛けてからバネのように吸収してくれる…。
絶対にバレないとは言わないがバレにくいことは確かであります。
この安心感が有るか無いかはかなり重要で、自分はこのロッドを信用しているのでロッドの性能プラス安心感で自然とキャッチ率も良くなるんでしょうね。
このプチポンバーの反則的な魅惑のアクションをメンバーにも見てもらったけど、全員絶賛の嵐(≧▽≦)
こりゃ釣れるわな~と!!
少し話が逸れたけど、ヒットしてから手前で少し暴れたものの難無くキャッチに成功しました。
完全にアフターの魚で痩せ気味だったけど88cmと長さはありました。
昨年は浜名湖ではランカー運が無くて1本も獲れなく悔しい思いもしたけど、今年は幸先よく2月の時点で獲れて嬉しいですね(≧▽≦)
まだまだプチボンバーを使いこなせてないので、今後はそろそろ開幕する奥浜名湖でも使って釣果を揚げて行きたいと思います。

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2017年

2月

24日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
遠州サーフにて目標にしていた80アップの座布団ヒラメを獲りましたので報告します。
年が明けてから遠州サーフもかなり渋くなり、ハイシーズンに等間隔に並ぶアングラーの姿が懐かしくも思える今日この頃・・・(笑)
それぐらいアングラーが減って朝マヅメにランガンし放題のサーフとなっています。
確かに渋くなり、ベイトっ気も無くノーバイトの日々が続いていました。
ただ、この渋い状況でも釣る人は釣っているし出ればデカイ・・・もっと丁寧に攻めれば出るのかな?と自分の持っている引き出しを全て出し切っても出ない・・・。
やっぱりこの時期はどんなに地形が良くて丁寧に攻めたとしても、ベイトが絡まないと厳しいことを痛感しました。
ただ出ればデカイ・・・。この言葉がいつも頭の片隅にあるからサーフに行っちゃうんです。
周りからも70オーバーや60オーバーのヒラメが出たと情報をもらっていたので諦めずに釣行していました。
この日はベイトが入っていると情報を聞いたので、5時半着で行ってみるとこの時期には珍しく波無し!風無し!濁り無し!とフラット日和なのにアングラーは見える範囲で5名。
潮位が高くておまけに波も無いから地形変化が分かりにくいが、目を凝らして見れば分かりますね。
地形変化にプラス流れが絡んでいるところをかっ飛び棒130BRで攻めます。
ルアーはかっ飛び棒130BR、カラーはレンズキャンディーグローベリー、ロッドはオールウェイク108モンスターバトル・・・タックルは申し分無い。
波のタイミングを見てフルキャスト…
着水点もバッチリ決まりカウントダウンさせてボトムを取る…
ロッドを煽ってボトムを切り、狙ったポイントへデッドスローで流し込むとドスッと明確なバイトだったので合わせを入れると、根を引っ張っているような感覚で重く、モンスターバトルが弧を描きました!!
お、重い・・・リフトさせると魚信あり!!
ただ、重いので一瞬エイ?と思ったが、張り付く感じも無いしヒラメっぽい引き。
一気に巻き、波打ち際で魚体を確認すると…茶色く平べったい!?
ココでもエイか!?と思ったけど、真っ白なお腹は…ヒラメー(≧▽≦)しかもデカイ!!
昨年の4月に釣った座布団以来のデカさ!!
ここに来てバラしたくないので緊張感が走るが、しっかりとジャンプライズトレブルフックが刺さっていると信じてランディング体制へ!!
あとは波のタイミングを見ながらズリ揚げようとするも波が小さく揚げきれず、次の波でズリ揚げようとした瞬間、隣のアングラーが尾っぽを掴んでランディングしてくれました(≧▽≦)
デカイ!!座布団降臨です!!
ランディングしてくれたアングラーとガッチリ握手を交わし喜びを分かち合いました。
喰い方も最高で喰わせた感満載です!!
ミックの大会で80オーバーのヒラメを初めてこの目で見てから、ホントにこんなデカイヒラメが居るんだと驚きつつ、いつかこの手で釣りあげたいとも思っていました。
前から言ってるように、大型魚との出会いは全てのファクターが揃った時にしか見ることが出来ないと思っています。
1つでも欠けたら見ることが出来ないからこそ大型魚との出会いは貴重だし、価値ある一尾なんですよね。
もうこれ以上の記録更新は難しいかと思うけど、チャンスはあるのでこれからも引き続き頑張って行こうと思います^_^
Thanks!!遠州灘!!
<DATE>
ロッド:オールウェイク108モンスターバトル
リール:15ツインパワー SW4000XG
PE:1.2号  リーダー:20lb
リング:ジャンプライズコンビリング#3
フック:ジャンプライズトレブルMMH#4
ヒットルアー:かっ飛び棒130BR

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2017年

1月

11日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
昨年末の釣行記ですが、現在開発中のメタルジグで釣果がありましたので報告します。
サーフでの釣りにおいて、正直ぶっ飛び君とかっ飛び棒が有れば事が足りることもあり、普段あまりメタルジグを使う機会がありません。
けど、やっぱり強風時や流れが速い時にはぶっ飛び君とかっ飛び棒ではどうしようもできない時もあり、こういう場面では他社のメタルジグを使っていました。
釣りというのは釣果はもちろんですが、イメージ通りに釣れたり好きなルアーで釣るのも釣りの醍醐味だと思っているので、ジャンプライズからのメタルジグは本当に心待ちしていました。
まず、託されたカラーとウエイトですが40gのリアルイワシとピンキーオレンジ、30gのアカキンになります。フックはトレブルよりもチラシ針の方が有効とのことなのでシングルを2つ付けた仕様にしました。
この日の釣行は40gからスタートするも潮位やここの地形の問題でボトムに当たり過ぎてしまうので直ぐに30gにチェンジしました。
取り敢えず色んなアクションを試しながら攻めているとタダ巻きで第2ブレイクの辺りでガツンとキマした!
80オーバーのサワラでしたね。
まだまだ使い始めたばかりなので使い方も手探りな状況ではありますが取り敢えず1本釣れたことに満足です。
少し渋くなった遠州サーフですが、色々試しながら実釣していきたいと思います。

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

2016年

12月

21日

テスター細野氏のレポート

かっ飛び棒130BR、現在遠州サーフで大活躍中です。
初めてこのルアーを投げたのは昨年の8月頃。
先ず驚いたのが圧倒的な飛距離!!
ルアーのウエイトを乗せてフルキャストすると100m先の沖を攻めることが出来ます。
ただ、この時点ではまだプロト段階だったので、キャストが決まらないとルアーが回転してしまい失速する事もありました。
その後、最終プロトを11月に頂いて、修正されたかっ飛び棒でイキナリ鰤を連れて来てくれました。
かっ飛び棒130BRのアクションはレギュラーリトリーブではテールスイング、スローリトリーブではピッチの細かいローリング、ファストリトリーブではスキッ ピングアクションを演出できます。
更にフォールはバックスライドします。
自分の場合はスローリトリーブで使うことが多いですね。
今年の11月に獲った鰤はスキッピングアクションで喰って来たんですが、早巻き してもルアーが水面から飛び出さないので使いやすいです。
この話も何度か書いたことがあると思うけど、自分は釣りをする上で常に心掛けていることはレンジです。
どんな良いルアーを使っていてもレンジが合っていなければ釣れる魚も釣れないし、また、魚の居るレンジを見つけてルアーを通しともレンジを外したら釣れる確率は下がると思います。
そこで重要なのがレンジキープ力ですね。
サーフでの釣りに革命を起こしたぶっ飛び君95sもかなりのレンジキープ力があるルアーだけど、更に上回るルアーがかっ飛び棒130BRだと思っています。
沖のフレッシュな魚を釣るには飛距離は必要不可欠だけど、単に遠くに飛ばすだけならメタルジグで良いんです。
ただ、メタルジグには出来ないスローに見せながら一定のレンジをキープさせて長い時間アピール出来るのがかっ飛び棒130BRの強みなのです。
これらの性能を持ち、魚を連れてきてくれるからこそかっ飛び棒130BRは凄いのです。
まだ使った事が無い方は使ってみて下さい!!
難しい事は考えずにタダ巻きで良いんです!!
必ず魚を連れて来てくれますから!!

