• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

2015年

8月

17日

テスター鈴木氏のレポート

こんにちは!
ジャンプライズテスターの鈴木良幸です!
少し前の話になりますが、ジャンプライズで鋭意開発中のプロトロッドを持ってトカラ列島の諏訪之瀬島にショアGT遠征に行ってきました。
トカラ列島では梅雨の時期を迎えると毎年トビウオが産卵の為に接岸し、それを狙ってGTやイソマグロ等の巨大魚達も接岸して来る為、この時期はショアから巨大魚に会うチャンスが大きくなる絶好のシーズンです。
タックルはジャンプライズプロトロッド(PE5号クラス青物モデル)、ソルティガZ6000、PE8号、SSアシスト25号、ナイロン240lbをリーダーとして1ヒロ、ルアーはシンキングジャークベイトの110gを使用しました。
ナイトゲームが基本の釣りなので、灯り1つ無い真っ暗な夜の堤防での釣りとなります。
足場の高さは10m以上あり、外洋からのウネリが容赦無く当たり、飛沫が飛んできます。
思わず足がすくむようなシチュエーションの中での釣りでした。
突如何万匹と言うトビウオが大挙して港内へ入り、その後ろから何十発もの巨大魚のボイルが!
その方向へルアーをフルキャストしてカウントダウン、15カウント目で小さな前アタリの後、一気にひったくられるようなバイト!
ドラグが物凄い勢いで引き出される、味わったことの無い程の暴力的な引き。
初期ドラグ13kg+スプール鷲掴み+ドラグ増し締め!
ロッドのバットに魚の重さを乗せ、腰を落としてて大きくタメる事により、ファーストランを30m程で強引に止める事に成功!
高負荷ドラグ+「ロッドを曲げ込む事」で魚へのプレッシャーを倍増させる。
勿論、その高負荷に耐えうるだけの強靭なロッドがあってのお話。
今回使用しているジャンプライズ青物プラッギング用プロトロッドには、高負荷ドラグ時に竿を立てて曲げ込んでも、巨大魚の引きもしっかりと受け止めるだけの強度がある。
今回使用したのはPE5号を想定した青物モデルだが、実測20kgを超える驚異の破断強度を持っている。
 その後はセカンドラン、堤防際の張り付きをクリアし、遂に姿を見せたGT。
堤防の上でサポートに回ってくれたアングラーの皆さんのお陰で落としダモに無事に収まり、綱引きの要領で堤防の上に引き上げられたのは、夢の巨大魚GT。
島の小さな釣具店、ISLAND HOPPERSの杉田さんが持ってきてくれた体重計で計測した結果、45kgの大きなGTでした。今期の諏訪瀬島レコードサイズだそうです。
その大きさよりも、長年夢見たショアGTをこの手でキャッチ出来た事が何より嬉しくて、思わず嬉し泣きしてしまいました。
この後日、同様の釣り方で33kgのGTもキャッチする事が出来、今回の遠征では2匹のGTをキャッチする事が出来ました。
巨大魚の夢が眠るトカラ海域、すっかり虜になってしまいました。
また来年、ショアから夢の巨大魚を狙ってトカラ列島を訪れたいと思います。
 ショアからの巨大魚、挑戦する事を諦めなければ、後は日々進化し続けるタックルがファイトの手助けをしてくれるでしょう。
少なくともジャンプライズの青物ショアプラッギングロッドはそういうロッドに設計、開発、実践により調整されています。
ジャンプライズ青物プラッギングロッド、とんでもない強度のロッドに仕上がって来ています!完成をお楽しみに!!


JUMPRIZEテスター

鈴木良幸