• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

モニター熊五郎氏の釣果報告

皆さん初めまして。ジャンプライズモニターの熊五郎こと、唐沢良太です!
2012年の釣り初めに南伊豆へ仲間とヒラスズキを狙いに釣行しました。
その際にロウディー130Fで結果を残すことができましたので、ご報告します。
この日は潮変わりと朝マヅメが重なっており、そのタイミングに勝負をかけてポイントへ向かいました。
前日の時化から波が落ちてくる予報でしたが、予想に反して落ちていませんでした。
なので普段立つ場所ではなく、手前からの釣りになりました。
そこは正面からウネリが押し寄せ、足元にはクリーミーなサラシが広がっていますが、足場が高いうえにその流れは強く、非常に複雑でした。
立ち位置から見て右側に2つの根が張り出しており、サラシが厚くなるタイミングでキャストを繰り返します。
この厳しい状況下でもロウディー130Fはしっかりと流れをつかみ、高い足場でも足元ギリギリまでリトリーブでき、まだ魚を掛けていなくても非常に高い信頼を感じました。
数投の後、引き波を感じてリトリーブを止めステイさせていると、金属的なアタリがあり待望のヒット!!
ウネリの上下動がかなり大きかったですが、仲間の的確な指示にも助けられ何とかランディング成功。
88cm、8.3kgのランカーヒラスズキをゲットすることができました。
このロウディー130Fはリトリーブ抵抗が比較的大きく、流れを感じやすいのが特徴です。
そのため引き波でのステイが行いやすく、強い流れの中でもバランスを崩さないので今ままでのミノーでは攻めきれなかった強い流れの中も攻略が可能であると思います。
私ももっとロウディーを使い込んで、今まで攻略しきれなかったポイントで魚を出して行きたいと思います!!

 

JUMPRIZEモニター

唐沢良太