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2016年

11月

10日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
今年も聖地での鰤ハントの季節がやって来ました!
今年も昨年みたいに10キロオーバーのブリをキャッチしたくてタイミングを見計らって釣行して来ました。
この日は暗いうちからポイントを陣取り、時合いが来るのをキャストしながら待ちます。
するとその時は突然やって来て、ルアーを引ったくるような強いバイトがありました。
惜しくも手前でバラしてしまったが、その数分後に再びチャンスが訪れました。
かっ飛び棒130BRのスキッピングでブリを狙っていると沖で水面破裂したと思ったらロッドが一気に絞り込まれました。
もう逃すわけにはいかないので今度は沖で弱らせてから少しづつ寄せます。
この強い引きに何度か体勢が崩れそうになるもしっかりと踏ん張って耐えながら慎重に慎重に寄せて最後は横たわったので浅瀬に誘導してランディング…。
サイズは血抜き後、87cm・7.3kgでした。
狙っていた鰤よりは少し小さいが、聖地初釣行でキャッチ出来たことには満足しています!
かっ飛び棒130BR!!
良い仕事してくれました!
DATE
ロッド:オールウェイク105マルチ
リール:15ツインパワー SW4000XG
PE:1.5号  リーダー:30lb
リング:ジャンプライズコンビリング#4
フック:ジャンプライズトレブルMMH#3
ヒットルアー:かっ飛び棒130BR
ヒットカラー:ピンキーオレンジ

JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2016年

10月

18日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
今年の浜名湖は例年に比べて魚の数が極端に少ない年でもあり、爆釣を味わう事が出来ませんでした。
そんな事もあって魚の溜まり場を探す為に今年は色んなポイントを見て回る事が出来て、逆に自分にとってはプラスになったかな?とも思っています。
この日はエリアを大きく変更して昨年一度来た時に良い思いをしたポイントへ行って来ました。
地形はある程度頭に入っていたので早速チャタビー68から攻めるが、潮が低く少しボトムノックし過ぎてチヌを狙うには全く問題ないけど、この日はシーバス狙いだったのでもう少しレンジを上げる為にもチャタビー52に数投でチェンジしました。
カラーはデイでもナイトでも強いフラッシングチャート!
ブレイクを意識しながら攻めること5投目、リトリーブに緩急をつけながら巻くとズドンッとグッドサイズのシーバスが喰ってきました!
サイズは78cmとランカーまで少し足りなかったけど、秋らしい元気なシーバスをキャッチする事が出来ました。
チャタビー52は浜名湖のようなシャローエリアには本当に使いやすく、波動やレンジもフックによって変える事も出来るので是非使って見て下さいね!

 

JUMPRIZEテスター
細野真澄

続きを読む

2016年

9月

26日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
今回は河川でグッドサイズのシーバスが釣れましたので報告します。
この日は朝マズメ狙いで釣行してきました。
ポイントに到着するとベイトもかなり居て雰囲気は上々、先ずはサーフェスウィ ング95Fでセオリー通り上から攻めて順にレンジを落としていくが表層から中層 では反応が得られませんでした。
やっぱりまだボトムにべったりかな?とチャタビー68を投入、時間的には満潮付近だがまだまだ上げ潮が効いていました。
浜名湖でのこの時期のバイブレーションゲームは早巻きでボトムノックさせながら魚を釣るのが自分の中で定番化していたので毎釣行同じパターンで狙っていたが何か違うことに気付き修正します。
ここは河川、奥浜名湖とは違い流れも速いので表浜名湖でたまに使うチャタビーでのボトムドリフトを試してみました。
流芯の中でボトムを切りながら糸フケだけを取るイメージで流します。
やり方として、先ずは着底させたらロッドティップを煽りルアーをボトムから切り、常にボトムを意識しながら流れに同調するように流します。
それまで全く反応が得られなかったけど、このチャタビー68でのボトムドリフトでようやく反応がありヒットしました。
正直なところ、ここで喰わせたいと思っていた場所と少し違っていて結果オーライ的な部分もあったけどそれはそれで良いんです。
このボトムドリフトは、着水ポイントからラインメンディング、ロッドワーク等難しいテクニックだけど、今回完璧とは言わないまでも魚に口を使わせれたって事は正解なんでしょうね。
このバイブレーションを使ったボトムドリフトは効きそうな感じがするので今後も試して行きたいと思います。
何はともあれ久しぶりのランカーファイトはやっぱりアドレナリンが出てサイコーですね!
まだまだこのサイズを超える魚がたくさん居るのでサイズアップ目指して頑張ります!

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2016年

9月

05日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
6月にオープンしましたオンラインショップ「Fish Toyz」さんからジャンプライズの人気商品でもある、ぶっ飛び君95sのオリカラが8/2に発売となりました。
カラーは2色で「アゴピンクラッシュゴールド」と「Wグローゴールド」。
どちらも釣れそうなからーなので1本ずつ購入し、お盆連休中にオリカラを持ってサーフへ行って来ました。
この日は台風の影響でうねりが入っていて、波はそんなに高くはないものの波足が長く釣りのしにくい状況でした。
朝5時に入砂して、少しランガンしながら第1条件として釣りのしやすいポイントを探し釣行開始。
とにかくオリカラで釣りたいので、アゴピンとWグローを中心に攻めます。
海の状況からしてヒラメは釣れそうにないのでマゴチ狙いでボトムを丹念に攻めるが中々バイトがなく、2時間経過し暑さで体力も奪われ諦めモードで駐車場に戻りながら変化を撃っていくと、アゴピンにようやく喰ってきてくれました(≧∇≦)
取り敢えずオリカラで釣れたので良かったです!
次回はWグローゴールドで釣れるように頑張ります!

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2016年

8月

01日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
今年の奥浜名湖は不調と言われています。
毎年この時期にはポイント争いになるほどアングラーで埋め尽くされているのに今年はアングラーを殆ど見かけません。
奥浜名湖からアングラーが消えたのです。
確かに魚からのコンタクトは少ないけど、丹念に攻めてあげればシーバスやチヌなど多くの魚に出会えます。
攻め方としてはバイブレーション中心となり、チャタビー68と52のローテーションでタダ巻きやボトムノック、チャタビーシリーズの特徴でもあるリトリーブに緩急をつけることで軌道変化を起こしバイトを誘発させます。
ヒットまで持ち込めれば、現在開発中のオールウェイク86フィネスが魚の動きを制御してくれますので安心してファイト出来ますね。
頼もしいロッドです!
これからデイゲームでは更に暑くなり、熱中症の心配もありますので、水分補給を忘れずに釣りを楽しみたいと思います!

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2016年

6月

29日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
最近のサーフでのルアーは、ぶっ飛び君95sとかっ飛び棒130BRが中心でミノーを使う頻度がかなり減っていました。
ミノーで釣れないわけではなく、ただ単にぶっ飛び君とかっ飛び棒に頼り過ぎていましたねσ^_^;
ただ、ベイトが手前に寄っていて波打ち際までしっかりルアーを引きたい時にはミノーが使いやすいです。
この日はそんな状況で手前にベイトが入っていたので、飛距離やレンジを考えてサーフェスウィング147F、カラーは朝マヅメということもあり、レンズキャンディーグローベリーをチョイスしました。
暫くキャストを繰り返しているとベイトに当たるので、少しロッド角度を倒してベイトの下を通すイメージで引いてきます。
すると狙い通りにヒット!
青物特有の強い引きにもオールウェイク105マルチなら楽に寄せられるし安心してファイトが出来ますね!
サイズはイナワラクラスだけど嬉しい1本でした!

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2016年

5月

12日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
かっ飛び棒130BRで座布団ヒラメを捕獲しましたので報告します。
最近はホームサーフを離れて東のサーフへ通っていますが、印象としては魚影が濃く魚のサイズも良いです。
そのサーフで自分にも配当があり、かっ飛び棒130BRアカキングローベリーのタダ巻きで74cmの座布団ヒラメが釣れました!
状況は沖の瀬とワンドの間にポジショニングし、流れを感じながらルアーをボトムに当てないように巻いてくるだけです。
かっ飛び棒130BRはスローリトリーブでは細かいローリングでリトリーブ速度を上げるとスイングアクションします。
その日の状況に合わせて使い分けていますが、まだまだ自分自身も使いこなせてはいない部分もありますので、今後新たな発見を模索しながら釣行して行きたいと思います。

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2016年

4月

14日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
今回は限定発売されました、ぶっ飛び君ミディアム95ssで釣果がありましたので報告します。
ぶっ飛び君ミディアム95ssはウエイトが21gなので遠州サーフのようなシャローエリアでは非常に使いやすいです。
通常はぶっ飛び君95sを使い、潮位が下がってきたらミディアムと言った感じで使い分るのも良いかと思います。
使い方はぶっ飛び君95sと同様に、ただ巻きや3Dメソッドで攻めます。
この日のサーフはベイトも入っていて鳥山が立つ状況でした。
フルキャスト後、ミディアムを引いてくるとゴンゴンとベイトの群れに当り、その下にヒラメが着いていればと思いフォールを入れるとガツンと喰って来ました。
その後もう一枚ヒラメを追加して納竿しましたが、まだまだ個体数は少なく感じました。
そんな渋いサーフでも、ぶっ飛び君ミディアム95ssは魚を引き摺り出してくれますので新たな武器となりますね。
これから水温上昇と共に魚の活性も上がって来ますので楽しみです。

