• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ
 · 

モニター イ・ハヌル氏のレポート

こんにちは。韓国のSKYです。
今回の釣行はSURFACEWING 120Fの威力を改めて感じた機会になりました。
ポイントを一生懸命探りましたが、海鳥やベイトフィッシュが見つからない厳しい状況でした。
遠くに良さそうな地形のポイントもありましたが、まずは近くにあるポイントから狙うことにしました。
色々なルアーで試しましたが、反応が全くありませんでした。

それで、再度ルアーローテーション。
選んだルアーは前回の釣行でもいい釣果を出してくれた、Surfacewing120F!
近くの大きい岩の前方にルアーをキャストし 、何回かリーリングの後、強いバイトを感じました!ヒットです!いいサイズの77cmのヒラスズキを釣りあげました。
厳しい状況の中で期待していなかったため、とても嬉しかったです。

翌日、前夜より風が弱めになり、朝マズメに新しいポイントを探し移動しました。
前日と同じくベイトフィッシュは見つかりません。
近くに大小の岩が多く、ヒラスズキが十分に居そうな地形のポイントを攻めました。
ルアーは今日も信頼の Surfacewing120F!
角度を少し下げ、普段のリーリングよりゆっくり巻くことに意識を集中しました。
ルアーが岩の端から岩の中間地点を通る瞬間、重いバイトのヒット!
ヒットの興奮も束の間、ヒラスズキが水面上で軽くエラ洗いをしてすぐに岩の隙間に走ってしまいました。
ラインが岩に触れている状態だったので、ラインが切れるかもしれないと思い、すごく緊張しました。
速めにランディングせず、ベールを開け、ラインを送り出すよう余裕を与えたら、運よく81cmのヒラスズキに出会えました!
厳しい状況でグッドサイズのヒラスズキが釣れてとても嬉しかったです。
今回の釣行では、すべて近距離からのバイトだったので、飛距離に弱い私には良い機会だったと思います。
次の釣行でも良い内容を皆さんに紹介できるよう、頑張ります。
長い文章読んでくださってありがとうございました!

 

JUMPRIZEモニター 

イ・ハヌル