• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

2016年

4月

18日

テスター鈴木氏のレポート

皆さんこんにちは!ジャンプライズテスターの鈴木です!
3月の繁忙期も終わり、いよいよ遠征モードに突入です!
今シーズン最初の遠征は長崎県の離島、壱岐にヒラスズキ遠征へ行ってきました!
実は3年前にも、ヒラスズキ遠征で壱岐を訪れているのですが、その際のキャッチ数は0本と言う情けない結果でした。
ヒットはあってもフックを折られたり、ラインブレイク連発で自分の腕の未熟さを痛感。
3年間磨いた自分の腕を試す為に挑んだ遠征でもありましたが、今回の遠征は今までのヒラスズキ遠征の中で最大のキャッチ数となりました。
フック折れ、ラインブレイクも無く、滞在中にキャッチしたヒラスズキは計52本でした。
今回の遠征中、課題として特に意識したのが「ロッドを曲げて溜めるファイト」
先日96cmのヒラスズキをキャッチした際、主導権を握れずにロッドをノされてしまった反省を踏まえ、改善するべく課題としました。
課題を意識しながらひたすら壱岐のヒラスズキと向き合い、今までの自分では出来なかった強気のファイトの中に逃がしを作ったり、止める所はロッドを曲げ込んで止めるといったファイトも、この遠征で確実に身に付ける事が出来ました。
特に慣れない足場の高いポイントからのランディングは大変でした。
平磯の多い房総では、なかなか足場の高さが5mを超える高さからキャストする事は無いのですが、今回の壱岐では殆どがそのような釣り場でした。
寄せ波で1段上げ、次の寄せ波でもう1段、最後はリーダーを掴んで強引に抜きあげるなんて、ホームの房総ではなかなか経験出来ない。
最終日の最後のポイントでは、足場5mの高所で70クラスを7バイト7キャッチ。
しっかりアワせを入れて魚の口に針をしっかり貫通する事を意識していった所、バラしも確実に少なくなった。
本当に、今回の遠征で得る物は本当に多かった。
壱岐の雄大なフィールドの中に身を置き、思い切り竿を振った1週間。
ホームの房総では経験出来ない沢山の事を得る事が出来ました。
今回の遠征は大成功!壱岐のフィールドとヒラスズキに感謝です。

 

JUMPRIZEテスター
鈴木良幸