• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

プロスタッフ宇野氏のレポート

みなさま、あけましておめでとうございます。今年からジャンプライズプロスタッフとして頑張らせて頂くことになりました隠岐在住の宇野です。まだまだ足りない事は山ほどありますが、皆さんの釣果に刺激されながら、新しい発見、新しい出会い(魚も人も)を追い求めジャンプライズを盛り上げて行けるよう頑張りますので、これからもよろしくお願い致します。
年末年始は久しぶりに釣り三昧な毎日を送ってました。まあ飲みも半端無かったです。毎日7、8人で呑んでは釣りを繰り返してたんでマイレバーも悲鳴をあげてました。
12月は仕事が忙しくほとんど釣りに行けず悶々とした日々を過ごしていましたが、28日に約20日ぶりの釣行!ここまで空くことは年に一回あるかないかです。
この日はウネリが北北西の波3〜4mと高いので少し影になるポイントに決定。
着くと予想通り丁度いいウネリとなり、サラシを形成させている。一カ月前なら間違いなくシーバスが釣れる感じではあるが、バイトもない状況。
流石にこの時期に20日間も離れると海の状況はガラッと変わりますね〜。シーバスは産卵を意識して深場に落ちているようで数がいっきに減った感じでした。
直ぐに狙いをヒラマサに変更。ララペン150Fグローキャンディを潮目に向かってキャスト。風を切りながら潮に絡ませて泳がせてくるといきなり2匹のヒラマサがチェイス。が食わせきれない。すぐさま125Fにサイズを落とす。
左手のサラシの払い出しを狙ったところ90クラスのヒラマサが足元から出てきてルアーをひったくった。食った次の瞬間豪快なヘッドシェイクから、また手前のキワに突っ込む。よし持って行ったと思い、前に出て合わせるも痛恨のすっぽ抜け。前に出た分合わせが遅れました。
悔しさを抑えつつ再度回遊待ちで1時間ほどキープキャスト!
日も上がって来たんでララペン150Fフルメッキ。自分の中では乱反射するんでシルエットが小さく見えてベイトが小さい時でも好反応な気がしてます。
ナチュラルにサラシの払い出しに乗せながら泳がせているとバシャバシャバシャバシャ!とド派手なバイト!じっくり待って持って行ってから合わせると乗りました〜。
があまり引かない。なんだメジロ?上げてくるとやはりメジロ(ワラサ)
だけど強引にやり過ぎないよう瀬ギワでしっかり波が来るのを待ってランディング。70あるなしのメジロをキャッチしました。
この日はHRFの若手のえんどぅ達がくる予定だったので一旦迎えに港まで。
一緒にご飯を食べて再度このポイントにアタックしましたが、青物からの反応はなく一緒に遠征に来たユウキにシーバスがヒットしたのみで終了。
次の日は遅めの出勤でなおかつハードなポイント選定をしたためポイントに着いたのは昼前、丁度潮止まりの時間。この日の潮はほとんど動かず12時から16時近くまでは干満の差がほとんどない。
3人で頑張って投げるもノーバイト、このまま潮が上がるまで待つか迷ったけど、もう一箇所のハードポイントへ上げ潮に向けて移動する事にした。ポイントに到着すると予想通り北側の岬に当たった風と波がいい感じで入って来てる。
足元周りはえんどぅ達にまかせて自分は青物狙い。ララペン150Fにモワッと出た。魚は確実にいる。
しばらくするとまたまたド派手に出るも乗らない。隣で打ってたえんどぅの友達のユウキのロッドが曲がった。よっしゃあ!
上がってきたのはマダイ!本人も初のマダイに大興奮。ほんと良かった!
続いて自分のララペンフルメッキにもヒット!この日もフルメッキが当たりでした。
出方と引きからしてまたメジロ。75くらいのブリブリのメジロをゲット!
続いてえんどぅも上手く食わせて全員安打でこの日を終了。いやーほんと良かった!厳しい状況の中みんな釣れて大満足です。
次の日はまた同じポイントへ。
そこからさらに4、50分ゴロタを歩いてもう一つ北側の岬までいく。
岬に着くとお客さんがグレを狙ってたんで様子を聞くと魚は見えるけど、食わないらしい。おそらくタイミングが合ってないんだろうと思い隣で打たせてもらうことに。
ルアーはロウディモンスターリバーベイト。側面のホロとグローベリー。ブラックバックでコントラストでアピール出来るんで好きで使ってます。
潮は満潮間近、普通に打ってもなかなかスイッチが入らないだろうと思いブレイク、瀬ギワに並行にキャスト。
ブレイクに差し掛かる前に速いアクションでジャークしギラつかせながらポイントに入れ、入ってからは波に乗せてロッドでコントロールしながら瀬ギワを行ったり来たりさせること数投。
後ろから追ってきてガツンとヒット!と同時に波に乗っていい重量感が伝わってくる。じっくり弱らせて徐々にあげてくるとエラ洗い。ヒラスズキだ!足場の高さは約3mちょい。
モンスターバトルなら抜けるサイズだが大事をとってランディングポイントまで誘導する事に。途中海苔で滑るも無事ランディング成功!
同行してたえんどぅが動画を撮ってくれました。えんどぅありがとう。
二人にもこの後、バイトがあったものの上手く乗らなかったみたい。自分も青物に変えたところド派手なバイトをしてきたにもかかわらず乗らずでこの日も終了。
厳しい状況の中でどうにか魚の顔が見れたんでほんと良かったです。
この次の日からは待ちに待ったHRFこうパパさん、 プロスタッフの小泉さんが来島されました。めっちゃ嬉しかったな〜。
一昨年から計画してた西ノ島遠征。
来てくれた人の釣りはみんな見させてもらって勉強させてもらってましたが、小泉さんの凄さに驚かせられました。この難しい状況の中、的確に自分の魚を出しに行くスタイルは流石の一言でした。僕は31日からの3日間魚を出せなかったですが、凄く勉強させて頂きました。夜もみんなで飲んだくれて釣り談義してめっちゃ楽しかったです。小泉さんの釣果はこちらのスタッフブログにもアップされてますので読んで頂けたらと思います。
自分の釣果の模様は以下の動画でもご覧頂けたら嬉しいです。
宜しくお願いします。

 

JUMPRIZEプロスタッフ

宇野仁