JUMPRIZE

ジャンプライズ公式サイト

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • Ameblo

2020年

7月

16日

モニター イ・ハヌル氏のレポート

皆さんこんにちは。韓国スタッフのスカイです!
最近釣りに行けていませんでしたが、先日ヒラマサ狙いでオフショアに行ってきました。
出船した日は風、波が強くかなり揺れていました。
ポイントに到着し、MONSTER Absorber 82/4 Power Castingでキャスティングを始めました。
早朝からヒラマサとブリが反応を見せ始めます。
久しぶりにオフショアキャスティングで反応が出たのでとても興奮しました。
サイズは大きくないものの、何度もチェイスしてきます。
私が多く使用するルアーの長さは180~200mmですが、この日はLALAPEN150F・165Fのようなサイズのルアーの反応が良かったです。
サイズは大きくありませんが数々のヒラマサとブリに出会え、80cm級のヒラマサにも出会えたので良かったです。
早朝から午後まで粘り強く反応が出てくれてとても楽しむことができました。

いつも読んでいただきありがとうございます。
次の釣行もお楽しみに!

 

JUMPRIZEモニター 

イ・ハヌル

 

2020年

6月

18日

モニター イ・ハヌル氏のレポート

皆さんこんにちは。韓国スタッフのスカイです。
韓国ではヒラスズキのシーズンが終わろうとしています。
終わりを迎える前に、5月は毎週のようにヒラスズキを狙いに行ってきました。
キャットキャップとウェットスーツを着ているので写真だけ見れば同日の様ですね。
5月中2回の釣行では全部80㎝オーバーのヒラスズキに出会うことができました。
1回目の釣行でキャッチしたヒラスズキは、岩と岩の間の道のようなラインをPOPOPEN95Fで攻略しました。
岩の隙間で何度かアクションさせると、すぐにヒラスズキが追って来るのが確認できました。ヒラスズキの強烈なエラ洗いを何度もされましたが、フックがしっかりと刺さっていたので難なくランディングできました。
2回目の釣行では初め、サラシのできるタイミングを待ってあちこちポイントを探してみましたが、中々反応がありませんでした。
そんな中、遠くに見えるポイントにPOPOPEN95Fをキャストしました。
特別なアクションは加えず、サラシが生じたタイミングで波に流されるようなイメージで操作しました。するとトップでヒラスズキがバイトしてきました。
今回もしっかりフッキングできていました。やはりトップでのバイトは迫力があり楽しいです。
POPOPEN95Fのカラーバリエーションはもちろん全て良いのですが、中でも「シラスの切り札」は本当に最高です。
今シーズンはPOPOPEN95Fのおかげで沢山の魚に出会えました。
皆さんも是非一度使ってみてください。
読んでくださってありがとうございます。
次の釣行もみなさんに良い報告ができるように頑張ります。

 

JUMPRIZEモニター 

イ・ハヌル

2020年

5月

21日

モニター イ・ハヌル氏のレポート

皆さんこんにちは、韓国スタッフのスカイです。
昨年はこの時期対馬を訪れましたが、今年はCOVID-19の影響で行けなくなってしまい非常に残念です。
先日二泊三日で、釣行へと行ってきました。
初日は明け方から雨が激しく、かなり厳しい状況でした。
サラシができるポイントを探すためにあちこち移動して打つものの、ヒラスズキは簡単には出てきてはくれません。
ポイントを移動中、サラシが濃く岩がまばらに点在するところがありました。
ヒラスズキが居付くには丁度良いところです。
今回使ったルアー-はぶっ飛び君95Sです。
雨風でキャスティングが難しい状況でしたが、ラインにある程度テンションをかけてあげてドリフトすると、すぐに確かなアタリがありました。
やはりぶっ飛び君95Sは向かい風でも飛距離が出せるルアーです。
サイズは出ませんでしたが、自分のイメージ通りに釣ることができたのでとても嬉しかったです。
二日目は幸いカンカン照りの良い天気でしたが、風がなくサラシの生じるところが非常に少なく厳しい状況でした。
長時間待ち、良いサラシが出たタイミングでぶっ飛び君95Sをキャストすると今度は良いサイズのヒラスズキに出会うことができました。
岩間が多くランディングが難しい状況でしたが、何とかキャッチする事ができました。
風の方向とラインのテンションをどれくらい掛けるのかによって狙う方向、レンジなどが変わってきます。
ぶっ飛び君95Sを使用することにより、ドリフトなど自由自在に操作可能で幅広く釣りを楽しむことができるで、皆さんも是非試してみてください。
今回の二日間の釣行で、更にぶっ飛び君95Sの多様な魅力を感じることができました。
次回の釣行も楽しい内容をお届けできるよう頑張ります!
読んで頂きありがとうございました。

