• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

プロスタッフ鈴木氏のレポート

井上代表から預かっているプロトロッドに、「バックアッパー956」と言うロッドがあります。
95はレングス、6=PE6号をメインに使用するのに最適なロッドと言う意味なのですが、このロッドを昨年から使用し、既にショアから8本のGTをキャッチしています。
「しっかり曲がるがバットは残る」と言うジャンプライズ特殊構造の特性が、このロッドにも当然活かされています。しっかり曲がってロッドが魚の引きをクッションのように吸収し、リフトさせる時はバットが残ってくれる為、魚を止める 寄せる 浮かすと言った動作が非常に容易なロッドです。
今年の6月にトカラ列島のショアから釣り上げた45kgのGTのファイトの際も、ロッドが曲がり込んで魚の引きを吸収してくれたお陰で殆どドラグを出さず、たった数分で足元まで浮かせる事が出来ました。
実績たっぷりのバックアッパー956を持って挑んだ今回の南の島遠征。カッポレ、アオチビキ、カスミアジ、ヒレナガカンパチ、バラハタ・・・実に沢山の魚が遊んでくれたのでご紹介します!
今回の遠征で一番釣れてくれたバラハタ。独特の重々しい引きでロッドを絞ってくれました。サイズの良いバラハタは油断すると簡単に根ズレされてしまいます。
ラインが根に触れてない時は全力のポンピングと素早くリールを巻き取りゴリゴリ寄せる。足場が不安定で根ズレの危険性の高い磯でのファイト。南の魚はどの魚も非常に引きが強いので、とても良いファイトの練習になります。
ファーストランでビューッと走ってドキッとさせられるのが「アオチビキ」!群れが回って来たようで、この魚がバタバタと3連発!ファーストランが凄まじいファイターです。バックアッパー956はこのサイズのアオチビキをグイグイと寄せて浮かせても余りあるパワーを持っているので、ランディング時に着いて来るサメにやられる事も無く、無事にキャッチ!
バラハタの次に良く釣れてくれたカッポレ!大きい物では5kg近くあり、磯際にラインを擦り付けるように素早く走り回る為、非常にスリリングなやり取りを楽しませてくれました。根ズレしないようにベールを返したり根ズレしない角度の立ち位置へ磯を走ったり、磯でのファイトの良い練習相手になってくれました。
先日のレポートでも書かせて頂いたこちらのカスミアジも、バックアッパー956にてキャッチ!
不安定な足場と磯際で掛けた事もあり序盤から主導権を相手に与えてしまいましたが、テンションを掛けないよう騙し騙し寄せ、最後は一気にリフトしてキャッチ。このように、緩急を付けた駆け引きも出来るロッドでもあります。
今回の遠征で、一体何回このロッドが曲がった事かわかりませんが、改めてバックアッパーシリーズの「しっかり曲がるがバットは残る」と言う特性の良さを感じた釣行でした。
魚が走った時はしっかりロッドを曲げ込み、最大限のプレッシャーを掛ける事でロッドが魚の引きをクッションのように吸収してくれる為、必要以上にドラグを出さずに魚の走りを止める事が出来ます。
魚の走りが止まって魚をリフトさせる時、曲がり込みながらもバット部分に余力が残ってくれる為、バットパワーで魚を寄せる 浮かすと言う動作が可能なロッドです。
良く曲がると言う事はクッション性が大きいと言う事で、魚の引きをロッドが吸収してくれる為、ガチガチの固い竿に比べると身体への負担も少なく、ショアからのビッグゲームをやってみたいけど筋力や体力、体幹等に不安がある方にもオススメの1本となっています。
しかしまだまだ「バックアッパー956」は開発中。今のままでも十分の性能なのですが、製品化する為にはまだまだ魚からの答えを貰いたいのは僕も井上代表も同じ気持ち。
これからも様々なフィールドでバックアッパー956を使用して魚からの答えを貰いながら、更なるロッド性能を磨き上げていきたいと思います!

 

JUMPRIZEプロスタッフ

鈴木良幸