• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ
 · 

テスター竹下氏のレポート

皆様、大変ご無沙汰しております。静岡県のタケちゃんこと竹下です。
手首の負傷により一時戦線離脱しておりましたが、やっと釣りも出来る状態になりましたので早速、地形調査も兼ねてフィールドへ行って来ました。
入ったポイントは以前も良く通っていた所ですが、今ではまた地形が大幅に変わっていました・・・まずは、基本となる魚の着きそうな流れと海底形状を探索をする為に、かっ飛び棒130BRにてスタート。
状況的にはぶっ飛び君95Sでも良かったのですが、荒れているにも関わらず水質はクリア、ウネリも海面だけでしたし、中~下層ではかっ飛び棒130BRでもしっかりアクションさせる事が出来ました。
風が強めでしたので浮き上がりを考慮しあえてかっ飛び棒130BRを流す事で広範囲をサーチさせます。しかもナイトと言う事も有りますので、シルエット、アクションではかっ飛び棒130BRに分が有ると思います。
手前にはしっかりとしたブレイクが有り、そこから適度な水深が有り数10m沖のサンドバーまでしっかりと流れが効いています。狙いは手前のブレイクと沖のサンドバーの掛け上がりです。並岸流が早目なので、満潮間際の流速が落ちた頃のワンチャンスに期待です。
サンドバーの奥の流れが緩い辺りまでキャストし、カウントを取り巻き出します。流れの速い所に入ったら巻くのを止め、テップアクションだけで流して行き、反応が無ければそのまま手前のブレイクまでボトムを意識しながら巻いて来ます。
手前のブレイクではややダウンクロス気味になりますが、あえてブレイクへのボトムノックを意識させながらも流速にもがくベイトの演出をイメージしながら巻いて来ます。そしてボトムノックしたら、一瞬テンションを抜く事で更なるイレギュラーが発生しますので、このタイミングでのバイトは過去にも多く有りましたので今回はこのパターンを主に攻めてみました。
開始10数投で沖のサンドバー掛け上がりの流速変化点でバイト発生!オールウェイク 107HyperFusionプロトでしっかりとホールドしてくれる事でランディング。良型のマゴチをGET出来ました!
今度は手前のブレイクでボトムノックからのリアクションでバイト発生!良型のヒラメをGET出来ました!
短時間での釣行でしたが、かっ飛び棒130BRを緩急を付ける事で仕留める事が出来たと思います。これからのハイシーズンには広範囲にサーチする事で釣果に差が出ると思います。
JUNPRIZEのぶっ飛び3兄弟は必ず活躍しますので釣果を更に伸ばすアイテムになります。是非、皆様も使用頂いて釣りを楽しんで頂きたいと思います!

 

JUMPRIZEテスター

竹下義孝