 

JUMPRIZEモニター 

イ・ハヌル

2020年

5月

18日

モニター イ・ハヌル氏のレポート

皆さんこんにちは。韓国のスタッフSKYです!
春になり暖かい日が多くなり、薄着でも大丈夫な季節になりましたね。
サイズが大きいヒラマサがいるとのニュースを聞き、船上ジギングとキャスティング釣りに行ってきました。
Monster Absorber Jigging 60/3を使用し、ジグは150g〜200gまで使用しました。
午前中には、全く反応がありませんでしたが、午後になるとヒラマサではありませんでしたが、サイズの良い青物が何匹か出てきてくれました。
今回は釣りが初めてである友人と一緒の釣行でした。Monster Absorber Jiggingロッドの使用方法、アクションを与える方法など説明し開始しました。ジグの重量は180gを使用しました。思ったより難しい状況でしたが、サイズの良い青物が一匹出てきてくれました!
初めてのジギング釣り。Monster Absorber Jiggingロッドで釣った人生最初の釣果をとても喜んでいました。みんなでお祝いしました。
最終的にヒラマサは会えませんが、次回の釣行で出会えることを楽しみに終了しました。
終了後、友人にMonster Absorber Jigging 60/3ロッドの使用感について尋ねました。初めての釣行の為不安でしたが、アクションをうまく与えることができ、また無理なくランディングもでき、本当に安心して使用することができたとのことでした。やはり初心者が使っても良いロッドですね!
みんなで釣りを楽しみ、とても良い思い出となった釣行でした。
また皆さんに嬉しい報告が出来るように頑張ります。
読んでいただきありがとうございます!

 

JUMPRIZEモニター 

イ・ハヌル

 

2020年

3月

27日

モニター イ・ハヌル氏のレポート

みなさんこんにちは。韓国スタッフのSKYです!
本当に暖かくなりましたね〜。今回の釣行はPOPOPEN95Fのおかげで、とても楽しい釣行になりました。
初めてPOPOPEN95Fを使用した時、思ったよりアクションが難しく感じ、使用頻度があまり多くありませんでした。しかし、今回の釣行でその気持ちは変わりました。
サラシが生じる注ぎ口を発見し、近くにルアーを着手させた後、ドッグウォークアクションをしました。
水面上にヒラスズキが姿を現しましたが、大きく反応せずに通り過ぎて行きます。
もう一度アクションを与え反応はあるものの、ルアーを飲み込むことができず通り過ぎていきました。実際に水面上で反応する瞬間を見ると、胸がドキドキしました。
数回のキャスティングでプレッシャーを与えられたので、後で再攻略することにしました。
時間がある程度経ってからもう一度反応を見せたポイントを攻略してみました。
今回は本当に集中してアクションを与え、合間にステイをしました。
反応していたポイントを通り過ぎる瞬間POPOPEN95Fに強力にヒットしました。実際に水面上で反応する瞬間を初めて経験し、とても興奮しました。
結果POPOPEN95Fで初ヒラスズキに出会うことが出来ました。
なぜ多くの方々がPOPOPEN95Fが好きで、沢山使用しているかわかりますね。
やっぱりPOPOPEN95Fはすごいです!本当に楽しい釣行でした。
信頼して使用できる大好きなルアーがまた増えました!
次の釣行も楽しい釣行にできるよう頑張ります。
読んでいただきありがとうございました。

 

