• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ
 · 

テスター竹下氏のレポート

皆さんこんにちは!静岡県のタケちゃんこと竹下です。
釣果が有りましたので、報告させて頂きます。
当日は久しぶりの朝練で、相変わらず何も情報を持たず出掛けました。久しぶりに入るポイントでしたが、明るくなってからでしたので、地形は一望出来、流れもキャスト毎に把握出来ました。途中から横風が強くなり、本来は釣りにくいコンディションになって来たのですが、ポイントやブレイクが近い場合はぶっ飛び君95Sやかっ飛び棒130BRを「風ドリフト」をする事で容易に攻める事が出来ます。
遠州では、季節風が吹き出すとどうしても飛距離の稼げるメタルジグを使われる方が多くなります。私もピンで狙う場合は、飛びキング105HSを多用します。ポイントやブレイクが遠かったり、やや水深が有る様な所では飛びキング105HSの独壇場です。
しかし、狙う所が近い場合は、かっ飛び棒130BRでの風ドリフトでブレイクラインに沿って流して行く事が効果的です。ドリフトと聞いて難しいと思われる方は多いと思います。
しかし、横風強風時は皆さんの気づかないうちにドリフトをしています。これをラインスラッグを上手く利用して流して行くのですが、慣れてくると50m位でも綺麗に流して行く事が出来ます。狙いたいコースのアップクロスへキャストし、サミングにてカウントを取ってルアーを沈めます。そこからテップを上に上げルアーを持ち上げ、ラインスラッグを出します。後はこのラインスラッグを回収して行きます。
余りスラッグを出し過ぎるとルアーは沈みたがってしまいますが、ある一定のテンションの中でスラッグを作り回収を繰り返して行く事でブレイクラインに沿って流して行く事が出来るようになります。
誰にでも出来ますので、風だけでなく、流れも利用したりして練習してみて下さいね。間違いなく魚からのコンタクトは増えますよ!
今回のヒラメ、マゴチは風ドリフトでの釣果です。
ジャンプライズのシンキングスイマーのドリフト性能を、皆さん是非実感して釣果に繋げて下さいね!

 

JUMPRIZEテスター

竹下義孝