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2016年

3月

09日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
2月の下旬に浜名湖ウェーディングへ行って来ました。
まだまだ水温は低く、浸かっていると身体の芯まで冷える程でしたが、久し振りのウェーディングとあって寒さに負けず頑張って来ました。
この時期の浜名湖は外から入って来た魚が多く、またベイトもたくさん捕食しているので綺麗で太った魚体が多いです。
そんなシーバスを狙うのもやはりジャンプライズルアーが有効で、魚が浮いている時はサーフェスウィング95Fやプロトのサーフェスウィング80F、モンモン君を使ってデッドスローで流す感じで使います。
また、ベッタリと魚がボトムに着いている時はここ数年で自分の中で定番となっているこれまたプロトの「謎のシンペン」を使ってフォールを交えながら攻略しています。
現在、浜名湖ウェーディングで使用しているロッドはジャンプライズで開発中の「オールウェイク86フィネス」です。
このロッドもかなり好調で魚を掛けてから暴れさせない事もあり、この時期特有のモソッとした浅いバイトでもバラしは激減しています。
ロッドの方はまだまだ何段階も進化していくので楽しみですね!
これから気温上昇と共に水温も上がり魚の活性も上がりますので、一尾でも多くの魚に出会えるよう頑張って行きます。

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2016年

2月

12日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
少し前の釣行になりますが、かっ飛び棒130BRで良型のヒラメが釣れましたので報告します。
この日は朝一にサーフに入ったもののノーバイトでした。
用を済ませ、朝一とは違うサーフに入ると沖では鳥が射している状況でしたので、迷わずかっ飛び棒130BRをセットしてフルキャスト!
その2投目で、流れを感じながらスローに巻いているとガツンと気持ちの良いバイトと共に久しぶりの重量感にサイズも期待しながら丁寧に寄せてランディング!
かっ飛び棒130BRブルピンを丸呑みした70cm程の良型ヒラメでした(≧∇≦)
ランディング直後に1人のアングラーが近寄ってきたと思ったらまさかの久しぶりに会う友人でした(笑)
その友人は朝から昼まで頑張っていて、朝一入ったアングラーも釣れていない状況だったようで、自分が2投目で釣るもんだからこのかっ飛び棒130BRのポテンシャルには本当に驚いていました。
今まではぶっ飛び君95sが有ればサーフでの釣行はコトが足りると思っていたけど、このかっ飛び棒130BRの登場でどちらを使用するか迷って困ります(笑)
かっ飛び棒130BRはそれぐらい釣れるルアーとなっていますので発売したら是非、飛距離とアクションを堪能して下さい!

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2016年

1月

12日

テスター細野氏のレポート

新年明けましておめでとうございます。
テスターの細野です。
今年もどうぞ宜しくお願いします。
さて、昨年末の話になりますが、今年の大注目のかっ飛び棒130BRでの釣果がありましたので報告します。
今回のポイントは1年以上も行っていないという事もあり、暗いうちは砂の感じとルアーの抵抗だけで良さげな場所を探しました。
薄明るくなる頃にはビッシリとアングラーで埋め尽くされ身動きが取れない状態です。
状況は自分の目の前が掘れていて両サイドが浅い感じです。
ぶっ飛び君95sで中層やや上を探ると15cm程の真鰯が引っ掛かるが、自分も含め周りでも釣れている感じは無し。
ベイトの居るライン・レンジ・大きさ・光量などを考え、かっ飛び棒130BRのサンライズチャートにチェンジ。
どこで喰わせたいかをイメージさせて、流れ・風を読み着水点を決めます。
少し速めのリトリーブでアピールさせながらベイトの居る付近でスローリトリーブに変えるとガツンと喰って来ましたね!
グッサーイが出ました(≧∇≦)
誰も釣れていない状況下での1本は本当に格別ですね。
この日は沢山のアングラーの方から声を掛けられましたが、皆さん声を揃えて言うのは「かっ飛び棒」と「オールウェイク105マルチ」の事です。
両方とも期待度がかなり高く、皆さん発売を心待ちにしているようですね^_^
ロッドの方はまだ使ったこと無いけど、井上さんの作る物は間違いない!って事だけを伝えて、かっ飛び棒はこの日も釣れたし自分なりの使い方、飛距離、アクション等をお話ししました。
発売までもう暫くお待ち下さい。
しかしかっ飛び棒130BRはヤバイ(≧∇≦)

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2015年

12月

14日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
前回のスタッフブログにて報告させてもらいましたが、80cmジャスト・5.5kgの鰤を捕獲しました。
まだまだ、デカイ鰤も回遊しているということで毎釣行狙っていました。
この日は朝一からポイントに入り、バイブレーションを中心にミノーやシンペンなどを投げ倒すもノーバイトのまま時間だけが過ぎていきます。
今日もダメかな~と半分諦めモードになっていましたが遠くのアングラーが鰤を揚げました。
これでヤル気スイッチオン!(笑)
ルアーをチャタビー85レンズキャンディーグローベリーにチェンジして緩急をつけながらリトリーブしているとガツンと強烈なバイト!
一気に走られましたがそこは冷静に対応し走りが止まるのを待つが、一向に止まる気配がないのでスプールを押えながらドラグを徐々に締め込みます。
漸く止まり、ここから一気に巻こうと勝負を賭けるもまた走り出そうとします。
他にもアングラーが居るのであまり走らせると迷惑を掛けると思い更にドラグを締め再び勝負!
レクシータもここまで曲げたことが無いぐらいブチ曲がり、魚の大きさが暴力的な暴れようでガンガン伝わってきます。
こんなガチンコ勝負は初めてで、グングン引っ張られる度に態勢が崩されそうになるが必死に耐えて手前まで寄せました。
しかし後はランディングだけなのに慣れないタモ入れでシャフトを伸ばすも中々入らず手こずっていると再び走らたので仕切り直して寄せます。
魚体は横たわっているので今度は一段降りてフィッシュグリップで掴もうとするも届かな い>_<
すると近くのアングラーが助けに来てくれました!
自分はバラさないよう慎重にうまくタモへと誘導してネットイン!
フックもシッカリ掛かっていました。
鰤102cm、10.3kg
やっぱりこういう大型魚を相手にする時にはジャンプライズトレブルMMHは安心感がありますね!
まだまだ青物やランカークラスのシーバスも釣れていますので積極的に狙っていきたいと思います。


JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2015年

11月

30日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
今回はかっ飛び棒130最終プロトでの釣果報告をします。
かっとび棒130はサイズ130mm・ウエイト38gのシンキングペンシルです。
キャストして先ず驚いたのが、抜群の振り抜き感と飛距離です。
井上さんのブログでも書かれていた通り、ウエイトが38gあるにも関わらずキャストしてみると30gほどのルアーを投げている感覚でキャスト出来ます。
詳しくは全くわかりませんが、とにかく凄い!ということだけは分かります(笑)
飛距離もぶっ飛び君95sをはるかに上回り、遠くの潮目やセカンドブレイク攻略には絶対に武器になりますね。
誰が投げても飛ぶと思います。
レンジは38gありながら表層をスローで引けるし、アクションはハイピッチでローリングする見た目はシンペンだけどシンペンではないベイトライクなルアーって感じです。
その最終プロトを受け取ってからの初陣、ミディアムファーストで巻いた3投目に潮目の中で5.5キロの鰤が喰って来ました!
もう驚きましたね!このルアー凄すぎ!
改めて、かっ飛び棒130はヤバイと実感した釣行となりました。
発売は来年3月を予定していますので皆さん楽しみにしていて下さい!


JUMPRIZEテスター

細野真澄

2015年

11月

10日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
少し前の釣果になりますが、ヒラメが釣れましたので報告します。
遠州サーフではヒラメ人気が非常に高く、週末になれば砂浜には多くのアングラーで賑わっています。
そんなプレッシャーの高いフィールドでもジャンプライズルアーは大活躍です。
この日は自分の入ったサーフは少し渋く、まわりを見てもポツポツとしか揚がっていませんでした。
約半年ぶりのサーフでしたが、やっぱりぶっ飛び君95sを使った3Dメソッドは釣れますね。
ココ!ってところには必ず魚は着いていて、ぶっ飛び君95sでフォールを入れるとイチコロです。
ヒットカラーですが、サーフでは絶対的信頼をおいているレンズキャンディーグローベリーと地元の釣具屋のMICさんのオリカラで1枚ずつゲットしました。
最後にチャタビー68のアカキングローベリーでこれもフォールで喰って来ました。
ヒラメはやっぱり落ちてくるモノに反応が良く、ぶっ飛び君95sやチャタビー68といったフォールの優秀なルアーには思わずパクッ!ですね(笑)
KFNCメンバーもぶっ飛び君95sでヒラメを獲り、この日は3人で7枚のキ-プヒラメを釣りました。


JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2015年

10月

13日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
浜名湖ではもうチャタビー68は定番になりつつあり、使用頻度もかなり高いです。
ただ、魚が浮いていてボイルが起きているような状況では反応が悪くなるので、その様な時にはサーフェスウィング95Fの出番です。
ベイトとなるイナッコの量が多く、スーパーボイルしている時に限って全くルアーに反応しない事はよくありますが、ボイルしている所から少し外してルアーを通してやると喰ってきますね!
サーフェスウィング95Fはアクションがナチュラルな設定となっていますが、奥浜名湖のような水質が濁り気味であまり流れがないようなフィールドにはもう少し強めのアクションの方が釣れると思い、SP-MHの#4から#6に落として使っています。
今年の秋シーバスは水温の問題等で爆釣モードに中々入らずこのまま終わってしまいそうな雰囲気がありますが、残りの短いシーズン一匹でも多くジャンプライズルアーで釣れるよう頑張りたいと思います。


JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2015年

9月

28日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
来年春発売予定のチャタビー52ですが順調に釣れています。
夏は自分がホームにしているフィールドではシーバスよりもキビレ・クロダイが多く釣れていたけど、夏も過ぎ水温が下がりつつある秋はシーバスの活性が上がって来ました。
チャタビー52は68と同様にフォールに特徴のあるバイブレーションですが、基本はタダ巻きでも全然オッケーです。
活性が低く、口を使わない魚にはフォールが非常に有効ですので状況に応じて対応してます。
また、ウエイトが10g程なのに飛距離は68と変わらなく、しかも表層を引けるので今まで獲れてなかった魚が確実に獲れてますね!
まだまだ大型シーバスシーズン!
今後も頑張って良型を捕獲できるように頑張ります!


JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2015年

8月

31日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
先日、浜名湖にて来年5月発売予定のチャタビー52のテストを行いました。
このサイズに10gほどのウエイトは浜名湖にはピッタリなので、テストする前から釣れるのは分かっていました(笑)
早速チャタビー52を受け取りキャストしてみるともうビックリ!
飛距離がチャタビー68と同等レベルです!
この52というサイズにあの飛距離は正直反則ですね(笑)
アクションは68に比べやや強めの設定です。
フックは#7が付いていましたが、浜名湖のような濁り気味の水質にはもう少し強波動にしてアピールさせた方が釣れると思い#10に替えてあります。
テストの方は井上さんをはじめ自分やKFNCメンバーにカニ男先輩を含む5人で実釣テストを行いましたが釣果も複数枚揚げることができました。
テスト終了後も今日までチャタビー52を使い込んできていますが、良型シーバスを捕獲したりと十分な釣果となっています。
現在、チャタビー68だけでも満足の行く釣果を揚げているアングラーも多いかと思いますが、チャタビー52の誕生によって間違いなく釣りの幅が広がると思いますので楽しみにしていて下さい!


JUMPRIZEテスター
細野真澄

続きを読む

2015年

8月

18日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
現在、浜名湖ではチャタビー68が大活躍中です。
時期的なこともあり、今はシーバスよりもクロダイ・キビレが良く釣れています。
今回はそのクロダイ・キビレに的を絞ったチャタビー68の使い方を紹介したいと思います。
先ずは遠投してボトムを取り、一度リフトさせてから早巻きでリトリーブします。
その時に重要なことはボトムを意識することです。
ボトムスレスレを引いて来るのも良いですが、時折ボトムにコンタクトさせた方が釣果が良いです。
このボトムにコンタクトさせることでルアーがヒラを打ちバイトを誘います。
ただ、この釣りのデメリットは根掛かりによるルアーロストです。
通い慣れたポイントなら地形も把握できているので根掛かりもある程度は回避できますが、初めて行くような、地形も分からないポイントではシングルフック等をお勧めします。
これだけでも根掛かりは減りますので試してみて下さい。
慣れないうちはロストも多くなりますが、ボトムを意識するかしないかで釣果に差が出ますので是非試してみて下さい。
まだまだ暑い日が続いていますので熱中症には十分注意して釣行しましょう。

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2015年

7月

22日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
今年も夏の風物詩でもあるトップゲームの季節がやってきました。
最近、チラホラとトップで出たという釣果情報を聞いていたのでルアーボックスにプロトのポポペンを忍ばせていました。
相変わらずチャタビー68での釣果は順調で、魚を拾いながら楽しんでいるとベイトの群れが一気に入って来ました。
魚たちもこれはチャンスと言わんばかりにあちらこちらで捕食をしています。
魚たちもチャンスかもしれないけどアングラー側にとってもチャンスなんですよね(笑)
すぐさまチャタビー68からポポペンにチェンジをして、テンポ良くドッグウォークさせるとルアーの後ろでモワ~ンと!
次の瞬間ガバッと出たけど乗らず、そのままアクションを続けるとまたまたガバッ!と(≧∇≦)
今度はポポペンに喰って来てくれました!
トップの釣りは釣れなくても出るだけで釣った気分になれます(笑)
もう楽しすぎますね!
この釣りは期間限定ということもあるので、短い夏の風物詩を楽しみたいと思います。


JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2015年

7月

03日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
最近はチャタビー68が釣れすぎる為、チャタビー68しか投げてません(笑)
それでもただ投げているわけではなく、新たな発見が無いかと模索していたところ、デイゲームではサラシボタルが最強ということが分かりました。
浜名湖の定番カラーといえば赤金、サンチャはもうご存知だと思いますが、オレンジもかなりの定番カラーなのです。
一見オレンジやチャートといったカラーはナイトで使うと思われがちですが、浜名湖のような濁りの水質にはオレンジヘッドとテール部のチャートで視認性が良くなり釣れるんでしょうね!
それが分かってからはデイゲームではサラシボタルばかり(笑)
高級フィッシュナイトクラブのメンバーもサラシボタルばかり投げているので、魚も同じカラーばかりでビッ クリするでしょうね(笑)
この様な発見は投げ続けているからこそ分かることですので、今後もいろいろな発見を見つける為にチャタビー68を投げ続けていきたいと思います。


JUMPRIZEテスター
細野真澄

続きを読む

2015年

6月

18日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
今年も浜名湖ではキビレがよく釣れています。
最近はシーバスが釣れないのでキビレが釣れるポイントに通っています(笑)
キビレにはチャタビー68やぶっ飛び君ライトがよく釣れますが、サーフェスウィング95Fのデットスローも有効です。
この日は、何を投げてもバイトが無いほどかなり渋い状況でしたが、サーフェスウィング95Fにチェンジした1投目からバイトが出だし数投後にはヒット!
かなりパワフルな引きでした!
使い方は簡単!
キャストしてゆっくり巻くだけです。
余計な事をしなくてもサーフェスウィング95Fが持つポテンシャルで魚を釣れてきてくれます。
皆さんも是非試して下さいね!


JUMPRIZEテスター
細野真澄

2015年

6月

05日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
5月末にチャタビー68が発売となり、釣りの幅も広がったジャンプライズフリークの方も多いのではないでしょうか。
浜名湖でもバイブが活躍する季節となりますのでチャタビー68をルアーボックスに忍ばせておいて下さいね。
ここ最近はチャタビー68はもちろん、ぶっ飛び君ライト95SSの釣果も安定して釣れてます。
ぶっ飛び君ライト95SSは、やっぱり巻き過ぎずにスローに漂わせると反応が良いですね。
最近はこの二つのルアーが有ればゲームが成立しちゃってます(≧∇≦)
いや~浜名湖マゴチが多い(笑)
ボトム付近を探ってると最近はキビレよりもマゴチが先にバイトしてきて、たまにヒラメも釣れちゃいます!
本当に浜名湖はいろんな魚種が狙える素晴らしいフィールドです!
皆様も一度浜名湖に来てみてはどうですか?


JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2015年

5月

26日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
5月31日にジャンプライズ初となるバイブレーション、チャタビー68が発売となります!
プロトを渡されてから1年間、浜名湖を中心に実釣テストをしてきました。
もう実績は十分です!
最近の浜名湖はマゴチの釣果がかなり良く、チャタビー68も大活躍しています。
使い方としては、フルキャストしてヒットゾーンとなるカケ上がりを意識し、ボトムを切るように引いて来るだけです。
ボトムノックさせても釣れますが、フックの針先が甘くなってしまうのでそこだけ気を付けなければいけませんね。
また、フォールも非常に有効でチャタビー68はスライドフォールしますのでタダ巻きの中にフォールを入れたりと使い方は色々あります。
発売まであと僅か!
チャタビー68は必ず良い仕事をしてくれますので宜しくお願いします。


JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2015年

5月

14日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、ジャンプライズテスターの細野です。
5月に入り、遠州サーフもようやくヒラメ・マゴチの釣果を聞くようになってきました。
ソゲクラスが多い中、座布団級も揚がってるとの事なので早速行ってきました。
この日の状況はベイトもかなり豊富に居て、手前ではヒラメのジャンプも見られるほど高活性でした。
暫くキャストを続けていると沖50m付近でベイトが逃げ惑っていたので、その奥へぶっ飛び君95sをキャストし、着水と同時に高速巻きしながらたまにトゥイッチを入れると水面破裂しました!
するとレクシータも一気に絞り込まれ、ロッドの曲がりからみてサイズも良さそう!
ランカー級のシーバスだと思ってファイトしてても一向にエラ洗いしないのでスレかな~と思いつつ手前まで寄せます。
しかし、たまに横へ一気に走る感じからしてもしかして青物かも!?
波打ち際まで寄せて魚体を確認するとワラサ?ブリ?
とにかくサイズが良さそうなので、冷静さを取り戻し波のタイミングを見ながらズリ上げました!
まさかこの時期にブリが釣れるとは思ってもいなく、遠州サーフの素晴らしさを感じだ日となりました。
こういう予想もしていなかった魚に出会えるのもサーフの魅力ですね!


JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2015年

4月

03日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
今回は謎のペンシルで釣果がありましたので報告します。
浜名湖ではシンペンの釣果が非常に良く、またベイトサイズも小さいので必然的にルアーサイズも小さくします。
ただ、小さいルアーだけ有ればいいと言うわけではなく、ぶっ飛び君ライトのような95ミリサイズも必要です。
今の時期(3月)のメインベイトは稚鮎で、サイズ的にも5~7cmなので謎のペンシル75をチョイスしました。
75ミリサイズとは思わせない飛距離は本当に武器となり、アクションも申し分ないです。
この時期のシーバスはボトムに張り付いているのでボトム付近をスローで探りながら藻の上を通すとヒット!
バックリと咥えたシーバスでした(≧∇≦)
サイズはともかくイメージ通りに釣れるとやっぱり嬉しいですね!


JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2015年

3月

03日

テスター細野氏のレポート

JUMPRIZEスタッフブログをご覧の皆さんこんにちは、テスターの細野です。
まだまだ寒い日が続いていますが頑張って釣りに出掛けています。

少し前の釣行記になります。
1月下旬この日は最近よく行くポイントを数カ所回りベイトの状況を確認。
1ヶ所目ベイト無し。2ヶ所目ベイト少々。3ヶ所目もベイト少々。
実績ポイントだが、もっとベイトがたまっているところは無いかとベイトを求めて移動しました。
4ヶ所目は久しぶりに来るポイントだけど地形は何となく覚えていました。
確か少しズレたところを歩くと底がぬかるんでいてハマるので慎重に前へ進みます。
進みながらもベイトの確認をすると居る居る(≧∇≦)
早速ディープウェーディングし実釣開始です。先ずはサーフェスウィング95Fから…
キター!という雄叫びと同時にエラ洗い!
1投目でイキナリ60UP(≧∇≦) 釣友が(^◇^;)
5分後…キター!
またかよ(; ̄O ̄)がっ、痛恨のバラシ>_<
ルアーを聞くと120ミリサイズのシンペンだったので、ぶっ飛び君ライト95ssにチェンジ。
暫くカラーローテを繰り返しながら中層やや下を丹念に攻めると待望のバイト!
しかし、合わせを入れフッキングもバッチリと思ったのに外れました(ーー;)
時合いなのかツレがもう1本釣った直後に再びバイト!
今度はフッキングし丁寧に寄せてネットイン!
グッサーイズ(≧∇≦)
ベイト、流れが絡むところにはシーバス居ますね!
もう1本狙いたいところだけど時間も遅かったのでこれで納竿です。
ぶっ飛び君ライト95ssはスローに誘えるし、ヘロヘロアクションは本当に低活性のシーバスに効きます!
まだまだ他にもいろんな使い方があると思うので日々研究中です!

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

2015年

2月

13日

テスター細野氏のレポート

JUMPRIZEスタッフブログをご覧の皆様こんにちは、テスターの細野です。
2015年の初釣りは極寒の浜名湖ウェーディング!
しかも、あろうことか防寒着を忘れるという失態(泣)
寒さをこらえて早速ウェーディング開始!
この時期の浜名湖は渋くて釣れないイメージを持っている方がけっこう多いけど、魚の居場所さえ見つけて魚が浮いていればイージーに釣れます。
先ずはサーフェスウィング95Fで明暗を攻めます。
狙い方は、橋脚から離れて自分のイメージしたバイトゾーンに流しながらルアーを送り込みます。
コースが決まり魚さえ居れば何かしらの反応があります。
この時期に多いショートバイトばかりなのでルアーサイズを落としてみます。
ルアーはプロトの「サーフェスウィング80F」
ルアーサイズを落としたからといって特別違うことをするのではなく同様のメソッドで流すとバックリと咥えた55cmのシーバスがヒットしました!
まだまだ釣れそうな雰囲気はあったけど寒さに負けて納竿しました。
それから4日後・・・。
またまた極寒の浜名湖ウェーディングに来たにも関わらず今度はニット帽を忘れました(泣)
寒さで耳が取れそうでも魚は元気でした(笑)
水面が光で照らされていたのでルアーをサーフェスウィング95F・ブラックゼブラにチェンジ!その数投後にゴチン!
流れに乗ったシーバスはかなり引き、デカイのかよくわかりません。いや、これはデカイな(笑)
しかし、そこはスピードハウンドのパワーで寄せてランディング!
ランカーかと思いきや2cm足らずでした(-_-#)
まだまだ浜名湖も開幕とはいかないけど、寒さに負けずにこれからも通っていこうと思います。

 

JUMPRIZEテスター
細野真澄

続きを読む

2015年

1月

08日

テスター細野氏のレポート

皆さん、新年明けましておめでとうございます。
テスターの細野です。
昨年末は愛知にある伊良湖サーフへ毎週通い込んでいました。
11月末日、この日もKFNCメンバーと暗いうちに入砂し、先ずはサーフェスウィング147Fから攻め、少しずつ移動しながら流れの変化を探しつつサーフェスウィング120F、ロウディーとレンジを下げていくがバイトを得られない。
絶好の朝マヅメタイムに入ると左側のアングラーから順にロッドが曲がり、時合い突入か!?と思いきや全員コノシロを引っ掛けてました(笑)
けど、これだけのベイトが入って来てるにも関わらずシーバスの回遊はありませんでした。
陽も上がりアングラーが続々と帰る中、必ずシーバスの回遊があると信じ粘りました。
少しポイントを移動し、岩場付近を攻めているとベイトが入って来たようで水面がギラギラしています。
すると40m沖で2発ボイルがっ!
ルアーはぶっ飛び君95sブルピン!
サミングしながら距離を合わせ、着水と同時にぶっ飛びスキッ…
ゴンッ!
ぶっ飛びスキップする前に喰ってました(笑)
ここからが問題で根が所々に点在してて周りは岩だらけなので井上さんバリのパワーファイトで勝負!
ロッドから伝わる重量感を楽しみつつも無我夢中で寄せランディングすると長さもあるが太い!
一瞬これシーバス?と思わせる最高の一尾を手にすることが出来ました。
こちらのサーフはデイでは小型バイブや鉄板系が主流の中、ぶっ飛び君95sで獲れたことが何よりもの収穫でした。

JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2014年

12月

03日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
愛知にある伊良湖サーフでは、シーズンに入ると砂浜にはランカーが積み上げられ90upも出やすい夢のあるサーフです。
しかし今年は渋いようで数釣りの出来る祭りとは程遠い単発で回遊してくるシーバスを狙い撃つ感じです。
この日は朝マヅメに出撃するもののノーバイトと撃沈。
悔しくて夕マヅメも行って来ました(笑)
こちらのサーフの定番は、デイゲームでは小型のバイブ、ナイトではミノーイングといったところです。
15時から入砂したが全くバイトがなくランガン開始!
絶好のマヅメタイムも終わりミノーにチェンジ。
先ずはサーフェスウィング147Fから120F、ロウディー130Fモンスターとレンジを下げます。
カラーはチャートバックパール!
着水後、水に馴染ませてからスローリトリーブ。
すると強烈なバイトとともに揚がってきたのは92cmのシーバス!
この時期にしては痩せていたが長かった(笑)
普段ホームフィールドのサーフでは遠浅すぎてあまり出番が少ないが、改めてロウディー130Fモンスターのポテンシャルを感じさせる一尾でした!
まだまだ大型を捕獲するチャンスはありますので寒さに負けず頑張りたいと思います!
 
JUMPRIZEテスター
細野真澄
続きを読む

2014年

11月

19日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
今月末発売予定のサーフェスウィング95F。
早く発売されないかと待ち遠しくて仕方ありません。
干潟や河川をはじめ、内湾フィールドに必要な食わせの95mmミノーということで浜名湖にも勿論必要です!
この日の状況は、時折ボイルもあり雰囲気は上々。
迷わずサーフェスウィング95F・サンチャを選択しました。
そのボイル付近にルアーを入れ、スローで引いて来るとドスッと力強いバイト!
引きからしてランカークラスは間違いないが、頭をコッチに向けて巻くとすんなり寄ってくるじゃありませんか。
しかし、この感じは手前で反転するパターンなのでファイト中にドラグを少し緩めます。
残り1m程でやっぱり反転。思惑通り!
何度か反転を食らって泣かされてますから(笑)
最後はもう一度寄せてランディング。
サイズも84cmとランカーだが、それよりも体高があり太いこと!
口の中を覗くとイナッコが3匹入っていました!これぞ秋の荒食いですね!
全国的に必要とされるサーフェスウィング95F!
今月末発売予定となりますのでお楽しみに。


JUMPRIZEテスター

細野真澄

2014年

11月

12日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、フィールドテスターの細野です。
9/22・23と井上さんがハマインをして、現在開発中のチャタビー68のプロトテストを行いました。

浜名湖でのバイブレーションゲームといえば、一口サイズの大きさ・シャローを引くために10g前後というのが一般的です。

その、セオリーを破る68ミリ…
果たしてどうなるのか?
テスト前からワクワクのドキドキでした。
先ずキャストしたファーストインプレッションは飛行姿勢も良く飛距離も出ますね!
今回テストしたポイントは奥浜名湖エリア。
水質も濁り気味のエリアのため、強い波動でアピールさせたいところですが、チャタビー68は少し控えめな感じです。
また、シャローエリアのフィールドで16gのウエイト…
根掛りが心配でした。
しかし、そこはロッドの角度やリトリーブスピードで調整し問題はクリア。
後は魚を掛けるだけ。
最初はまだ出来たてホヤホヤのプロトと言うこともあり攻撃的に攻めるのを躊躇していました。
通い慣れたポイント、魚の居着く場所も把握出来ているので、意を決して攻める事に。
その数投後…
ブレイク付近で一瞬フォールを入れるとガツンとヒット!
スピードハウンドのバットパワーで一気に寄せてランディング!
ガッツリと咥えた67cmのシーバス!
その後、ポイントを少し移動して、ここでも小さいながらもシーバスをゲット。
井上さんもシーバスをキャッチして無事にテストは終了しました!
チャタビーはこれからテストを繰り返して来年には発売予定となりますので、ジャンプライズ初となるバイブレーションを是非楽しみにしていて下さい!


JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2014年

10月

21日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
自分のメインフィールドは浜名湖、遠州サーフですが、
河川での釣りもシーズンには大型シーバスを求めて通っています。
そろそろ河川にも行きたいな~と思ってた矢先、
タイミング良くサーフェスウィング95Fのプロトが届きましたので
数日後に釣友と行って来ました。
飛距離、アクション等は浜名湖で確認済みなので早速実釣開始!
相変わらず流れに馴染みやすくレンジキープ力も抜群です。
これはサーフェスウィング95Fの説明にも書かれている
特殊湾曲リップによる不規則二段階水受け構造になっているからなんでしょうね!
この日はポイントに到着するなりボイルラッシュで歓迎してくれてます(笑)
しかしルアーには全く見向きもせず苦戦・・・。
暫くすると、サーフェスウィング95Fのスケチャートパールに待望のバイト!
けど、スッポ抜けてヒットしませんでした。
ルアーに触れられたのでカラーをサンライズチャートにチェンジ。
これが的中してヒットしました!
サイズも83cmと大満足で、やっぱり水に馴染む適度なアクションが
ランカーシーバスには効くんでしょうね!
サーフェスウィング95Fの発売は11月末の予定となっていますので
皆さん宜しくお願いします。



JUMPRIZEテスター

細野真澄

2014年

9月

18日

テスター細野氏のレポート

皆さんこんにちは。
ジャンプライズテスターの細野です。
今回はサーフェスウィング95Fのプロトが届いたのでインプレ&実釣報告です。
先ずキャストして驚いたのが圧倒的な飛距離!
クラス最高峰でストレス無くぶっ飛びます!
潜行レンジは50cm前後、アクションはナチュラルウォブンロールです。
また、独特なリップ形状の為か流れに入った時の馴染み具合も最高です!
もう、欠点を探せと言われると困るぐらい素晴らしい出来のサーフェスウィング95F!
11月末頃に発売予定ですので楽しみにしてて下さい。
実釣の方ですが、この日は浜名湖でも人的プレッシャーの高いポイントでの釣行。
この様なフィールドで警戒心の高いスレた魚に口を使わせる事は非常に困難です。
キビキビと泳ぐルアーよりも動きが小さく弱々しいアクションのが効果的なので、サーフェスウィング95Fが効くと思い選択。
カラーは浜名湖ではド定番のサンライズチャート。
狙いは潮が動き出すタイミング!
暫くすると水圧でウェーダーが締め付けられて、いい流れが出てることが感じとれます。
数分後にはブレイク沿いに太い潮目ができたのでアップにキャストして、ブレイクを意識しながら通すとグッサーイズなシーバスを連れて来てくれました!
まだまだサーフェスウィング95Fを使いこなせてはいないけど、これから秋に向けて出番が多くなりそうです!
楽しみです!


JUMPRIZEテスター

細野 真澄

2014年

8月

11日

テスター細野氏の釣果レポート

皆さんこんにちは、ジャンプライズテスターの細野です。
今回はぶっ飛び君ライト95SSの釣果報告です。
9月末発売予定のぶっ飛び君ライトはウエイト16gの設定のため、
ようやく浜名湖でジャンプライズルアーを頻繁に使うこうとが可能になりました。
しかも浮き上がりも早いので浜名湖のようなシャローエリアでも使えます。
プロトが届いたので早速浜名湖へ行って来ました。
先ずキャストしてみて驚いたのは圧倒的な飛距離!
同クラストップレベル!いや、もう1ランク上のルアーよりも確実に飛びます!
今年の浜名湖はエイの大量発生でディープに立ち込むのを躊躇してしまうほどですが、
ぶっ飛び君ライトの飛距離があれば殆ど立ち込まなくてもブレイクまで届きます。
また、飛距離だけでなく手元に伝わるインフォメーションもバッチリです!
アクションはぶっ飛び君95S同様にスイング系だけど、この弱々しい感じは何なんでしょう。
喰わせを意識したこのアクションはフィッシュイーターもイチコロですね!
表層を弱々しくユラユラ泳がせながら誘うのも良いですが、
ボトムをネチネチと探るのも効果的だと思います。
ただ、浜名湖では底が砂地のポイントもありますが、牡蠣殻のポイントも多いのです。
ボトムを攻める=根掛かり・・・。
プロトをロストする訳にはいかないので、届いたプロトのうち1本をダブルフックにして
ボトムを攻めるとチヌが喰ってきました!
シーバスはもちろん、チヌも釣れちゃうぶっ飛び君ライト95SS!
発売まで楽しみにしてて下さい。

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2014年

7月

20日

テスター細野氏の釣果レポート

皆さんこんにちは。
ジャンプライズテスターの細野です。
今回も遠州サーフでの釣果報告をします。
今年の遠州サーフは開幕が少し遅れ気味です。
そんな状況下でも、ぶっ飛び君95Sは大活躍です!
この日も夕マヅメからエントリーしました。
状況は波打ち際でベイトがザワザワしていたので魚が手前に寄っていると思い、先ずはサーフェスウィング147Fで丁寧に波打ち際まで引きます。
しかし反応が得られなかったので、ぶっ飛び君95Sにチェンジ!
カラーは光量を思考してプロトの赤金・左右非対称ホロをチョイス!
沖の大きく波の崩れてできるサラシの際にフルキャスト後、ボトムを取り数巻きするとガツッ!とバイト!
50cmチョイのヒラメでした。
この渋い状況下での1枚は非常に価値があり、ぶっ飛び君95Sのポテンシャルの高さに驚くばかりです。
ぶっ飛び君95Sを使用して数ヵ月経ちますが、先月のジャンプライズ「スタッフブログ」で テスターのJJあんちゃんが言ってた通り、フォール中や巻き始めにバイトが集中します。
着水してボトムを取る際にもバイトしてきますので魚を逃さないためにも常にアングラー側も集中して最高の一尾を手にして下さい。

JUMPRIZEテスター

細野真澄

2014年

6月

26日

テスター細野氏の釣果レポート

皆さんこんにちは、ジャンプライズテスターの細野です。
今回はぶっ飛び君95Sのプロト、左右非対称ホロの釣果報告をします。
この左右非対称ホロの最大の武器は、不規則フラッシング効果で広範囲にアピール出来ることです。
特にサーフのヒラメやマゴチといったフラット系は効果絶大です!
この日の海況は若干の濁りが入っていたので赤金系の左右非対称ホロを中心に攻めます。
ただ、左右非対称ホロだからといって特別なことをする訳ではなく、いつも通りに攻めてみました。
最近の自分の中では鉄板でもある「3Dメソッド」で攻めること数時間、フォールからの巻き始めで気持ちの良いバイト!
フロントフックをバックりと咥えた良型のマゴチでした!
やっぱり左右非対称ホロは効きますね!
1つのルアーで2つおいしい左右非対称ホロ!
現在ベビーロウディー95S、サーフェスウィング120F、147Fが発売されますので是非フィールドで投げてみて下さい!

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

2014年

5月

20日

テスター細野氏の釣果レポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
今回は自分なりのぶっ飛び君の使い方「3Dメソッド」を紹介したいと思います。
先ず、ぶっ飛び君の最大の武器でもある飛距離!
この飛距離を活かしてセカンドブレイクに着いた魚を獲るのです。
何故セカンドなのか?
それはあまり攻められていないからです。
しかもジグには無いぶっ飛び君のアクション、水平ヒラヒラフォールだから効くのです。
使い方は、先ずセカンドブレイクの向こうへキャストします。
一つポイントは、ブレイクラインでもゾーンによって浅いところ、深いところがあるので出来るだけ深いところを探しキャストします。
着水後、一度ボトムを取りリフトさせてからリトリーブします。
イメージ的には中層やや上を引いて来る感じです。
ブレイクラインに差し掛かると流速変化を感じ、重くなった時にフォールを入れます。
フリーフォールでストンと落とすよりはテンションフォールでゆっくりと魚にルアーを見せるように落とします。
魚が居ればこれで喰ってきます!
また、最近は魚の活性も高くなりフリーフォールでも有効です。
ただ、フッキングが一瞬遅れますのでフックは常に針先が鋭いものを使用してバイトまで確実に持ち込めるようにします。
ぶっ飛び君はタダ巻きでも釣れますが、フォールの釣りを習得すれば釣果アップにも繋がりますので是非試してみて下さい!

