• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

モニター新田氏のレポート

こんにちは!モニターの新田です。
だんだんと春らしい気候になり、夜も暖かい日が増えてきたと感じます。
もちろん暖かい日には富山県の春の風物詩、ホタルイカがちらほらと姿を見せてくれます。
ホタルイカにタイドが絡めばシーバスが絶好釣‼︎
そんな富山県ホタルイカパターンはサーフェスウイング95Fが超大活躍しております。
投げてゆっくり巻くだけで釣れまくります、笑。
だけど、サーフェスウイング95F以外では一変するようで、全く釣れなくなります。
前回のレポートのクロダイに引き続き、サーフェスウイング95Fでコンスタントにシーバスと30cm手前のメバルが釣れております。
そんな中、いい潮に入ったのでサイズアップを狙うべくタイドグラフと睨めっこ。
サーフェスウイング95Fと自分を信じてキープキャスト。
時計を頻繁に見ながら丁寧にリトリーブしていると、サーフェスウイング95Fが止まる。と同時にいつものサイズとは違う引き。
ズッシリとした重量感がロッドに伝わり、もしかしたら⁉︎という思いが強くなるとともに身体が震える。
何とも言えない久しぶりのドキドキ感を充分に楽しみ手にしたシーバス。
83cm。4kg。
去年はメーターオーバー。今月上旬には93cm。そして、現在サイズが出ていない中でのランカーサイズ。
全てサーフェスウイング95F。
ホタルイカパターンでの必要性が…よりも、間違いなく必要という確信に変わりました。
サーフェスウイング95F。
間違いなく釣れます。
ホタルイカパターン用に作られたのではないかと思うくらいに釣れます。
っていうか、釣れまくります。
ゼヒ、サーフェスウイング95Fでホタルイカパターンを楽しんでみては如何でしょうか^ ^⁉︎

 

JUMPRIZEモニター

新田聖