• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ
 · 

テスター ホン・ソクミン氏のレポート

こんにちは、韓国のスタッフTerryです。
暑い夏が来ました。韓国の7月はシーズンオフのため少し退屈です。
ヒラマサが産卵から回復し、動きはあるものの水温がまだ安定していないのと台風が頻繁に来るので船を予約しても出船中止となる状況です。
7月下旬、韓国の南海岸にヒラマサを攻略するためにオフショアキャスティングとジギングを目的として釣行して来ました。
韓国の南海岸東部は海流が通る場所で魚が非常に豊富ですが、とても多くの船が集中するので、プレッシャーも高いです。
まだヒラマサキャスティングゲームは時期が早いので、キャスティングゲームに加えて、最近人気のあるSLJ(Super Light Jigging)にモモパンチを投入してみることにしました。
予想通り、状況が渋くヒラマサを見つけることは出来ませんでした。
しかし、信じられないほど多くのシイラがララペンにアタックしてくれました。
MONSTER ABSORBER CASTING 82/5、82/6の限界のファイトを楽しむには少し小型ですが、シイラがララペンを信じられないほど好きだという事実を知ることができました!
当日、面白かったことは、韓国で一般的に使用される120〜200g程度のセミロング/ロングジグのジギングにはほとんどアタリがありませんでしたが、45gのモモパンチには、2〜4kg程のヒラマサ、60〜70cm級のクロマグロまで多大な効果を発揮しました。
ジャンプライズシングルフック、ライトシャープアシストMMHとセットで使用したところ、驚異的な威力を発揮しました。
5キロを超えるようヒラマサもしばしばヒットしましたが、20メートルの浅い水深と険しい岩のため、ランディングに失敗してしまいました。
次は絶対モモパンチを使用して、ライトなタックルで10キロ級の大型ヒラマサを釣ってみたいです。皆さんも暑い夏、熱中症などに気を付けて釣りを楽しんで下さい!
 
JUMPRIZEテスター 
ホン・ソクミン