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2014年

4月

20日

テスター細野氏の釣果レポート

 

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
今回はぶっ飛び君での釣果報告です!
昨年の遠州は春ヒラメが好調で、数だけでなくサイズも良かったので今年はどうか?と行って来ました。
この日は風も殆どなく、いかにもヒラメが出そうな雰囲気でした。
ただ一つ、マイナス要素として手前のみ濁っていたので沖を中心にゲーム展開を組み立てる作戦でした。
そうなる必然的にルアーはぶっ飛び君95Sです!
フルキャストをしてセカンドブレイクに差し掛かるころにフォールを入れてやるとガツッ!
やっぱり居ましたね!
ぶっ飛び君の水平ヒラヒラフォールにヒラメもイチコロです(笑)
更にもう一枚追加してこの日は納竿しました。
今までセカンドブレイクはジグしか攻めきれなかった領域だったけど、ぶっ飛び君のお陰で攻略が可能に!
しかもジグにはないアクション・レンジキープ力なので今年の遠州ヒラメを狙うにはぶっ飛び君の出番が多くなりそうです!
 
JUMPRIZEテスター
細野真澄

2014年

3月

20日

テスター細野氏の釣果レポート

皆さんこんにちは、テスターの細野です。
今年はメインフィールドでもある浜名湖に専念しているため、今回も浜名湖でのレポートです。
今年の浜名湖はシーバスが非常に好調です。
サイズ的には50cm台とアベレージサイズですが、良型もポツポツと揚がっています。
この日も釣友と大型シーバスを求めて、浜名湖某所に入水。
しかし、期待とは裏腹に2時間ノーバイト(汗)
まだまだ気温も低く指の感覚もだんだんと無くなり、心も折れそうになったけど、ようやく釣友にヒット!
この1本でテンションも上がり、もう一度気合を入れ直します。
ルアーをベビーロウディー95Sにチェンジして流れの中をテロテロと漂わせると待望のバイト!
フッキングまでは持ち込めなかったけれど、魚のレンジは分かったのでカラーローテしながらバイトのあったレンジを徹底的に攻撃(笑)
すると、大好きなレンズキャンディーグローベリーにガツンッ!と喰ってきました!
サイズは大きくないけれど苦労して獲った1本はやっぱり格別ですね!
今回もジャンプライズルアーに助けられました!

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

2014年

2月

19日

テスター細野氏の釣果レポート

皆さんこんにちは。
JUMPRIZEテスターの細野です。
今回も表浜名湖でのレポートです。
まだ完全に魚が入りきっていない浜名湖ですが、潮のタイミングによっては釣れています。
狙い方としては橋脚を攻めたり航路のカケ上がりを攻めたりとポイントはたくさんあります。
イージーに釣るなら橋脚周りを表層系ルアーで探っていればサイズは出ないにしても魚からのコンタクトはあります。
しかし、どうせ釣るならグッドサイズを!と思うと、どうしても下のレンジを探りたくなるのです(笑)
けど、良型になればなるほど中々喰わせることが出来ません。
この日は先行者が居て何やらライトを点けてゴソゴソしているので近寄ってみると60後半のシーバスを水揚げしていました。
一言挨拶をし、奥の橋脚を撃たせてもらうことにします。
先行者のヒットしたルアーを聞くと、某メーカーの110F・・・レンジはボトム付近。
と云うことで迷わずサーフェスウィング120Fをチョイスしました。
しかしサーフェスウィングの飛距離をもっても奥の橋脚には僅かながら届かない。
ならばもっと奥へ・・・。
ディープウェーディング決定(笑)
先ずは明暗の境を丁寧に引いて来るが無反応。
若干、ボトムノックするのでロッドの角度を調整します・・・。
ならばと橋脚にへばりついていると思い、サーフェスウィング120Fをボトム付近まで潜らせてから流すと一瞬触ったような感じだったけどスレてる?
このような状況下ではピンクヘッドグロークリアーが強いので迷わずチェンジ!
数投後、狙い通りにヒットしました!
サイズも70upと満足サイズです!
これから3月に入りメインフィールドでもある奥浜名湖にも魚が入って来ます。
ポイントまでも近いことから今年も毎日のようにフィールドへ足を運ぶでしょう(笑)
ただ、シャローエリアが多いのでジャンプライズルアーが使えるポイントが限られてきます。
そこをどう攻略しようか考え中です。
来月は奥浜名湖でのレポートが書けるように頑張ります!

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

2014年

1月

21日

テスター細野氏の釣果レポート

皆さんこんにちは。
JUMPRIZEテスターの細野です。
ここ最近は寒さが一層厳しさを増し、釣行時はもはや修行です(笑)
1月に入り、表浜名湖に徐々にではあるけど魚が戻りつつあります。
この辺りのポイントは橋がいくつも点在しているので橋脚の明暗を狙うのが定番となっています。
この日も有名ポイントに入水して先ずは表層から探りました。
レンジ的には20cm~40cmの間で高反応を得られるが、如何せん魚のサイズが出ません。
40cm程のシーバスを2本釣った後、サイズ狙いに徹しレンジの入るサーフェスウィング120Fにチェンジ。
しかし1時間ノーバイト・・・。
釣友は表層狙いでバイトの嵐!
けど、ヒットまで持ち込めないようでシーバスに遊ばれていました(笑)
その後もサーフェスウィング120Fのカラーローテをしながら探り続け、殆ど巻かずに流すとようやくヒット!
サイズは60upですが、ここのポイントでは満足サイズです。
まだまだ水温も低く浜名湖開幕とまではいきませんが、今後も寒さに負けず出撃していきたいと思います。

JUMPRIZEテスター

細野真澄

2013年

12月

27日

テスター細野氏の釣果レポート

皆さんこんにちは。
JUMPRIZEテスターの細野です。
もう師走ですね!忙しいです^_^;
12月に入り気温もグッと下がり人間の活性が下がりやすいけど頑張ってサーフに通っています。
遠州灘サーフは、ホームとしている浜松よりも西側の方が数、型ともにシーバスの釣果が出ています。
浜松サーフは地形変化を探りながらの釣りに対し、西側は波打ち際から一気に深くなるドン深な地形となっています。
慣れない地形の為、戸惑いを感じながらも時間がある時には通い続けてはいましたがノーバイトと寂しい結果ばかりでした。
ある日の釣行時、まだ日が昇る前に良型のシーバスを水揚げしているのを確認・・・
その数日後に釣友が同じ時間帯に70UPをキャッチ、ランカークラスをバラしたとの情報を聞きつけました。
もしかしたら、その時間帯に回遊?
一つ疑問が出来たので早速次の日の朝に確認して来ました。
午前3時半に入砂。
情報からベイトはコノシロでヒットルアーからレンジ的にロウディーでしたので、ルアーはロウディー130F Monsterをチョイス!
ルアーから伝わる変化を頼りに少しずつ移動し良さげなポイントを見つけました。
すると来ました!
サイズは74cmとモンスターとは呼べないサイズだけど嬉しい1本でした!
更に釣友が73cm、78cmと立て続けにキャッチ!
シーバスの御一行様が来ました(笑)
ここのポイントに通い始めてようやく回遊に当ったのでテンションもMAX!
無我夢中でキャストしていると小さなバイトがあり、瞬間的に合わせを入れるとレクシータが絞り込まれました。
かなりの引きでしたが、慌てずにファイトしてランディング!
93cmのビッグワン!
やったね(≧∇≦)
またまた今回もジャンプライズルアーが最高の一尾を連れて来てくれました。
もう今年も残り僅かですが、後は良型の青物を仕留めて納竿としたいですね!
…獲れるかな^_^;

