• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

テスター山本氏の釣果レポート

皆さん初めまして!
JUMPRIZEテスターになりました「JJあんちゃん!」こと山本憲一(ヤマモトノリカズ)です!
サーフをメインとした鮃師でJUMPRIZE社公認のサポーターズチーム「JUMPRIZE JUNKIE'Z(通称JJ)」と言うアングラーズチームの代表を務めております。
海とはほど遠い埼玉県に在住しており、週末になるとヒラメを求めてメインフィールドである茨城のサーフに出没する週末限定サンデーアングラーです!
実際私の通い込んでいるフィールドは、サーフからの釣りがメインで一発ランカー狙いと言うよりは40~50cmのアベレージサイズの数を重ねて行くような所ですが、いつかはまぁぼう超えのビッグワン獲りを目標に釣りを楽しんでいます!
サーフヒラメは決して難しい釣りではありません。ビギナーや女性の方でもウェーダーやライフジャケット等の安全装備を万全に整えて臨めば比較的簡単に釣果に有りつけると思いますよ!
昨年ロウディーと出会うまでは他メーカーのルアーを多用していました。

今回は私がロウディーにハマるきっかけとなった釣行の話をしたいと思います。
その日も他メーカーのフローティングミノーやヘビーシンキングミノーをひたすらキャストしまくったが全く当たりが無い・・・
周りの見える範囲でもメタルジグの超遠投による1尾の釣果を確認出来るのみ・・・
ベイトの寄りも無いし手前のストックはほぼ皆無と判断し時合いの釣りに変更!
下げ一杯からの上げ始めに狙いを絞り、それまで暫く休憩しタイミングを見計らって再開!
一番潮が動くゴールデンタイムに時合を期待しキャストを繰り返すが全く反応が無い!
渋いなぁと半ば諦めていた時にルアーケースのロウディーに目が止まり・・・
ならば試しにとルアーチェンジしキャストしてみた!
「バシュ!」
「ヒューン!」
「クルクル・・・」
「チャポ!」
・・・げっ!飛ばない!
それでも何とか第一ブレイク先のサンドバーの上に着水したのでそこからゆっくりとリトリーブ開始・・・
サンドバー上は水深が浅いため「ココココッ」っとリップが砂面を小突いている・・・
かけ下がりから手前の横潮流に差し掛かったところで流れの変化を受け一瞬テンションが抜けた・・・
その瞬間!「ククッ!」っと微かな当たりが・・・
アワセを入れてロッドから伝わってくるヒラメを思わせる手応えに「来たよっ!」っと嬉しさが込み上げて来た。
寄せ波に乗せてサーフにずり上げるとアベレージサイズだが待望の肉厚ヒラメであった!
ロウディーに変えて1投目の出来事で自分の中に感動と衝撃が走ったのを今でも覚えている!
それが記念すべきロウディーでの初釣果であった!
「離岸流、ヨブ、横潮流、かけ下がり、かけ上がり等々」のサーフヒラメでは極当たり前のポイントを「ベイトの付き方、潮汐、潮位等々」の条件からどのように攻めれば効果的なのかを導き出して状況に応じて幾つかのパターンを使い分けることによって、その後の釣行でもイレギュラーアクションが効力を発揮する喰わせのポイントをイメージしながらトレースすることでコンスタントに釣果を重ねることが出来た。
あの予測不能なイレギュラーアクションで誘って、バイトポイントで喰って来た時の達成感が堪らないし何しろイメージしながらの釣りがとても楽しく感じる!
そんな素晴らしいイレギュラーアクションとは裏腹にロウディーの欠点は何と言っても飛距離ではないだろうか?
みんなが口を揃えて言う言葉、「えっ!ロウディー?飛ばないよ!」・・・ですが、キャストの工夫次第で少しは飛距離を伸ばすことは可能です。
私の場合は、ある程度張りのあるロッドでタラシを長めにとり、胴に乗せるような感じで振り抜いています!
偶に信じられないくらいカッ飛ぶことがありますが、あれをコンスタントに出せる様になれば最強なのですが・・・
横風にも滅法弱いですが、それでも第一ブレイクが掘れているような場所なら圧倒的に強いのは間違いないです!
若干の飛距離を犠牲にしても、あの魅力的なふらつきアクションは捨て難いです!
みなさんも少し投げて「飛ばない!駄目だ!」と諦めて2軍落ちさせずに暫く使い続けてみて下さい。
きっと感動の1尾を手にすることが出来ると思います!
今度どこかのフィールドで私を見かけた時は「あんちゃん!」と気軽に声をかけて下さいね!これからも宜しくお願いいたします!

 

JUMPRIZEテスター

山本憲一