• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ
 · 

テスター ホン・ソクミン氏のレポート

こんにちは、韓国スタッフTerryです。
韓国の場合、11月に入ると水温の低下に嬉しいヒラスズキのニュースが聞こえ始める季節です。
10月頃まではシイラなどの大型ベイトが多く、240サイズの大型ララペンにも反応が良かったのですが、11月からは、240より200サイズのララペンが有利な感じがあります。

ただしルアーのダイビング軌跡をもう少し直線的に、速いスピードで維持することが良いので前方の全体的な針の重さを少し増やし、マッチングした82/5より82/6を使用すると良いと思います。
昨年10月の20kgオーバー後も熱心に挑戦したが、より大きなものには出会えず12kg程度で今年のヒラマサシーズンは終了しました。来年春に期待します。
そして、ヒラスズキのシーズン始まりです。今年のシーズンの開始は、韓国の済州島です。飛行機に乗って行かなければなら済州島遠征はいつもワクワクです。

シーズン序盤、大型級の反応ありましたが足の前で痛恨の失敗を経験して、やはりここでも最も強力な武器であるPOPOPEN95Fを使用して、ヒラスズキの反応を引き出すことができました。

ぶっ飛び君95Fとかっ飛び棒130BRが驚異的な飛距離を武器に、フィールドを広げてくれたなら、浅い地形が多いここではPOPOPEN95Fは本当に欠かせない武器です。

韓国のヒラスズキ人口はPOPOPEN95Fの登場以来、増やすことができたと言うほどです。
久しぶりに夜釣りに挑戦して87cm以上のランカーサイズもランディングすることができました。昨年春から使用している107 hyperfusionは本当に、現在までにリリースされたjumprizeヒラスズキロッドの決定版だと思います。とても扱いやすいく、硬くしながらも弾性のあるロッドは、気象条件やルアーの種類を問わず使いやすく、ランカー級のパワーも快適に受けてくれます。ぜひお勧めしたいロッドです。
本格シーズン開始の12月にも良いレポートを届けできるよう頑張ります。
ありがとうございます。

JUMPRIZEテスター 
ホン・ソクミン