• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

テスター唐澤氏の釣果レポート

ジャンプライズホームページをご覧の皆様こんにちは。
テスターの熊五郎こと唐澤良太です。
今回は、同じくジャンプライズテスターのキンキンさんとの南伊豆の沖磯への
釣行を報告致します。
沖磯に渡り、水面を確認するとベイトも まばらで、流れもまだまだあまり効いていませんでした。
しかし、朝マズメのチャンスタイムには変わりないので、まずはララペン150Fにて水面をチェック
して行きます。
すると早速2投目にチェイス!!そしてヒットしました!
2度3度と入れ戦闘態勢へ入りますが、その瞬間グリーンの魚体がジャンプし、正体は80cmクラスのシイラでした。
本命ではなかったので少しがっかりしましたが、掛けたシイラの後ろからメーターはあろうかというシイラも確認できたため、ターゲット変更しメーターシイラ狙いにシフト。
引き続きララペン150Fで攻め続けます。
すると、間もなくララペン150Fにシイラが襲いかかりました。
ヒットした瞬間、青物用にセット していたドラグがチチッと少し出されたため、良いサイズだと確信しました。
立ち位置から左に走られると、フカセ師の方がいるので、ロッドのバットパワーを活かし強引に寄せます。
最後は寄せ波にあわせズリ上げ、キンキンさんにランディングをして頂きました。
私自身、ショアからメーターオーバーのシイラを初めて釣り上げたので非常に嬉しい一本となりました。
今回私はPE3号クラス、ルアーウェイト30~100gという標準的なショアジギングロッドで挑みましたが、
ララペン150F、165Fは非常に投げやすく、尚かつキャスト時に他のダイビングペンシルでありがちな
頭を軸としてテールが回ってしまうようなことも少ないので、安定した飛距離を稼ぐことも出来ま した。
この飛距離が安定しているということは、ショアの釣りで最も重要な要素の一つであると思います。
またララペンは、強めのジャークでダイブさせるより、ティップで水の抵抗を感じながらゆっくりとダイブ
させることで安定したZ字のアクションが得られます。
是非、ララペンを使用する際は、優しいアクションを心がけてみてください。
現在盛り上がっている相模湾のキハダゲームや秋のショアマサゲームに是非、ララペンを武器の一つとして
お役立て下さい!!必ず、期待に応えてくれると思います!
 
JUMPRIZEテスター
唐澤良太