• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

プロスタッフ大川氏のレポート

2017初レポート
ようやく秋磯開幕の匂いがプンプンする海況に辛抱たまらずついに始動!!
シーズン初の磯釣りというのは何年経ってもワクワクドキドキするものだ。
近年カヤックフィッシングをやっていることもあり、地形はもちろん沿岸のベイトやフィッシュイーターのフレッシュな情報を入手できるようになった。
そこから時化が重なるとどんな状況になるというのは、ロックショアアングラーなら想像しやすいだろう。むしろヨダレもの(笑)
沖近くに9センチ前後のカタクチイワシが大量にスクーリングしており、そこに表層ダツ、トビウオ、それを狙うシイラ、青物というピラミッドが形成されてるエリアやイワシ、コイカなどを捕食しているエリアなどたくさん見つけることができた。
当日は、秋雨前線真っ只中の釣行となり雨の影響が心配だったが、鳥もちらほら見え、潮色、潮のキレ具合もさほど悪くない状況だったと思う。
適度な水深と沈み根が点在する鉄板ポイントから釣り始め、先発ロウディモンスター130Fを投げゆっくり引っ張ると早速シモリ付近でヒラスズキ独特の金属的なショートバイトがあり、引き続き引いてると2バイトでHIT。小さいサイズだったがやっぱヒラスズキはヒラスズキでかっこいい。
魚もたっぷり入ってそうな感じがしたので、その後は同行者にそのポイントを譲り自分はシャローエリアを探り向かった。
シャローエリアの遠距離戦では、ぶっ飛び君95S、かっとび棒130BRの出番となる。これ以上のポテンシャルが高いルアーの存在をいまだ僕は知らない。そのぐらいあらゆる場面で多様することが優秀ルアーだと思ってる。
自分の場合は状況によって細かく頻繁に使い分けるが、この日は風が向かい横風10mぐらいのドリフト日和なので先ずはぶっ飛び君セレクトした。水面を軽く掴む程度にコントロールして引いてくるとショートバイトと即バレが多発したので、すぐにかっ飛び棒130BRに変え、しっかり水噛みよくレンジコントロールするコントロールしてやると連続HIT&CATCHとなった。こんな小さな違いで釣れ方が大きく変わることがあるのでぜひ意識してローテーションしてほしい。
途中、横風でスキッピング状態になったかっ飛び棒にイサキもHITした。
シャローの釣りを十分楽しんだ次はエリアを変え、たっぷり水深がある流れの強い場所で、ミノーやシンペンでゆっくり誘えない時のチャタビー95で瀬の裏を直撃し少し沈めて引くとすぐにHIT!!こんな釣り方もたまにはいい。
かなり足場の高い場所でロウディ95Sをセレクトし、風でドリフトするとしっかりフッキング。足場が高い場所はランディングが大変だが、全てが丸見えなのが面白い。
自分はサイズや数釣りにあまり興味はないが、あらゆるシュチュエーションの釣り場で自然の変化を肌で感じながらうまくフィットさせて釣りができたのが良かったかなと思う。
そんなあらゆる場面でジャストフィットしてくれるJUMPRIZEのルアーラインナップに頭が下がるばかりである。
さてヒラスズキ釣りは、この辺で打ち止めし水面上にベイトの気配が出てきたので青物を狙ってみることにした。
続く・・

 

JUMPRIZEプロスタッフ