• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

2015年

10月

13日

テスター山本氏のレポート

みなさんこんにちは!
JUMPRIZEテスターの「JJあんちゃん!」こと山本憲一です!
週末の荒天続きは、何ともサンデーアングラー泣かせですね。
そんな気象が続いていますが、一部の紙面に掲載されたメタルジグプロトで実釣する機会がありましたのでその時の模様を報告いたします。
名称未定と言う事で(フラット専用設計のジグで42gとか圧倒的飛距離のフライング・ジグから)勝手にフラジィ42と呼んでいます!
テールにウエイト配分してありフォール姿勢は、定番の水平フォールではなく、フラーッとバックスライドフォールで何ともジャンプライズルアーらしいアクションを演出しています。
また、42gと言う若干重めのウエイトですが、レクシータ107に十分ウエイトを乗せて振り抜けば楽に100m超えが可能です!
この日は低気圧の影響でウネリも残り波も高いとあって過度な期待をせずにルアーローテーションをしながら手前を広範囲に探るも全く当たりが無く渋い状況でしたが、暫くすると沖合100m程まで潮目が差し込んで来ており「時は来た!」(笑)とばかりにフラジィ42を投入!
フルキャストしたフラジィ42は一直線に潮目を目指してカッ飛び見事狙い目に届いた!(この飛距離は魅力的です!)
着底後の数メートルが勝負とキャストを繰り返す事数投目で明確なバイトがあり合わせるも乗らない・・・リアフックをシングルからトレブルに変更し再度潮目に向かってフルキャスト!
着水後のフォール中にも当たりが多発するので神経を研ぎ澄ませバイトに期待するが不発!と思った次の瞬間巻き始めで「ガンッ!」空かさず合わせると間違いなくヒラメの感触!
110m程先で掛けたため寄せるまでの間はテンションMAX!(ドキドキ!ワクワク!しながら最も楽しい瞬間です!)
最後は寄せ波に合わせてズリ上げると待望の肉厚ヒラメでした!
ここ最近は、飛距離に歩があるぶっ飛び君95Sを多用していましたが、フラジィ42は更にその先の沖合のブレイク(竿抜けポイント)攻略の秘密兵器となるのは間違いないでしょう!
今後製品版までにどの様な改良が加えられるのか?その未知なるポテンシャルに楽しみが増えました!
乞うご期待!ですね(笑)


JUMPRIZEテスター

山本憲一