JUMPRIZEモニター 

イ・ハヌル

2020年

1月

23日

モニター イ・ハヌル氏のレポート

皆さんこんにちは。韓国スタッフのSKYです!
年末と年明けにヒラスズキとヒラマサ船上ジギング釣りに行ってきました。
久しぶりの2泊3日の釣行でしたが、天候が急激に悪くなり、釣りを行うにはとても悪条件な気候となりました。
気象を確認した結果、最後の日を除いては、デイゲームをするにはあまり良い気候とは言えず、そんな厳しい状況の中で釣りは行われました。
釣行最終日には風が強く吹き、キャスティングやルアーを操作することが容易ではありませんでした。よって根がかりも少なく、正確なフッキングが可能なシングルフックを使用したぶっ飛び君95Sを主力に使用しました。
数回のリーリングで当たりがあり、本当にかわいいサイズのヒラスズキが上がってきました。
今回の釣行は、天候にも恵まれず、良い釣果は出せませんでしたが、それでも私は、自分で考えたポイントやルアーでヒットがあると、サイズ関係なく釣りを楽しむことができるのだと思いました。
2020年1月1日新年を迎えて、日の出とともに釣りを始めました。
先日発売されたMonster Absorber Jigging 60 / 3を主力に使用しました。
ロッドの柔軟さのおかげで一日中使用していても疲れることなくアクションを与えることができました。ランディング時のリフトパワーもとても素晴らしいと思います。
Monster Absorber Castingロッドも良かったのですが、Monster Absorber Jiggingロッドも同じくらい良いロッドだと思います。
新しい年、皆さんがたくさんの福を受け、健康で安全に楽しい釣行ができますようお祈り申し上げます。
読んでいただきありがとうございました。

 

JUMPRIZEモニター 

イ・ハヌル

 

2019年

12月

27日

モニター イ・ハヌル氏のレポート

みなさんこんにちは、韓国スタッフのSKYです。
いよいよヒラスズキのシーズンがやってきました。過去ヒラスズキシーズンには対馬を中心の釣行でしたが、今季は韓国の済州島で釣行を開始しました。
今までのヒラスズキはデイゲームがメインでしたが、今回の釣行ではデイゲームとナイトゲームの両方を試してみることにしました。
サラシが形成されているポイントが多く、ヒラスズキに出会う確率が高いのではと思いましたが、状況は非常に困難でした。
複数のポイントを移動してみましたがベイトは全く見えません。
一緒に行った一行にショートバイトが入りました。ショートバイトが入ったポイントにキャストした後、ゆっくりとリーリングしていると、その瞬間!爽快なアタリが入ってきました。本当に久しぶりに受けたアタリに興奮していましたが、Al Wake106MonsterBattleLimitedを使用していたので、強く優しいランディングができました。
デイゲームで初めて受けたアタリに初めてヒットしたヒラスズキは70cm級のナイスフィッシュ。久しぶりに出会うことができ、とても嬉しかったです。やはり銀色の姿が格別です!
デイゲームに慣れて初めて試みるナイトゲームは簡単ではなく、一緒に釣りをする一行の助けをたくさん受けました。
数回のキャスティング後、手にとても強力な感じが伝わりました。
とても緊張している状況ではありましたが、用心深く慎重にランディングしました。
初めてのナイトゲームで、なんと95cmものヒラスズキに出会えたのです!

とても嬉しく口がふさがらなかったです。とても運の良い一日でした。
最後の日、AllWake80Power Fines(プロトロッド)とAll Wake 86 Finesseでメバルとギンガメアジを釣ることができました。どちらのロッドも弾性が良くメバルとギンガメアジを簡単にゲットできました。
今回のヒラスズキシーズンのスタートはとてもに良いようです。
次の釣行でもみなさんに良いご報告ができるよう頑張ります。
読んでいただきありがとうございました。

 

JUMPRIZEモニター 

イ・ハヌル

2019年

12月

27日

モニター イ・ハヌル氏のレポート

こんにちは、皆さん。韓国スタッフのSKYです。
今はヒラマサのシーズンです。今回もヒラマサゲームを楽しみたく、行ってきました。
その日は、メートル級サイズのシイラが逃げ合い、あちらこちらでヒラマサがいる様子を簡単に見ることができる日でした。
ヒラマサの活性があまりにも良くて、ポイントを移動する度にアタリを簡単に得ることができました。
秋のシーズン。ヒラマサの力が強くなり、体力を多く必要としますが、私の主力タックルのMonsterAbsorberのおかげで楽しみながら釣りすることができました。
毎回MonsterAbsorber 82/4を使用する度に思うことは、使用すればするほど、非常に満足度の高いロッドだということです。
キャスティング時の揺れが少なく、ルアーを希望の方向に簡単に投げることができ、ランディング時に強い力を吸収しコントロールできるので、長時間使用しても大きな無理がありません。
この日も、メートルオーバーサイズのヒラマサに複数匹出会いましたが、MonsterAbsorberの強力なパワーのおかげで、無理なくランディングできました。
まだMonsterAbsorber Casting Rodを使用していない方は、是非一度使用してみてください!
今回は目標だった大型ヒラマサに出会うことができず残念でしたが、とても楽しい釣行でした。
次の釣行では皆さんに良い報告ができるように頑張ります。
読んでいただきありがとうございました。

