• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

モニター新田氏のレポート

こんにちは!モニターの新田です。
磯マルを狙いに能登半島へ行って来ました。
同時に、今回の釣行はALLWAKE108MONSTERBATTEL(以下モンバト)のデビュー戦となります。
モンバトの印象は、すごく軽いってことと、リール(13ステラSW4000XG使用)との持ち重り感もバッチリのため、疲れにくく、長時間の釣行もストレスがなくなります。
また、マルチと違い、かっ飛び棒やぶっ飛び君が少しの力で飛距離が出ました。
フルキャストすると、びっくりするくらいの飛距離でした。
そんなモンバトと挑んだ能登の磯マル。
ハイシーズンと休日ということもあり、どこもかしこもアングラーで賑わっていました。
今回はランガンで人がいないポイントを打つことに。
ランガンすること5箇所目。
ユウマヅメからエントリーしたポイントで、2投目にぶっ飛び君ライトのブルピンでのせるも、浮かせることが出来ず根に切られました泣
たぶんかなりいいサイズだったかと…
その後、ぶっ飛び君ライトの背黒メッキとかっ飛び棒130BRレンズキャンディーグローベリーで一本ずつ。
(日没まで時間がなかったので写真はなし。)
2日目朝マヅメは波も落ち、あまり期待出来そうにはなかったのですが、沖の潮の太いところでかっ飛び棒130BRブルピンでフクラギ。
その後、目の前でイワシであろうベイトが1匹飛んだので、そのコースをサーフェスウイング95Fレッドヘッドグローベリーで黒鯛が釣れました。
その後、完全に波も落ち、潮の効きも悪くなったので納竿としました。
能登半島でもJUMPRIZEのルアーやロッドが大活躍しています。
まだまだ終わらない磯マルシーズン。
みなさんも安全には充分注意の上、楽しんでみませんか?

JUMPRIZEモニター

新田聖