• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

プロスタッフ鈴木氏のレポート

南の島の滞在中、シケで1日だけ沖磯へ乗れない日があり、のんびり漁港周りにライトゲームに出かけてみました。
チャタビーのリフト&フォール×3回→ミディアムリトリーブで巻き上げてくると、いきなり中層でガツン!魚は足元の堤防のエグレの中に一直線!
根ズレの感触に慌ててオープンベール!サミングしながら様子を見ていたが、回収してみると既に魚は着いておらず、残念ながら海藻に化けていました。
次のキャストで同じバイトがまたしてもチャタビーを襲う!今度は絶対獲ってやる!!しかしまたしても足元へ一直線に向かってくる!またしても根ズレの感触!オープンベールで対抗するが、残念ながら最後はラインブレイク。
ラインを結び直し、チャタビー85を同様のパターンで引いて来るとまたまたヒット!今度は先程とは重量感が違い、軽い。ゴリ巻きで水面へ浮かせることに成功!
何度目かのトライでようやくキャッチ!チャタビー85でタマンをゲット!このサイズでもやっぱりタマンは引きます!今回使用したロッドはオールウェイク88マルチ。
チャタビー68を投げるのには最適なスペックのロッドで、チャタビー85もペンデュラムでしっかりロッドに重さを乗せて投げれば十分使用可能なロッドです。
でも、初めに2回喰って来た魚、アレは間違いなくこのサイズでは無かった。大きなタマンか、ハタ系のデカいサイズか、ライトゲームのつもりが痛い目にあってしまいました
反応が無くなってしまったので、少し移動してゴロタを攻めてみる事に。漁港内より水深が無いのでチャタビー68に変更。早速小さな小さなアカハタがヒット。続いて少しサイズアップのアカハタもキャッチ!
しかしアカハタのバイトは続かず、この2匹で終了。漁港内に戻ってチャタビー85を投げてみるがアタリは無く、チャタビー68へチェンジ。
フォールスピードの遅い68で、よりじっくりと魚に魅せる作戦。この作戦が効いたようで、タマンがヒット!
チャタビー68をボトムまで沈め、スロー気味の巻き上げでひったくっていきました。オールウェイク88マルチで遊ぶにはちょうど良いサイズのタマンでした!
チャタビー68のスローな誘いがハマり、日没後に同パターンでタマンをもう1匹追加!
まだ釣れそうな状況だったが、明日の沖磯があるので、速めに帰ってタックルを整えて寝る事に。短時間の釣行でしたが、十分なくらい遊ぶことが出来ました。
フォールが速くアピール力の高いチャタビー85で元々活性の高い魚を拾った後、
フォールが遅くアピール力を抑えたチャタビー68でじっくりと魚にスイッチを入れて行く作戦が有効と感じた漁港内のタマンゲームでした!

 

JUMPRIZEプロスタッフ

鈴木良幸