• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

2015年

6月

22日

テスター山本氏のレポート

みなさんこんにちは!
JUMPRIZEテスターの「JJあんちゃん!」こと山本憲一です!
サーフのヒラメ釣りですが茨城もシーズンインして各所で釣果報告があがっています。
日ムラはありますが、ベイト接岸で小祭り勃発!との情報もチラホラと・・・
この日も前日鳥山で賑わったり、釣果実績のあったポイントは、暗い内から駐車スペースが満車状態でした。
毎度の事ですが、自分は出来る限り激戦区を避けて明るくなるのを待ってからアングラーが疎らなポイントにエントリーしました。
波高も若干高く波足も強い状況でしたが、然程濁りも無く釣れそうな雰囲気は十分に感じ取れました。
先ず、ロウディー130Fで前方サンドバーのカケ下がりから足下の第一ブレイクまで期待を込めて慎重に攻めます。
特に最盛期は足下の第一ブレイクでの当たりが一番多く、ヒラメが着いていて高活性の時は難なくバイトして来ますよ。
ロウディー、サーフェスとローテーションして一通り攻めても無反応・・・
ぶっ飛び君95Sにルアーチェンジして遠目からリフト&フォールで広範囲に攻めるも無反応・・・
ならば更にボトムに絞り込みヒラメの鼻っ面をかすめるようにミノ―のボトムノックに近い感じで完全にボトムズル引きに時折若干浮き上がらせるアクションを繰り返すボトムズリズリ作戦に打って出る。
ぶっ飛び君95Sをフルキャストしてサンドバー上に着底後、ボトムを意識してボトムすれすれのレンジをズリズリ動くようなイメージで時折トゥイッチでアクションを加えながらリトリーブする事数投後、巻いている手が止まった!
良型ヒラメ特有の当たり、空かさずアワセを入れると「ズシッ!」とした重量感が伝わってくる!
離岸流に乗っちゃっているから中々浮いて来ない!
「グッドサイズ!」と期待しながら数回のやり取りをして何とかランディングすると・・・「あれっ!」座布団ではなく小座布団サイズでした。
下顎とエラ蓋にがっつりフッキングして完全に横向き状態で離岸流に揉まれていたからサイズの割に重量感が半端無かったです!
それでも十分です!肉厚がありとても綺麗な魚体のグッドコンディションの嬉しい一尾でした!
ぶっ飛び君95Sは、フォールでも良し、巻きでも良し、ボトムズル引きでも良し、飛距離も出るため非常にポテンシャルが高く万人に扱い易い万能で優秀なルアーです!是非お試しあれ!
圧倒的なシチュエーション、その広大な海原に広がる幻想的なシーン!
そんな素晴らしい環境の中で釣りをして仲間たちと盛り上がり、そう言えば先日、熱狂的なジャンプライズフリークのヤングアングラー達からも声をかけて頂き色々と話をする事が出来ました。
・・・やっぱりサーフヒラメフィッシングは楽しいですね!


JUMPRIZEテスター

山本憲一