• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

テスター宇野氏のレポート

みなさま、初めまして。
4月より正式にジャンプライズテスターとしてスタッフに仲間入りさせて頂きました隠岐西ノ島在住の宇野 仁と申します。
よろしくお願いします。
ショアからのシーバスをメインにヒラスズキ、マダイやヒラマサ、ブリ、ヒラメ、チヌ、ロックフィッシュのキジハタ、マハタ、メバル、カサゴやアジ等を狙って釣行してます。
4月、5月の隠岐のメインターゲットは主にヒラマサ、ヒラスズキ、マダイ等です。
5月20日土曜日。この日はヒラマサをメインに狙っての釣行となりました。
前日に西の風が強く吹き、若干おさまった南西向きのワンドが絡んだ岬の先端。
ここは対馬海流が当たり流れが速い時は川のように流れるポイントです。
ポイントは丁度良いくらいのウネリと風。
風はほぼ正面ですが、地形が断崖絶壁の為、崖の上に当たった風が下に吹き立ち位置に対してフォローに吹くので、正面からくる風と打ち消し合い、さほど気にならない程度の風となります。
ヒラマサを狙う際は先に話した対馬海流の潮流や風によって作られたワンドから出る潮などが当たる瀬周りと、ウネリで出来たサラシの払い出し、またその複合点や潮目に沿って回遊してくる個体を狙います。
この日はサラシも十分で潮流も瀬に対して緩く当たっており非常にいい状況でした。
ララペン165Fを流れに対してダウンクロスに瀬の潮が当たる側をドリフト気味に攻めていると、いいサイズのヒラマサが足元から出て来てルアーをひったくって行きました。
が、合わせが若干速かったせいかこの魚は乗せられる事が出来ず。
その後、同じ個体かは不明ですが沖からもアタックしてくるも食わせきれない。
仕事前の時間での釣行だった為、半分諦めかけていましたが、ヒラスズキが食ってくる3~5mくらいのサラシが払い出すブレイク沿いを丁寧に泳がしていたところ、ボスッ。でた?
一回チョンとワンピッチでショートに入れてステイさせると、ボシュッ!と吸い込むようなバイト。
魚が持って行くまで待ってロッドを送りながらリーリング&フルフッキング!
合わせた瞬間、浅いエリアだったんで結構なサイズの魚がギラギラっと見えた。乗った!
魚の動きを見ながら大きく追い合わせを2回入れる。
重量感はあるもののさほど突っ込みは鋭くない。
手前まで寄せてロッドのパワーで上がってくるのを待つ。
キワを左にジワジワ持って行ったと思ったら反転して一度いい突っ込みを見せた。
少しドラグを出したが観念して上がってきた。
が、右の行って欲しくないエリアに持って行くんで追従して自分も移動。
自分があげようとしてたところではなかったけど、いい駆け上がりがあるんで波に乗せてランディング。
久々にいい魚に出逢えました。
ヒットルアーはララペン165F。
HRFのremakerとーさんオリジナルカラーアゴペンです。
とーさんいつもありがとう。
計測の結果は107cm、10kgジャスト
隠岐の恵みに感謝です。
Tackle
Rod:ZENAQ DFEE MUTHOS 100H Pencil
REEL:Daiwa SALTIGA 5000H
Main:VARIBAS MaxPower 4号
Reader:Prosele Nanodax 100lb

 

JUMPRIZEテスター
宇野仁