• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ
 · 

プロスタッフ大川氏のレポート

2018年初めて釣った魚は小鯵でした・・ベイトですね。
ゆる〜い鯵釣りにはまりロックショア開幕戦にすっかり乗り遅れ気味の漁志です。
さて今シーズンの壱岐は寒波寒波が押し寄せ水温が一気に下がり、あれだけ居たヒラスズキくん達どこいった?
みたいな状況です。ま〜これはしょうがない・・釣りにくい時期があるからこそよく釣れる時期の幸せも大きいものです。
どうやら現在、元気なのは青物みたいですね。
秋や春シーズンのようにサラシに投げたらパクパク釣れる!!って わけにはいかず渋いながら腰を据えてじっくり攻めることが大事となります。
もちろん海の雰囲気が重要!!雰囲気ないところで粘っても辛いですもんね。
今までどんなに投げても全然反応なかったのに鳥が舞い、キビナゴのようなベイトがキャスト範囲に近づいて来た瞬間にヒラスズキの活性が上がるってことよくあります。
だいたいそんなタイミングを見ると潮変わりのタイミングが多いことに気づきます。また過去のデータばかりに囚われると面白みが無くなるので、行きたい時、もしくは行ける時に思いっきり楽しむスタイルが一番!!
そしていつも投げてるのは、もう※スーパーウルトラ鉄板ルアーであるぶっ飛び君95Sかかっ飛び棒130BRです。風が強くてもよく飛んでくれるし使い方も実に多彩なこの二本はなくてはならないルアーだと心から思います。ゆっくり流すように誘えばヒラスズキがHITし、水面を滑らすようにスキップさせれば青物がガバッと食いついてくるんですから!!
あとフォールで誘えば真鯛とか・・・グヒヒが止まりませんよね?
なのでタックルボックスには必ず3本は入れております笑
さ〜て今年も大きな魚は釣れるか分かりませんが僕に釣られる優しい魚達とカレーにまみれた生活を送るぞ〜!!
JUMPRIZE FANの皆さんどうぞサカナ臭い手でよろしくお願い致します。

 

JUMPRIZEプロスタッフ