• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

プロスタッフ細野氏のレポート

皆さんこんにちは、細野です。
現在開発中の飛びキング105HSがようやくベールを脱ぎ動き始め、自分もプロトを頂いたのでアクションや飛距離を確かめるためにサーフへ行って来ました。
< タックルデータ >
ロッド:オールウェイク108モンスターバトル
リール:ツインパSW4000XG
PE:1.2号
リーダー:20lb。
※オールウェイク105マルチでも問題なくフルキャストできます。
< 飛距離 >
飛びキングというプロトネームだけあってかなり飛びます。実釣時は風速1~2mで若干の追い風気味。ペンデュラムで一気に振り抜くと最大で141回転でした。
飛行姿勢もかなり良く、綺麗な放物線を描いて飛んで行くのが印象的でした。飛距離を落とす要因にもなるルアーが回転することは一度もなかったです。
< アクション >
先ずは着水からのフォール速度。
メタルジグ並みにストンと落ちるのでボトム感知能力は高いですね。
アクションは中速だとケツを振り、低速ではハイピッチなローリングとなります。
飛びキングはフック無しで44gとウエイトはありますが、レンジキープ力は抜群なので意外とボトムを叩くこともありません。
逆に速く巻き過ぎると浮いてきますのでかっ飛び棒と同様にスローに巻くと良いです。
メタルジグ並み…いやそれ以上の飛距離を出しながら、アピール力もある飛びキング105HS。ぶっ飛び君、かっ飛び棒では獲りきれなかった更に沖の魚を獲る!
フラットフィッシュはもちろん、個人的には冬の伊良湖でのブリに抜群に効きそうなので今から楽しみにしております^_^

 

JUMPRIZEプロスタッフ

細野真澄