• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ
 · 

テスター新田氏のレポート

こんにちは。テスターの新田です。
全国的に暖冬傾向にあり、富山は今年も雪が降る気配がありません。
日中はまだまだ暖かいのですが、星がはっきり見える夜は放射冷却でキンキンに冷え、1℃〜0℃くらいまで気温が下がっています。
指の感覚が無くなって釣りが辛くなる感じが何故か懐かしくもあり、身体で感じる気温がこの時期ヒントになったりします。
この時期の富山県と言えば、ホタルイカパターン。先日の大荒れで底荒れもしており、なかなか悪条件でしたが、地形の調査がてらやってみることに。
ホタルイカパターンで使用する先発ルアーは絶大な信頼をおいているサーフェスウイング95F。
ずば抜けた飛距離と小さいリップから発動するローラチックなアクションは、ホタルイカパターンにマッチするようで必ずと言って良いほど毎年いい釣果を手にすることが出来ています。
サーフェスウイング95Fをキャストし探っていると、沖のシャローエリアはかなり太い潮が効いていました。
ちなみに、プチボンバー70SSをフルキャストして着水間際にサミングしてスラッグを取り、リーリングまでを素早くしてもシモリにスタックするくらいのシャロー帯。
バイトゾーンは15〜20巻程でサーフェスウイング95Fをデッドスローでロッドの角度を変えながらドリフトさせていきます。
今回使用したロッドはALLWAKE110SUPERMULTI。もうすぐ発売予定のALLWAKE105POWERFINESSEプロトロッドと検証するために使用しました。
ロッドのパワーが問題ないのは承知のことで、11ftのロッドを使用するメリットが飛距離を出せること。
1mでも2mでも飛距離を稼げればバイトチャンスが増えるこのポイントはロングロッドか有利となり、以前はALLWAKE105MULTIを使用していました。
86FINESSEのティップを融合させたALLWAKE105POWERFINESSEではPEライン0.8号にリーダー16lbのラインシステムで飛距離も稼げるし、更に繊細な遠距離戦を楽しめると思っています。
こちらはこれからのFSで展示させると思いますので、ご都合の宜しい方は是非足を運んで頂ければと思います。
話はそれましたが、ALLWAKE110SUPERMULTIを使用した遠距離戦は沖のシャロー帯でサーフェスウイング95Fをロッドの角度を変えながらドリフトをかけていると、引っ手繰るバイトとともにかなり強い引きで根に突っ込もうとするので、ロッドを立てて対応。
最後の最後まで引きを堪能させてくれたのは、自身初の尺メバル‼︎
今まで29.5とか7とか8とか毎回毎回、30を超えることが出来なかったけど、令和二年富山での初釣りはメバルの自己記録更新からスタートすることが出来ました。
しかもこんな悪条件での釣果だったから尚のこと嬉しく、いつも以上にシャッターをきったかもしれません笑
今年も暖冬の影響でホタルイカの接岸が懸念されていますが、こればっかりは足を運んでみるしかなく、メバルは春告魚と書くくらいなので海の中は春に近づいてきているのかもしれません。
以前インスタやFacebook等のSNSにアップしたのですが、ホタルイカパターンではサーフェスウイング95Fはもちろん、プチボンバー70SS、2月にリリースされる予定のぶっ飛び君75Sなどで今まで以上の攻略が出来ると思っています。
もちろん、発売予定のALLWAKE105POWERFINESSEとの相性も抜群ですので併せてご使用頂ければ100%以上のパフォーマンスが出来ると思っています。
これから本格的に始まるホタルイカパターン。
是非、JUMPRIZEアイテムで楽しんで下さい。
素敵な魚に出会えますよ〜‼︎

JUMPRIZEテスター