• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

契約プロスタッフ岡崎氏の釣果レポート

季節は11月、今年も残すところ1ヶ月とちょっと!
皆さんこんにちわ、岡ちゃんでございます^^
リバーシーバスも終盤に差し掛かり、最終章といった感じです。
霰混じりの冷たい雨は、河川の水温を一気に低下させ、魚の活性も下げる要因となっています。
活性が下がると、いくら落鮎シーズンと言えども表層までシーバスがなかなか出てきづらくなってきます。
そこで、今回ご紹介したいメソッドがベビーロウディー95Sを使用した中層ドリフト。
レンジは約1m前後、ロッド角度でもう少し潜るこのプラグ。
僕は通常ロッドティップを上げ表層付近を漂わすように使うのですが、
低活性時なんかはロッドティップを下げ、水を噛ませ1mちょっとくらいまで潜行させます。
そのテンションを保ちながらドリフトさせると、表層まで出っきらないシーバスにより近い位置でルアーを見せ、
口を使わせる事ができるようになります。
ちょっとのレンジ差ですが、結構効くんですよ~^^
皆さんも低活性時のリバーでバイトが出ない時はお試しをっ♪
 
JUMPRIZE契約プロスタッフ
岡崎好伸