JUMPRIZEモニター 

イ・ハヌル

 

2019年

10月

29日

モニター イ・ハヌル氏のレポート

皆さんこんにちは。韓国のスタッフSKYです。
今回も前回の釣行と同様、ヒラマサのオフショアキャスティングゲームに行って来ました。

台風の影響でうねりが激しかったですが、モンスターアブソーバーの柔らかいティップのおかげでルアーをアクションさせやすかったです。
そんな中、誘い出しでヒラマサを狙っていると、いきなりヒラマサが海面を割って出て来ました。
ドラグ負荷を約9kg程度に設定していましたが、あっという間にラインを数メートルも出されてしまいましたが、モンスターアブソーバーはヒラマサの強烈な引きもバット部分が非常に強いため、しっかりとロッドが魚をリフトとコントロールしてくれました。
女性でもとても楽にファイトすることが出来ました。
そして船まで寄せてランディングし計測してみると、何と131㎝もありました!!
またしてもモンスターアブソーバー82/4で自己記録のヒラマサを釣ることができました。

その後はヒラマサをかけることは出来ませんでしたが、この1匹で十分満足のいく釣行でした。

次の釣行では今回より大型のヒラマサを釣る為にMONSTER Absorber Casting 82/5 Power を使って頑張ります!

JUMPRIZEモニター 

イ・ハヌル

2019年

9月

10日

モニター イ・ハヌル氏のレポート

皆さんこんにちは。韓国のスタッフ、SKYです。
今回の釣行は、オフショアで大型ヒラマサを狙いに、南海岸に4日間行って来ました。
4日間を通して天気が悪く、風もたくさん吹きキャスティングがしにくい状況でした。
MONSTER Absorber Casting 82/4 のおかげでキャスティング時のブレが少なく、狙った場所にしっかりと飛ばすことが出来ました。ルアーはLALAPEN 165と200を使用しましたが、個人的にLALAPEN200は重量があるため他のロッドだと投げにくかったのですが、MONSTER Absorber Casting 82/4はキャストもしやすく、飛距離も十分に出すことが出来ました。
釣行1~2日目は、目標だった大型ヒラマサには出逢えませんでしたが、数多くのブリやヒラマサを釣ることが出来ました。
釣行3日目、釣りを始めて直ぐに、112cm・14kgのナイスサイズのヒラマサを釣ることが出来ました。
釣行最終日、膨らむ期待のなか、キャストを続けていると、ついに大型のヒラマサを反応させることができました。MONSTER Absorber Casting 82/4 Powerで魚に強いプレッシャーをかけることで、いつもよりもファイトタイムを短縮することが出来ました。
あがってきたヒラマサは、126cm・18.5kgもありました。

ヒラマサキャスティングの自己最高記録です!
ジャンプライズのおかげでヒラマサキャスティングの自己記録を釣れて、すごく満足のいく釣行でした。一緒に乗船していた方も喜んでくれて、忘れられない思い出が出来ました。
皆さんも是非、MONSTER Absorber Casting とLALAPENで大型ヒラマサを釣って下さい。
韓国は今、本格的なヒラマサシーズンです。
次の釣行も良い魚に出逢えるように頑張ります!

