• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

2013年

9月

06日

新商品についてのお知らせ

チャートバックパールのみ記載がありません。カラーリングはは他ルアーと同じになります。
チャートバックパールのみ記載がありません。カラーリングはは他ルアーと同じになります。

今後、発売予定の新製品をいくつかご紹介いたします。

まずは、11月末に発売となるRowdy130F Monsterです。

皆様ご存じの通り、JUMPRIZEとして初めて発売したルアーがRowdy130Fでした。

その中で、全国のお客様をはじめ私たちスタッフの釣行時にも思いがけないランカーとの出逢いがありました。

JUMPRIZEスタッフの大川氏は九州の足場の高い磯からの釣りが多く、初めから真ん中のフックは除いて2番を2本という九州スタイルで数多くのヒラスズキやヒラマサなどを釣ってくれていました。

そんな報告をたくさん聞いているうちに、ランカー対応の…というよりもランカーに狙いを絞った2フックモデルのRowdy130Fがあったら良いな!という結論に至りました。

全国のランカーハンターの皆様のために、井上が1から設計をし直しただ2フックに変えただけではないこだわりの1本に仕上がりました。以下、商品説明とスペックです。


発売以来、シーバス業界に大ブームを巻き起こし全国各地で爆発的なランカー捕獲率を誇る元祖リップレスミッドダイバーRowdy130F。
非常に個性的なルアーであり、快適に使用するにはタックルを選んでしまうという一部欠点こそあるものの、一度その爆発力を体感してしまうと手放せない完全実釣主義ルアーである。
外洋のヒラスズキ、サーフからのヒラメ、河川のシーバスゲーム等で大活躍してきたRowdy130Fであるが、その魅惑のアクション&死角レンジの攻略により3フックシステムでは太刀打ち出来ないモンスターとの遭遇も多くあった。
そこで更なるモンスターを目指す為、2番、そして1番フックの2フックシステムを前提に最新の技術で一 からボディー設計。
内部には1.2mm強化エイト環を装備。更なる大物を目指した渾身の設計である。使用するシチュエーションを考え、Rowdy130Fに比べ、レンジキープ力を更に高め、より強い流れの中でも安定させる事に成功。
大物思考アングラーに送る井上友樹の渾身作。
【SPEC】
(全長)130mm
(重量)22g
(タイプ) フローティング
(アクション) 可変ウォブンロール
(レンジ) 80~180㎝±30㎝ ※ロッドアングル45°時
(フック) ST46#2
(対象魚)シーバス全般、ヒラメ、マゴチ、鯛類、青物
 
カラー名:
左上より
#1 クラッシュキャンディーグローベリー
#2 ブルピンイワシ
#3 超フルメッキ
#4 背黒メッキ
#5 リバーベイト
#6 スケイワシ
 
右上より
#7 ピンクパールレインボー
#8 ブルークラッシュ
#10 充血レインボー
#11 ピンクウェーブ
#12 グリーンウェーブ
#13 ピーチゴールド
 
※#9 チャートバックパールがこの中には載っておりません。
また、発売までにより良い製品の為にホログラム変更などが行われる場合がございますがご了承ください。

続いて、同じく11月末に発売となるRowdy130Fの蒸着アルミフレークの紹介です。

蒸着メッキの上から特殊製法のアルミパウダーを噴射してコーティングした少量生産の限定カラー。

以下、商品説明です。

 

ベイトフィッシュが逃げ惑う際の一瞬の輝きや反射光。
これはベイトフィッシュの鱗の内側にあるDNAの構成要素であるグアニン結晶の反射によるものだと言われている。
様々なホログラムの中でアルミの反射はグアニンの反射に最も近いと言われている。ハンドメイドルアーで採用されるアルミ貼りルアーは確かによく釣れる。
実際のところ人間は魚ではないから正確な事は分からないが、フィッシュイーター達がグアニン色素の反射に好反応を示すのであればグアニンの反射に最も近いアルミ蒸着メッキに高品質アルミフレークを噴きつける新しい製法でカラーリングする事でベイトフィッシュ本来の輝きに近い反射を実現出来るのではないかと考えた。
テストでは好釣果を叩き出し、弊社テスター達からあまりに釣れる為、販売してくれとの熱望もあり今回の発売に至った。
今回はロウディー130Fでベイトフィッシュを意識したマイワシ、カタクチイワシ、ピンクイワシの3色の発売となります。定価は通常のRowdy130Fと変わらず2,200円(税別)となります。

#1 マイワシ(蒸着アルミフレーク)画像上

#2 カタクチイワシ(蒸着アルミフレーク)画像下

#3 ピンクイワシ(蒸着アルミフレーク)画像中

こちらは10月~11月に発売となるJUMPRIZEオリジナルコンビリングです。

井上をはじめ、全国のランカーハンターの中では『スナップは使わない』というのが主流となっています。

怪物級のランカーが掛かったとき、強い引き波が抵抗となったとき、その魚の重みの何倍という負荷が結束部分に掛かります。

さらに、直接手に取って見てもらうと一目瞭然ですが、スナップと、コンビリングの溶接リングの太さは何倍も違います。

リーダーに対して金属面が細いとカッターの役割となり、引っ張り合った時に結束部分から切れてしまいます。

他にも、スナップ自体が破損する事も大物狙いの方には経験がある事でしょう。

ルアーフィッシングの最高峰とも呼べる、マグロゲームやヒラマサゲーム、またGTゲームなどでスナップを使うアングラーがいないことが一番の証です。

相手が大物であれば必ず溶接リングとスプリットリングを使用します。

今までも各地のイベントなどでは、スナップとコンビリングの強さの違いをお伝えしてきましたが、溶接リングとスプリットリングを別々に買って作っていた方がほとんどだったと思います。

そのわずらわしさを無くすため、JUMPRIZEでは1からオリジナル設計をして作りました。

現行のリングの中では最強の強度を誇ります。

河川や港湾ゲームでは#3を、磯マル磯ヒラやヒラメには#4を、ショア青物やアカメ、真鯛~60キロまでのマグロまで対応の#5と、幅広いラインナップで発売します。

また、各サイズごとに対応負荷を記載、また皆様に分かりやすいように適合リーダーの表記もしています。

パッケージにも記載がありますが、ランカーハンター専用です!

かけた魚は絶対バラしたくないアングラーの皆様、発売をどうぞお楽しみに♪

 

#3 6セット入り¥350(税別)

#4 6セット入り¥350(税別)

#5 5セット入り¥350(税別)