• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ
 · 

モニター イ・ヒョンウク氏のレポート

こんにちは。韓国のMonitor Staffで活動しているHyunwuklee(Koo2)です!
初めてレポートを作成ました!!皆さま今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
最近の釣行ではありませんが、記憶に残った釣行の話を書いてみます。
2017年4月1日に行ってきた釣行です!
韓国ではヒラスズキに出会うために済州島(チェジュ島)の南、西帰浦(ソギポ)地域でのみ出てくるので、南風が吹いて来始めた日に釣行を行ってきました。
夜に到着した時、南風がまだ吹いて来ず、波が弱く、沿岸に10cm級アンチョビが多く、浅い岩の間をSURFACEWING147Fを利用して攻略を開始しました。レンジが60〜80cmであるSURFACEWING147を、非常に浅いところを攻略するためにロッドを立て、ゆっくりとリトリーブしながら攻略をしました。
「ドン!」とロッドに食いつきが伝わり、魚との戦いを開始しました。力も尋常ではないのに満月に映る魚の大きさはさらに大きく感じました!産卵が終わった直後だったので重量はあまり良くなかったですが、旺盛な食欲のためかパワーはもの凄かったです。この「ヤツ」を釣った後、期待してたように 風と波が見事に作られ始めました!
午前のフィールドの状況です。雰囲気が非常にUP !!となり、よりアグレッシブに攻略を続けている中。SURFACEWING147Fを使って迅速に攻略して70cm程度のヒラスズキを一匹釣れることができました。しかし、なかなか南風が強く吹くことがない済州島(チェジュ島)で本当にチャンスが来た時はランカーをつかみたい欲が出てきました!
ぶっ飛び君95sを利用して!風上を突き抜けてキャスティング!数回のキャスティングをしたとき、ルアー回収途中巨大なサイズのヒラスズキがチェイス!
その後、波がSURFACEWING147Fを利用して同じ場所を攻略!やはり反応なし... 。
最後に、もう少し変則的アクションを与えることができるRowdy130Fを利用し、可能な限り沈降させるためにロッドを最大限に下げて高速で変則アクションを狙う瞬間!強烈なバイト!
「ヤツ」がサラシの中でJump !!するとき感嘆しか出て来ませんでした。驚異的な重みと驚異的なサイズ!本当に集中してランディングに成功。
ついに、ランカーと出会えました!初めて出会えた 90UP!!!!サイズ!
ぶっ飛び君95sでもSURFACEWING147Fでも釣れなかったけれど、Rowdy130Fを可能な限り沈降させて、高速リトリーブを利用して変則アクションをしてくれたので、すぐ釣れました。
詳細をご覧の通り、rear hookをfeather hookに変形させRowdy130Fの変則アクションとfeather hookのシルエットを一緒に利用し使ってみました。
非常にわずかな変化が大きな結果をもたらしてくれた釣行なので、とても気持ち良い1日でした~!
長い文書読んで頂きありがとうございました。僕は韓国でヒラスズキ・ゲームを好む Hyunwuklee(Koo2)でした!^^

 

JUMPRIZEモニター

イ・ヒョンウク