 

JUMPRIZEモニター 

イ・ハヌル

2019年

8月

09日

モニター イ・ハヌル氏のレポート

皆さんこんにちは。 韓国のスタッフSKYです。
今回は船上からオフショアキャスティングとジギングでの釣行をレポートします。
この日は霧が濃かった為、周りには他の船がほとんどなく、余裕をもって釣りを始められました。
今回がMONSTERABSORBER CASTING 82/4 での初釣行です。
数十回のキャスティングをした結果、キャスティング時の揺れの少なさやキャスト方向の正確性、飛距離も非常に良く、ランディングする際も軽く持ち上げてコントロールする事が出来るなど、とても優れたロッドだと思いました。
このロッドにより、LALAPEN150F/165Fのダイビングアクションもスムーズに出来ました。
何回かのキャスティングでカラフルな魚体が魅力的な数匹のシイラに出会えました。MONSTERABSORBER CASTING 82/4で軽く抑えながらのランディングです。
あちこちポイントを移動してみても、シイラが余りにも多く、このままキャスティングでヒラマサに出会う確率が少ないのではないかと思い始めました。
そこで、キャスティングをやめ、モモパンチ45gを使用して、ジギングを試みることにしました。モモパンチを様々なアクションで魚にアピールしてみました。 その瞬間!!突然手にずっしりとしたアタリが伝わってきました。サイズが大きくなくても、ヒラマサの力を感じることができました。
良い状況ではありませんでしたが、モモパンチに反応してくれて嬉しかったです。
ジャンプライズの新たなロッドとルアーのおかげで楽しい釣行ができました。
次の釣行では、さらに良いサイズの魚に出会いたいです。

 

JUMPRIZEモニター 

イ・ハヌル

 

2019年

7月

03日

モニター イ・ハヌル氏のレポート

こんにちは。 韓国のSKYです。
今回の釣行で私の初のヒラスズキシーズンが終わりました。
まだ実力不足ですが、今回のシーズンを通して色々な経験ができました。
初めてのヒラスズキシーズンをジャンプライズと共に過ごすことができてとても嬉しかったです。ありがとうございます。
今回の釣行の一番の特徴は前回と同じくアラに出会えたことです。
もうはやRockfish専門のメーカーと言ってもいいくらいですね^^
ジャンプライズの色々なルアー、ぶっ飛び君95S, SURFACE WING95F/120F, BABYRowdy 95Sなどで多くのアラに出会えました。対象魚のヒラスズキに出会えるのも良いですが、アラたちがジャンプライズのルアーにしつこく寄ってくる様子を見ていて興味深く感じました。
アラを後にして前回の釣行でヒラスズキにバイトをもらったポイントに移動してみます。
このポイントは胸ぐらいの水深を通してキャストするとヒラスズキに出会える可能性が高まる所です。ジャンプライズのウェットスーツのおかげでより色々なポイントに移動することができ幅広く攻略できる機会が増えてきました。
まずぶっ飛び君95Sを使って攻略してみましたが反応がなく、より深い水深層を攻略できるかっ飛び棒130BRに入れ替え。かっ飛び棒130BRの優れた飛距離を利用して遠くの岩近所を攻略してみました。何回かのリーリングの後バイトがありました。フッキングもちゃんとできないままランディングし始めました。フッキングをちゃんとしていないからか、ランディングの最後に針が抜けてしまいました。何十回かのキャスティングでようやく出会えたヒラスズキだったのでとても残念でした。
サイズの良いヒラスズキをばらしてから最後にもう一度バイトを感じました。サイズは大きくありませんでしたが、対象魚のヒラスズキに出会えて良かったです。
風と波に打たれながらも良いポイントを探すためにずっと歩き回ったり、状況に合うルアーをチョイスするために考え続けたりするなど色々な状況を通してヒラスズキに出会えるのがヒラスズキ釣りの一番の魅力ではないかと思います。
次のヒラスズキシーズンが楽しみです!
長い文章お読みいただきありがとうございました。

 

