• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ
 · 

プロスタッフ小泉氏のレポート

こんにちは黒光り小泉です。
最近は寒くてウェットスタイルの釣りに行けてないので、港湾ゲームで遊ばせてもらってます。
冬の三浦半島のシーバスゲームのなかで、産卵個体の南下を狙う回遊の釣りと港湾のベイトに着いてる釣りがあり、今回は港湾の釣りへ行って来ました。
三浦半島の冬のベイトと言ったらトウゴロウが殆どで、なかなかテクニカルな釣りの1つです。
港一面がベイトで埋め尽くされるくらいの時で、至る所でシーバスのボイルが起きてるがむやみやたらに投げてもヒットしない、どうしたら釣れるのかとよく聞かれました。
自分の釣り方はキャスト範囲の海面を見て、シーバスがベイトを追い始めると数匹のトウゴロウが水面をピシャピシャ跳ね始め、その数秒後にガバッと水面爆破のボイルが発生するのでそのベイトがピシャピシャ跳ね始めた所へ間髪入れずに狙い打ちし、直ぐにリトリーブさせて食わせる釣りをします。この日もサーフェスウイング95Fでベイトがざわめくタイミングを待っていると、ベイトがざわめきボイルした!
少しすると、またベイトの跳ねるのが見えたので直ぐにキャストし巻き始めるとガツンとヒット!サイズこそ回遊のランカーには届きませんが元気なシーバスが釣れました。
数日後に行くと、ベイトはトウゴロウとカタクチの混合になっていて至る所でボイルしてたり水中でギラギラしてたりだったので、常夜灯の明暗狙いでプチボンバーで探っているとチェイスはするが食ってこない。
ルアーチェンジも考えたがプチボンバーで釣りたい!じゃーどうするか?
そこで思い付いたのが水面直下じゃなく1枚下のレンジ狙い。明暗の先へキャストしカウントダウンしスローに巻いてきて明暗の境目辺りでリールのベールを返しフリーフォール!
たまたまなの直ぐにヒット!サイズも60アップの個体で同じように狙うと連発しました。
下のレンジで食ってくるのが解ったのでベビーロウディーの出番!ナチュラル系でただ巻きやアクションを変え探るが反応がない。そこでレッドゼブラに変え明暗へ投げただ巻きで巻いてくるとヒット!これだと思い投げ続けると連発ヒット。
後日も行くとカタクチがかなり入っていたのでベビーロウディー、レッドゼブラを明暗へ投げると直ぐにヒット!このレッドゼブラ面白いようにヒットしてるんです。
別の港の常夜灯周りへ行ってもヒットする。
今までレッドゼブラの必要性を感じた事が無かったのが本音ですが夜間の常夜灯周りでの釣りにレッドゼブラは定番に成ったのは言うまでにありません。

 

JUMPRIZEプロスタッフ

小泉昌幸