• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

2015年

2月

26日

プロスタッフ大川氏のレポート

『チャタビーやばし』
これは冬磯の水温下がってしぶ~い時のお話です。
友達2人とヒラスズキと青物を狙ってサラシの広がる磯へいってきました。
最初まったく反応なしだったんだけど、この時期はあれこれ移動するよりじっと我慢の地蔵釣りスタイルで時合い待ち。
しばらくすると沖から潮が入ってきたのがわかり上空を見ると多くの鳥が旋回し集結。
期待の救世主キビナゴの到来。
沖では青物がボイルしサラシではヒラスズキが乱舞スタート
もしかしてイレパク確定!?っと思いきやこれが意外と簡単に釣れないんだ・・・
だいたいこのパターンは分かっているんでランカー狙いのロウディモンスターからサーフェスウィング95Fに変えて表層流しすと、小型だけど面白いようにHIT!!
この絶好のチャンスは初心者に持って来いと思い、近くに居たみっぴを呼んでオレのタックル貸して選手交代。
みっぴの一投目。勢い余ってサーフェスウィング95F殉職・・・・(笑)
手持ちのサーフェスウィング95F弾切れなんで、浅いレンジが引けるチャタビーウエイトが軽いタイプに変えて怒濤のHIT。これにはみっぴも初磯ヒラスズキに大興奮。
投げてゆっくり巻くだけチャタビーの勢いは止まらず連続HITでやばかった・・・ボクの場合はちょっと食わせの間をいれてやるけどね。
今回はサラシが薄くベイトが小さかったのでライトウエイトではまったけど、サラシの濃い時や足場の高いときは重いウエイトのチャタビーがきっと活躍してくれるでしょう。
磯ヒラの先発では決してないけど、間違いなく必要な場面に多々遭遇すると思うので楽しみである。


JUMPRIZE契約プロスタッフ

大川漁志