JUMPRIZEモニター 

イ・ハヌル

2019年

6月

05日

モニター イ・ハヌル氏のレポート

こんにちは。 韓国のSKYです。
今回の釣行は三日とも雨の中での釣りになりました。強い風と雨、波などベイトフィッシュが直接見えないだけで、状況的にはヒラスズキが必ずいそうな良い状況でした。こういう良い状況はなかなかないので期待を胸に釣りを始めました。しかし良いポイントで色々なルアーを使って攻略してみても全く反応がありません。やはり状況が良いと言って簡単にヒラスズキに出会えるわけではありませんでした。
午後に同行した一行の一人がペンシルでブリを釣ったという話を聞いてポイントを移動しました。なるべく遠く離れた所でLALAPEN125Fをキャストしました。何回かのキャスティングとアクションの後、良いサイズのブリをヒットしました。ショアキャスティングで70cm程度のブリが釣れたので嬉しかったです。
2日目は新しいポイントの探索に。普段から好きなSURFACE WING120Fを使って何回かのリーリングの後、ドンとするバイトと同時にヒット!ヒラスズキではありませんでしたが、アラに出会えました。韓国ではなかなか出会えない魚種なのでとても嬉しかったです。写真を撮ろうとすると、アラの口の中に20cm程度のアジが見えました。それでベイトフィッシュとしてアジがいることが確認できました。
BABY Rowdy95Sでロッドを下げ、もっと深い水深層を狙ってみます。サイズの良いムラソイとカサゴが釣れました。シャンプライズのルアーは ロックフィッシュの専門ブランドと言っても良いぐらい釣れます^^
最終日は釣行に同行した知り合いが良いサイズのヒラスズキを釣ったポイントに移動してみました。飛距離が良いぶっ飛び君95Sを岩の近くにキャスティングしてみます。ルアーが水面に当たるころ、カリカリっとする感じが伝わってきました。ルアーが岩にこすれたからなのかバイトなのか紛らわしく思った瞬間水面上でヒラスズキがルアーを吐き出すのを見ました。残念ながらもフッキング失敗!
その後、もう一回ヒラスズキをヒットしましたが、ランディングの途中に針が抜けてしまいました。こうしてもう一回のチャンスを無くしてしまいました。
ルアーをSURFACE WING147F にローテーションしてからもう一回攻略してみました。岩から遠く離れた所でバイトがありました。今回はヒット!ヒラスズキではありませんでしたが、サイズの良いマルスズキに出会えました。今回の釣行ではヒラスズキに出会えなかったので残念です。
しかしジャンプライズの色々なルアーでブリやマルスズキ、ロックフィッシュに出会えたので楽しい釣行になりました。
長い文章お読みいただきありがとうございました。

 

JUMPRIZEモニター 

イ・ハヌル

2019年

5月

10日

モニター イ・ハヌル氏のレポート

こんにちは。韓国のSKYです。
いよいよJUMPRIZE Rock Shore Battle Suitsでの初釣行です!
JUMPRIZEのWetsuitsはたくさんのキャスティングや多様な動きを考え制作されているので、以前に着用していた wadersより非常に安定的で動きやすかったです。
初めてのWetsuitsでの釣行は嬉しかったのですが、天気はヒラスズキを狙うに相応しくない状況でした。天気が良くないため、以前のポイントでの攻略が難しく、風の方向を考え新しいポイントを探ってみることにしました。
新しいポイントは大小の岩があり複雑な地形であったので、十分ヒラスズキがいそうなところだと判断しました。しかしベイトフィッシュは全くありません。
色々なルアーとアクションで色々なポイントを攻略してみましたが、やはり簡単ではありませんでした。
そんな中、 BabyRowdy95sでゆっくりリーリングしたところ、サラシが徐々になくなるところでドン!とバイトがありました。エラ洗いをする、やはり素敵なヒラスズキでした。
サイズは小さめでしたが、今回に初めて使ってみたALLWAKE106MONSTERBATTLELIMITEDの強いコントロール力と丈夫でありながらも柔らかいというグリップ感を感じることができました。
今回三日の釣行の間、とても穏やかな天気であったので良いサイズのヒラスズキには出会えませんでしたが、新しいポイントを探るなど色々なことが学べてとても楽しかったです。
お読みいただきありがとうございました。

 

JUMPRIZEモニター 

イ・ハヌル

2019年

4月

15日

モニター イ・ハヌル氏のレポート

こんにちは。韓国のSKYです。
今回の釣行はSURFACEWING 120Fの威力を改めて感じた機会になりました。
ポイントを一生懸命探りましたが、海鳥やベイトフィッシュが見つからない厳しい状況でした。
遠くに良さそうな地形のポイントもありましたが、まずは近くにあるポイントから狙うことにしました。
色々なルアーで試しましたが、反応が全くありませんでした。

それで、再度ルアーローテーション。
選んだルアーは前回の釣行でもいい釣果を出してくれた、Surfacewing120F!
近くの大きい岩の前方にルアーをキャストし 、何回かリーリングの後、強いバイトを感じました!ヒットです!いいサイズの77cmのヒラスズキを釣りあげました。
厳しい状況の中で期待していなかったため、とても嬉しかったです。

