• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

プロスタッフ鈴木氏のレポート

南の島のテスト釣行第2弾!今回は「ウルトラチャタビーでバラハタ攻略です!」
井上代表から預かったもう一つのプロトルアー。ウルトラチャタビー115g&ウルトラチャタビー200g!
開始当初は潮の流れも緩く、プロトミノーやララペンマグナムでも魚の反応は続いた沖磯でしたが、写真のように潮がぶっ飛んで走ってしまってからは、バイトが無い状況が続いてしまいました。
こんな激流では、魚により一層じっくりとルアーを魅せなくてはいけないと判断し、レンジキープ性能に長けたウルトラチャタビーの自重と特性を活かして、水中でしっかりステイさせてじっくり魚に魅せ付ける作戦へ変更。
潮上にウルトラチャタビー200をキャストし、30カウント程数えて中層までしっかり沈めて潮流に乗せてリトリーブ。
テンションを掛け過ぎずに流していく、「ドリフト」。潮下へルアーが入る頃、「グン!」とハンドルを巻く手が止まり、ウルトラチャタビーの「潮流ドリフト」にてキャッチしたのはバラハタ!
その後もバラハタを連発!サイズは3~5kgでしたが、想像以上の引きの強さ。普段ボトム近くに棲んでいる魚ですが、激流+水深のあるポイントでも中層までしっかりと誘い出す力のあるルアーでした。
大河の如く流れる激流の磯でもしっかりと沈める事の出来る200g。この重さは決して大袈裟ではなく、必要な重さであり、果てしなく広がる大海の中でもしっかりとアピールさせる為のサイズなんです。
次に瀬替わりした地方の磯は先程の磯とは違い、水深が浅く、潮の流れも緩いポイント。まずはララペンマグナム、続いてミノー。上のレンジから攻めていく。
少し場所を移動しながら暫く2種類のルアーをローテーションしてキャストを続けたが、カスミアジのチェイスがあったが食わせる事は出来ず。ならばバイブで沈めたらどうだ!?
このポイントは水深も浅く潮流もゆったり流れているので、先程の磯で使用した200gではなく、115gのウルトラチャタビーへチェンジ!
10カウント程沈め、中層からミディアムリトリーブ。数投目で手元へ伝わる気持ち良いバイトの感触! 抜きあげたのは、やっぱりバラハタ!
サイズアップのバラハタも!ボガグリップで16lb!(7kg)このサイズになると、気を抜くと即、根ズレ。根に入って出てこない事もあるので注意!
今回の遠征では水深、潮流によって2サイズのウルトラチャタビーを使い分け、想像以上のファイター、バラハタから好反応を頂きました!
既に完成度はかなり高く、言う事ナシの状態のウルトラチャタビー。外洋向けデカバイブ。トップ→ミノーと上から探って来た「次の一手」として、十分可能性のあるルアーだと思います。井上代表曰く‘製品化するかは未定’との事ですが、いつか発売して欲しいですね。
今後も各地でテストを続け、発売に漕ぎ着けるだけの答えを魚に聞いていきたいと思います!

 

JUMPRIZEプロスタッフ

鈴木良幸