• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ
 · 

テスター新田氏のレポート

こんにちは。テスターの新田です。
朝晩の冷え込みが日に日に増し、秋を感じます。
今回は河口域のコノシロを意識したシーバスを狙ってきました。
このパターンで使用するルアーは、サーフェスウイング147F、かっ飛び棒130BRをメインにウエイク系のミノーやビックベイトを使用しています。
ヘビーウエイトのルアーもキャストするためロッドはALLWAKE99MONSTERBATTLEがとても使いやすいと感じています。
しっかりとバットにルアーのウエイトを乗せてキャスト出来るため、キャストファームさえしっかりしていればある程度のヘビーウエイトのルアーは難なくキャスト出来るため、今回のようなコノシロパターンや落ち鮎パターンのリバーシーバスなど、僕の中では使用頻度がとても多いロッドになります。
サーフェスウイング147F、かっ飛び棒130BRをローテし、レンジやトレースコースを色々変えシーバスの反応を確かめますが、なかなか反応を得ることが出来ませんでした。
サーフェスウイング147F クリアレッドゼブラでショートバイトが一回あったのみ。
ルアーのシルエットと波動を変えるべくウエイク系のミノーをチョイスすることにしました。
ALLWAKE99MONSTERBATTLEの張りがあるのにしなやかに入り込んでくれるティップは、しっかりとルアーの動きがとてもわかりやすく、流れの強弱や地形の情報量がかなり多く伝わってきます。
じっくりと見せながらウエイク系のミノーを早巻きすると、引っ手繰るバイト。
もちろんALLWAKE99MONSTERBATTLEは主導権を渡すことなく、難なくランカーシーバスをキャッチすることが出来ました。
今回のシーバスはエラアライすることなく、下へ下へと突っ込んでいきましたが、追従性がすこぶる良く、全く不安を感じることがありませんでした。
ALLWAKE99MONSTERBATTLEは落ち鮎パターンでのランカーシーバスや去年の熊本県のリバーシーバスでもメモリアルなシーバスとキャッチすることが出来ています。
これから秋も深まり、サイズが狙えるシーズンに突入します。
河口域、サーフ、リバーで間違いなく必須になるALLWAKE99MONSTERBATTLEを始め、JUMPRIZEの各ロッド、ルアーで楽しんで頂ければと思います。

 

JUMPRIZEテスター