翌日、前夜より風が弱めになり、朝マズメに新しいポイントを探し移動しました。
前日と同じくベイトフィッシュは見つかりません。
近くに大小の岩が多く、ヒラスズキが十分に居そうな地形のポイントを攻めました。
ルアーは今日も信頼の Surfacewing120F!
角度を少し下げ、普段のリーリングよりゆっくり巻くことに意識を集中しました。
ルアーが岩の端から岩の中間地点を通る瞬間、重いバイトのヒット!
ヒットの興奮も束の間、ヒラスズキが水面上で軽くエラ洗いをしてすぐに岩の隙間に走ってしまいました。
ラインが岩に触れている状態だったので、ラインが切れるかもしれないと思い、すごく緊張しました。
速めにランディングせず、ベールを開け、ラインを送り出すよう余裕を与えたら、運よく81cmのヒラスズキに出会えました!
厳しい状況でグッドサイズのヒラスズキが釣れてとても嬉しかったです。
今回の釣行では、すべて近距離からのバイトだったので、飛距離に弱い私には良い機会だったと思います。
次の釣行でも良い内容を皆さんに紹介できるよう、頑張ります。
長い文章読んでくださってありがとうございました!

 

JUMPRIZEモニター 

イ・ハヌル

2019年

4月

12日

モニター イ・ハヌル氏のレポート

JUMPRIZEのファンの皆さん、はじめまして。韓国スタッフのSKYと申します。
この度、JUMPRIZEのスタッフとして皆さんに挨拶をすることができて、とても嬉しく思います。
本日は2月はじめの釣行についてレポートします。
大好きなヒラスズキを探し、三日間の遠征を計画していましたが、初日は天気も良く穏やかな海だったので特に釣果はなく、二日目も同じ状況でした。
その中でもいい地形のポイントをめぐり、ベイトを探りましたが、なかなか釣れません。
午後になり、若干波が上がってくる状況で前方に長く出ている沖の根の周辺が良さそうだったので、そこをサーフェスウィング147Fで狙いました。
いいタイミングで正確なキャスティングが必要とされる状況だったので、何回かのキャスティングを経てやっと当たりがありました。
ヒラスズキの特性であるエラ洗いはありませんでしたが、厳しい戦いの末に姿を現したのは、いつか釣ってみたいと思っていたクエです!
45cm程でそこまで大きいサイズではありませんでしたが、とても嬉しかったです。
そこからは移動せずルアーのローテーション。少し深いレンジを狙い、もう少し小さなルアーで狙うために、サーフェスウィング120Fに切り替えます。
その後またヒット!先程と同じようなサイズのクエでした!
連続ヒットに興奮の中、まだほかにも魚がいるかも知れないという気持ちで今度はBABY Rowdy 95Sに切り替え、慎重にキャストをするとまたしてもヒット!
少し小さめのクエでした。同じポイントで3連続もクエのヒット!

そして最後の日、前夜から吹いてくれた風のおかげで、いよいよ良い条件が揃いました。
風の方向を読み、入ったポイントではサーフェスウィング120Fを使用。
何回かのキャスティングで途中まで来たルアーが沈み根に差し掛かると、強烈なバイト!
そのあと、すぐに派手なエラ洗いがあり、それでヒラスズキだと確信しました。
あっという間だったけど楽しいファイトの末に60cmオーバーの素敵なヒラスズキを釣ることができました。

移動中、浅い地形の磯の前方にいる海鳥の様子でベイトフィッシュを確認し、良さそうなところにエントリーを開始。
今回は少し距離があったので、ぶっ飛び君95Sを利用して、もう一度ヒット!また65cm程度のいいサイズのヒラスズキでした。
足元の方は浅く、大きい沈み根が多かったので危険ではありましたが、無事に釣りあげることができました。
厳しい天気で波も掛かったり、簡単ではない釣行でしたが、クエとヒラスズキを釣ることができたので、とても満足できる釣行でした。
もうすぐヒラスズキ釣りに絶好の春のシーズンがやってきます。
今度はさらにいい内容で皆さんにお会いしたいと思っております。
お読みいただきありがとうございました。

 

JUMPRIZEモニター

イ・ハヌル