• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

2014年

11月

17日

テスター唐澤氏のレポート

ジャンプライズホームページをご覧の皆様こんにちは!
フィールドテスターの熊五郎こと、唐澤良太です。
この時期、私の大好きな釣りの一つとして、オフショアのヒラマサがあります。
そのヒラマサのオフショアキャスティングで良いサイズのヒラマサを2本キャッチすることが出来ましたので、ご報告させて頂きます。
今回の釣行では、ララペン150Fが大活躍でした。
タックルは8.5フィートのキャスティングロッドにPE5号にリーダーがナイロンの100 lbでした。
1本目は釣行の前半、海の状態は凪で非常に釣りがしやすい状態でした。
しかし、少々濁りが入っており陽も陰っていたことから、ララペン150Fのピンクマグマをセットしキャスト開始。
しばらくすると鳥が3~4羽旋回し始めたので、鳥を目がけてキャスト!
ララペン150Fをキャストするには若干ヘビーなタックルですが、気持ちよく飛んで行きます。
丁寧にスローのショートピッチでティップに重みを感じながら引いてくると、一発で水面が炸裂しヒットしました。
水深が10m前後であったため、強引にファイトし相手に主導権を渡さず船べりまで寄せることが出来ました。
ランディングすると9kgのナイスサイズでした。
2本目は、南西の風が強くなりウネリも高くなってきた時でした。
こんな時は、ララペン150Fのフックをワンサイズ大きくして水へなじむようにすることで、ジャーク時の飛び出しを抑えて、しっかりとアクションを出すことが出来ます。
そんなフックチューンが功を制し、バイトを得ることが出来、8kgをキャッチすることが出来ました。
今回の釣行では、凪と時化の状況を 1日で経験することができた貴重な1日でした。
特に2本目のヒラマサは、同じララペン150Fでもフックサイズを変えることで、しっかりとアクションさせることが出来てキャッチすることが出来たと思います。
今回はオフショアでしたが、ショアのヒラマサも既にキャッチされております。
是非、時化の多くなるこれからの時期、通常のセッティングで飛び出してしまうような場合は、フックの大きさも気にしてみてはいかがでしょうか。


JUMPRIZEテスター

唐澤良太