• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

プロスタッフ岡崎氏の釣果レポート

発売が待ち遠しいジャンプライズの新作『ベビーロウディー95S』
抜群の飛距離・アクション・操作性は、磯のみならず様々なシチュエーションで活躍してくれるプラグです!
僕のメインフィールドとなる福井県『九頭竜川』水系。
川幅も広く、押しの強い太い流れが特徴の河川です。
今シーズンに入りベビーロウディーを実践投入。
使い込んでいくうちにそのポテンシャルの高さがが河川での釣果にフィードバックされてきました!
飛距離はもちろんの事、すこぶるいいなと思ったのが『アクション』
基本ドリフトでの釣りがメインになるので、流れに負けて飛び出してしまうルアーは問題外。
ベビーロウディーは強い流れにも暴れずに、しっかりアクションをしてくれます。
そして、流れのヨレに入るとオートマチックに千鳥アクションを発動してくれ、シーバスに捕食スイッチを入れさせることが可能です。
今までアングラーが意識し、意図的にアクションを加えてきたのが、ベビーロウディーでは勝手にそのアクションを出してくれます。
その秘密はボディー形状にあると思います。
スリムなボディー形状のルアーは飛距離をかせぎ、引き重りを軽減する役目もありますが、ヨレに入ってもナチュラルな千鳥アクションにはなりません。スリムな形状が逆に流れを受け流してしまうからですね。
釣行当日も流れがある河川での使用で、流心の入り間際にバイトが集中。
派手な捕食音から飛び出したのは84cmブリブリの九頭竜ランカーシーバス!
流れを味方につけ、オートマチックに魚に口を使わせる事ができるベビーロウディー95S。
発売後、使った皆さんのニンマリした顔が目に浮かびます(笑)
 
JUMPRIZEプロスタッフ
岡崎好伸