• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

テスター平中氏のレポート

こんにちは! フィールドテスターの平中です。
和歌山県南部では1月下旬頃から春のシーズンが始まる3月中旬頃にかけて産卵の影響か一旦食いが落ち、波の状況が良くても活性が低く食わせにくい日々が続いております。
ですが、それも今に始まった事ではなく例年通りと言えば例年通りなんで、そんな通常ならシーズンオフ的な状況ですが、過去に実績のあるポイントを幾つか回ってきました。
釣行当日は前日の昼頃から低気圧の通過に伴う雨が降り出し、夜半頃にかけて南風が強く吹きました。
朝方には風向きが変わってしまいさほど波も高くならなかったので、朝マズメを絡めてポイントにエントリーします。
早い段階で岸際に付いているであろう魚を取る為ベビーロウディーで際を打っていきますがやはり反応は薄い。
あまり時間はないのですぐさまルアーをぶっ飛び君95Sに交換し沖の瀬周りに広がるサラシめがけてフルキャスト!
ルアーが思っているポイントから数メーターはズレていましたが、着水して巻き始めた途端にヒットしました!
ぶっ飛び君がぶっ飛んだ先でのヒットなんでゴリ巻きファイトでもまずまずのファイト時間になり結構クセになりそうでしたが、寄せてきた所で一気に抜こうとしましたがタイミングが合わずなかなか抜けない。
最近磯でよく掛かるサイズと言えば60cm台や50cmクラスが多いので少々波のタイミングを見図らなくてもブチ抜けるんですが、ファイトの割に目方が乗っている様子。
思いのほかルアーはガッチリ掛かっているようなので、波でズリ上げランディングに成功!
4kgは超えてるかなっていう感じでしたが、ロッドやリール、ライン、ルアー等のすべてに不安要素が全くないので何てことないサイズです。
釣りにくい状況が続きますが、6kgや7kgというサイズも狙えるシーズンなんで心折れずにまだまだ狙っていきたいと思います。


JUMPRIZEテスター
平中竜児