• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

プロスタッフ細野氏のレポート

皆さんこんにちは、細野です。
発売を控えた飛びキング105HSですが、遠州サーフでも好調に釣れています。
この日は満潮潮止まり前後を狙ってサーフへ行って来ました。
波はヒザ~モモ、水色は手前は若干の濁り有り、風は微風とサーフ日和でした。ただ、場所によっては海藻が多く、毎投引っ掛かる場所もありました。
先ずは、サーフの基本でもある波の立ち方を見ながら地形を想像し、魚が着きそうなポイントを探します。ある程度ポイントを絞ったら、流れの方向・強さ・水深を把握し飛びキング105HSを投入します。
沖の攻略に飛びキングを使うのですが、意外と手前のファーストブレイクにもたくさん魚が着いているので、最後までミノーのように波打ち際近くまでルアーを引くように心掛けると良いかと思います。
ただ、やっぱり飛びキングでは沖の魚を釣りたいですね(^◇^;)
沖の魚を釣るには飛距離はもちろんですが、アピール力も必要ですね。飛びキングはジグにも負けない飛距離を持ちながら、スイムアクションで広範囲に魚を寄せれます。
使い方はフラット狙いの場合、一度ボトムを取ってからロッドを煽ってボトムを切り、あとはスローリトリーブでタダ巻きです。これで十分です。
今回のマゴチもこのメソッドで沖の流れに流し込むイメージで釣れました。
これから秋も深まり、サーフでの釣りは最盛期を迎えますので、安全第一で釣りを楽しんで下さい。

 

JUMPRIZEプロスタッフ

細野真澄