• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ

プロスタッフ大川氏のレポート

春磯開幕!?を今か今かと待ちきれず釣りきれず磯をゾンビのように彷徨い中の大川漁志です。
例年にないぐらいの今年の冷え込みっぷりで海水温がまだまだ低く安定しないので、お魚さん(ヒラスズキ)のご機嫌斜めの様子
場所によっては鳥が舞いキビナゴが引っかかってくるエリアもあるのに、肝心なヒラスズキは何処へ・・な感じだった。
ハイシーズンになるとサラシがあるとどこでもハイタッチで挨拶してくれるのに、ぶっ飛びくんや かっ飛び棒130BRを使って全力で絶妙なコースを引いても無視ですよね。
いいサラシと流れ、しかもベイトあり。けど無反応。このツンデレ感が堪りませんね。
目の前は食事に夢中の海鳥さん達に気を使わないといけないぐらいの鳥山発生・・この状況を泣く泣く帰るわけには行きません!!
こんな時は腰を据えての『THE地蔵釣り』スタイルに作戦変更。待望のお供え物が来るまでKEEP CAST
しばらく投げてると隣で投げてたあんま釣れんけど釣り好き宿スタッフのマット君のサーフェスウィング120に反応あり!?ついにジアイ来たかと?
逸る気持ちを抑えてゆっくり、ゆっくりとロウディモンスターをリトリーブすると、『ゴン』っと久しぶりの感触!!エラ洗いなしの頭振る感じは速攻で真鯛と確信。
73センチの真鯛でした。活性低い時のロウディモンスターのゆっくり巻きはいいですね。
その後も逃げ惑うキビナゴに小さなマルスズキがボイルします。こんな時レンジを下げると真鯛がHITすることが多く、粘ってたマット君のチャタビー68にも真鯛がHIT。
あれだけ無反応だったのに、海は不思議で素敵・・そしてTHE地蔵釣りしてよかった。
さて、次回のレポートは春磯満開のレポート・・かな?

 

JUMPRIZEプロスタッフ