• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ
 · 

プロスタッフ小泉氏のレポート

皆さんこんにちは黒光小泉です。
今年の桜の開花と共に水温も15度の日があったりなかったりでベイトもちらほら。
この日は前日からの南西風で、水面ざわざわして時折ウネリが入ってきてサラシが広がる。
足場の低い釣り場で上げ8分からなのでセットが入ると、胸位まで波が来るので細心の注意をしながらの釣りになる。
先ずはポポペンでテンポ良くアピールさせながら、食わせの間を作り誘うとバシャッと出たが食わず。
食う瞬間に見切る感じだったので、次はサーフェスウイング95でラインスラッグを出しながら流れに同調さ送り込むがあたらない。
もう少しアピールさせたく次はぶっ飛び君ライトを選び同じように流れにのせ流し込むと、クッククッンと何か引っ掛かった。それはぶっ飛び君と同サイズの稚鮎でした。
今年は稚鮎が多いと言われていたが漁港内での話かと思ったら、こんな外洋のヒラスズキポイントにも居るとは驚いた。
サラシが広がると稚鮎が逃げ惑うのが見えた!ヒラスズキの活性が上がったぞ!
無駄撃ちしてチャンスを逃したくないので、セットが入るのを待つ。1発目2発目入ってきて3発目のセブンで濃いサラシが広がったその先にぶっ飛び君ライトを入れ流れに乗せティプに軽く抵抗が掛かる程度に送り込むとガツンとヒット!
根が複雑、そして難関の根越えが有るんでロッドを立てエラ洗いさせた所で巻き水面を滑らすようにし一気に根越え!
フックも引っ掛かることなく越えたのであとは優しく丁寧にやりとし抜き上げゲット!
体高のある綺麗なヒラスズキを釣り上げる事が出来ました。
これから本番を迎え人が多くなる三浦のヒラスズキ釣り。怪我、トラブル無いように狙って行きましょう

JUMPRIZEプロスタッフ

小泉昌幸