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

2013年

11月

23日

テスター細野氏の釣果レポート

皆さん、こんにちは。
ジャンプライズテスターの細野です。
11月に入り、遠州灘の魚たちも高活性となり各地でヒラメが水揚げされています。
いつもシーバスばかり狙っているけど、何故か座布団ヒラメを釣り上げる夢を見ました。
それからは頭の中はヒラメ!ひらめ!鮃!とヒラメの事ばかり考えていました(笑)
遠州灘はヒラメ人気が物凄く、砂浜にはアングラーの方々で埋め尽くされているのです。
少しでも空いている日の釣行となると平日となるのです。
しかし平日は仕事・・・。
けど釣れてる!と聞けばウズウズが止まりません(笑)
と云うことで仕事前の朝練に行って来ました!
この日もいつものようにサーフェスウィング147Fから攻めます。
暫く147Fのカラーローテをしながらルアーから伝わる重みを頼りにランガンしていると
流れが効いてる場所を発見しました。
数投すると40m先のカケ上がり付近でガッガッ!とかなり重いバイトと共に直ぐに合わせを入れたがすっぽ抜けました。
ルアーを見るとフロントフックに喰ってきたバイト痕があり、間違いなくヒラメ!
しかも重いバイトからもサイズが良いのが分かりました。
完全な喰い上げバイトです。
ここからは妄想だか…
途中、サーフェスウィング120Fも投げたけど、手前に来ると流石にボトムノックするが沖では普通に引けた。
って事はサーフェスウィング147Fではヒラメの喰うレンジの上いっぱいだったので喰い上げ時にミスバイトした。
シーバスでもそうだが、デカイ個体になればなるほど捕食レンジは狭くなります。
けど、ソゲのように軽快に動けない座布団ヒラメは、腹が減り過ぎてサーフェスウィング147Fのアクションにたまらずバイト?
もっと楽にボトムに張り付いた座布団ヒラメを喰わせるには、レンジを下げて目の前もしくは目の上を通してやればガッツリ喰うんじゃないかと…。
ヤバイ・・・最近HRFのサスケさん達と釣りをしているせいか妄想がハンパない(汗)
ここでレンジを下げる為にサーフェスウィング120Fにチェンジ。
カラーは最近お気にのピンクヘッドグロークリアー。
しかし、バイトのあったコースにルアーを投入するが無反応。
そこで扇状に少しずつコースを変えてキャストすると、ガツッ!とまたまた重いバイト!
フッキングと同時に分かるデカさ!
お、重い…
けど、レクシータはクロマグロを上げるぐらいバットは強いのでレクシータを信じてショートポンプで魚を浮かせ、なんとかランディングに成功しました!
砂まみれになったヒラメを一度洗い流し早速計測。
71cm!自己記録更新しました!
夢にまで見た座布団ヒラメをサーフェスウィング120Fが連れて来てくれました!
もう嬉しいを通り越し感動しました!
今年の遠州灘は本当にヤバイです(≧∇≦)
今秋は間違いなく爆発しますね!
この感動を味わいたい方はジャンプライズルアーを持って遠州灘へ行ってみて下さい。
きっと感動の一尾を連れて来てくれますから!
これからもっともっと寒くなりますが、気合い入れて頑張りたいと思います。

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

2013年

11月

02日

テスター細野氏の釣果レポート

皆さんこんにちは。
ジャンプライズテスターの細野です。
今回は来年春に発売予定のぶっ飛び君での釣果を報告します。
今年は台風が本当に多く、中々サーフ釣行が出来ていません。
それでもタイミングを見計らって行って来ました!
この日はぶっ飛び君の試投会でもあり、ワクワクが止まりません(笑)
自分の預かったぶっ飛び君のプロトは22.3gと24.9gです。
製品版となるぶっ飛び君に比べるとウエイトが軽いのです。
これには井上さんの意図があり、テスターの特性を思考して、
敢えて軽めのぶっ飛び君を送ってくれたのです。
自分のホームフィールドでもある遠州灘は遠浅で、ロウディーだと殆どボトムノックしてしまうような地形なのです。
それを考えると軽めのぶっ飛び君は非常にありがたいです!
軽めと云う事もあり、飛距離は?と心配していましたが、全く問題ありませんでした!
試投会の日は3~4mの向かい風でしたが、24.9gのぶっ飛び君で最大87m!
まさにぶっ飛び君でした(笑)
もし無風状態でキャストしたらと思うと恐ろしいです!
しかも飛距離だけでなく、ルアーの立ち上がりも良く流れも感じやすいです!
浅場でフォールのアクションを確認すると、これまたヤバイ(笑)
早速フルキャストして沖のブレイクに差し掛かったところでフォールを入れてみます。
答えは直ぐに出ました!
サイズは45cm程のマゴチと小さいですが、狙い通りに釣れた1本なので満足です。
これからサーフにも青物が回って来ますので、沖のナブラ打ちで表層早巻きなど色んな使い方が出来そうです!
ぶっ飛び君の誕生によって夢が広がりそうです。

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2013年

10月

21日

テスター細野氏の釣果レポート

皆さんこんばんは。
ジャンプライズテスターの細野です。
最近は週末になると台風の影響で海は荒れ、中々思うような釣行が出来ません。
そんなこともあり最近は、自分のメインフィールドの浜名湖へ通う日々が続いています。
浜名湖も秋のベストシーズンに突入し、高活性となっています。
前情報でサーフェスウィング120Fが好調と聞き、右へ倣えということで自分も先発はサーフェスウィング120Fから(笑)
浜名湖の水深を考えると120Fのレンジだと気をつけないと根掛かりするので、バイトゾーンからルアーが外れたらロッドを思いっきり立てて回収します。
みんな根掛かりを恐れて、レンジの入るルアーは極力避けるので下のレンジは手付かずとなっています。
この日も散々先行者に叩かれた後の釣行でしたが、ボトムを意識して引いてくると『ドスン!』と気持ちの良いバイトでした!
秋を感じさせるデップリと太った86cmのランカー!
これから秋も深まり魚も活性が上がるので、自分の活性も上げてシーバスを追い続けて行きます!
皆さん!秋のベストシーズンを楽しみましょう!
ルアー:サーフェスウィング120F
カラー:チャートバックパール

JUMPRIZEテスター

細野真澄

続きを読む

2013年

9月

23日

テスター細野氏の釣果レポート

皆さんこんにちは。
今回は浜名湖での釣果を報告します。
浜名湖では基本ベイトサイズが小さいので
必然的に8cm前後のルアーを使うのがセオリーです。
しかし遠州灘から浜名湖への魚の通り道でもある今切口周辺は
既にベイトサイズが大きくなっているとの情報を得たのでサーフェスウィングを持って釣行してきました。
まずはいつも通りに9cmのミノーで攻めますが潮目も出ていて雰囲気も良いのにバイトがありません。
すると同行者の方がシーバスをヒットさせ、ルアーを聞いてみると某メーカーの135mm。
これで迷ってた気持も確信に変わりました。
ルアーをサーフェスウィング147Fにチェンジし潮目のヨレを狙います。
ここは流れも速いので流速も計算しつつアップにキャストして147Fをヨレの中に入れてやるとガツンとヒット!
メチャメチャ引いたのでかなり期待しましたがランディングしてみるフロントフックが顔の横に掛ってました。
それでもランカーなので満足です。
これから秋も深まりベイトサイズも大きくなるので浜名湖でもサーフェスウィングは間違いなく活躍するでしょう!
皆さんもぜひ、いろんなフィールドでサーフェスウィングを投げてみて下さいね。

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

2013年

9月

23日

テスター細野氏の釣果レポート

皆さんこんにちは。
少し前の釣行ですが、現在大人気で売り切れ続出中のサーフェスウィング147F!
飛距離、食わせのアクションは文句の付け所がない最高峰のパイロットミノーでグッドサイズのシーバスが釣れましたので報告します。
実はここのポイントへ初めて来た時にグッドサイズをバラすという悔しい思いもあり、いつかリベンジしてやろうと目論んでいました。
この日は干潮からの上げ始めの潮が動くタイミングを狙ってエントリー。
しかし、ほぼトップに反応が良く食わせる事ができませんでした。
同行者の釣友は70cm後半からランカーシーバスを数本釣ってましたが、自分の狙ってるサイズはスーパーランカー!
と強がっていました(笑)
暫くすると潮目が出来たのでサーフェスウィング147Fの飛距離を生かしアップにフルキャスト!
流れに馴染ますようスローでリトリーブし潮目から抜けた瞬間バイトがっ!
ロッドから伝わるトルクも十分。
89cmスーパーランカーを捕獲しました!
狙っていたサイズですが上出来も上出来です。
飛距離、アクションとポテンシャルの高いサーフェスウィング147F、皆さんも自分なりに使ってみて下さい。
最高の一尾に出逢えますよ!

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄

2013年

8月

18日

テスター細野氏の釣果レポート

皆さん初めまして。
この度、2013年8月からJUMPRIZEのテスターをさせて頂くことになったdarkknot(ダークノット)こと細野です。
先日サーフェスウィング120Fで釣果がありましたのでご報告します。
ここのフィールドはランカーシーバスが数多く潜むポイント。
満潮からエントリーし、しばし状況把握。
水質は若干の濁りで良い感じ!
相変わらずベイトも豊富でした。
日も暮れて下げが効き出し、ルアーが潮目の中に入るとリトリーブしている手元に物凄く強い流れが伝わって来ます。
初めはサーフェスウィング147Fで攻めていましたが、反応が得られなかったのでレンジを下げるためにサーフェスウィング120Fにチェンジ。
同じように潮目の向こうにキャストして強い流れを感じながら糸ふけを取る程度にルアーをドリフトさせるとガツンと金属的なバイト!
ロッドはレクシータなのでショートポンプで魚を浮かせ一気に寄せランディング。
メジャーを忘れたので目測ですが、ギリランカーには届かないぐらいのシーバスでした。
JUMPRIZEのテスターとなり1本目のシーバスですので、自分の中でもメモリアルフィッシュとなりました!
成長著しいJUMPRIZE!
そのスタッフとなった今、皆様と共に盛り上げて行けたらと思いますので今後もどうぞ宜しくお願いします。

 

JUMPRIZEテスター

細野真澄