• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

2013年

10月

21日

モニター山崎氏の釣果レポート

JUMPRIZEスタッフブログをご覧の皆さん、こんにちは。
今月は近年急速に注目度が高まっている道東太平洋の海アメの釣果を報告させていただきます。
私自身、道東のアメマスは初めての試み。
道東は茶路川、釧路川、音別川等、アメマスの名川は枚挙にいとまがない。
自宅から車で片道6時間強、ようやく目的のサーフに辿り着くとそこに広がっていたのは大シケの太平洋…笑
しかし、自宅から6時間強の時間を費やし、辿り着いた道東。釣りをせずに帰るわけにはいきません。
ということで漁港で狙うことに。
でも、皆考えることは同じ。ズラリと並ぶ海アメ狙いのアングラー。
なんとか入れる場所を見つけ、釣り開始。
バイブレーションの速巻き、ジグのリフト&フォールと試してみるも反応なし。
ここでベビーロウディー95Sをセット。
リトリーブ中にバランスを崩し、「フラッ」とイレギュラーなアクションを発生してくれるのがこのルアーの利点の一つ。
当日はこの判断が功を奏し、小型ではありますが数尾のアメマスの顔を拝むことができました。
北海道では初雪も観測し、寒さも本格化してきました。
それと同時に、毎年熱い戦いが繰り広げられる「あめますダービーin島牧大会」の幕開けを待ちわびているアングラーの方も多いことでしょう。
サーフェスウィング120F・147F、ぶっ飛び君95S、ロウディー130Fモンスターという武器が増えた今年の冬はJUMPRIZEルアーがどんなドラマを起こしてくれるのか私も非常に楽しみにしています。
 
JUMPRIZEモニター
山崎翔平