• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

プロスタッフ細野氏のレポート

皆さんこんにちは、2017年4月よりフィールドテスターからプロスタッフへ昇格しました細野です。
今後も今まで通りにジャンプライズルアーの使い方等をこのスタッフブログで発信して行きたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。
今回は、釣具のネットショップ「FishToyz」さんのオリカラ、ぶっ飛び95sのアゴピンクラッシュゴールドで釣果がありましたので報告します。
2017年3月24日、FishToyzさんのオーナー青木望美さんが他界されました。
その日も釣りに行く予定でしたけど、深い悲しみから釣りに行く気分にもなれずに悶々としていましたが、望美さんには大変お世話になりましたので感謝と追悼の意を込めて翌日に望美さんが考えたぶっ飛び君95sとかっ飛び棒130BRのオリカラ:アゴピンクラッシュゴールド2本だけ持ってサーフへ行って来ました。
しかし、渋い遠州サーフ…。
かなりランガンしながら変化を撃つが、全く反応がないまま6時間経過しました。
ただ、意外にも心は折れていなく、釣れるまで納竿しない気持ちで再度ランガンして来たポイントを戻りながら丹念に攻めました。
確かに渋いサーフだけど魚は居ない訳ではなく、アングラー側が口を使わすことができていないだけだと思うんです。
ノーバイトの時間が長くなればなるほど攻め方が雑になりがちですので、少し休憩をして仕切り直したり自分なりに気分転換してモチベーションを保たせるのも釣果に影響してくると思います。
少し話が逸れましたが、一度攻めたポイントを再度丁寧に攻めるとフォールからのただ巻きでようやく喰ってきました。
喰い方も最高で丸呑みだったのでこれはバレませんね。
ランディング直後は嬉しさと悲しさが入り乱れ涙が止まりませんでした。
釣行時間にして6時間半。
疲れはしましたがアゴピンで釣れたことが本当に嬉しく、疲れも一瞬で吹き飛びました!
アゴピンクラッシュゴールド。
これからも大切に使って行きたいと思います。

 

JUMPRIZEプロスタッフ

細野真澄