• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ
 · 

テスター新田氏のレポート

こんにちは。テスターの新田です。
10月に発売されたジギングロッド。モンスターアブソーバー60/2を用いて初オフショアジギングへ行ってきました。
初めてやる釣りは本当に考えることが多く、かなり悩んだ末、富山県ならではのロッドということでモンスターアブソーバー60/2を選択しました。
リールはシマノSW6000HGにPE2.0号、リーダー40lbのシステム。
先日、富山県は寒ブリ宣言がされゼロイチの確率ですが寒ブリも少ながらずキャッチされています。
暗がりの出船から1時間弱程走り、第一ポイントへ到着。
第一投は200gのジグ(プロト)を落とし、着底後の巻き初めでバイトがあるという最高のビギナーズラックと良型のサワラが出迎えてくれました‼︎
日が昇り、水温の上昇とともにベイトも活発になり、所々でボイルが起き始めました。
70前後のガンドも混ざるナイスタイミングで使うタックルはプロトロッドのALLWAKE88MULTIとシマノSW4000XGのリールにかっ飛び棒130BR。
かっ飛び棒130BRシャローライトを使いたかったのですが、バイトレンジが思いの外下だったので、ノーマルの選択としました。
ジギングは初めてなのでまだまだ納得のいかないことが多いのですが、ショアだろうがオフショアだろうが、かっ飛び棒130BRを用いた釣りには少し自信があり、カウントをとりながらいいレンジを探してバイトを誘発出来るアクションを見つけていきます。
リーリング速度とアクションも重視して、お腹がパンパンのフクラギを筆頭に90センチを切るサワラが釣れることが出来ました。
ALLWAKE88MULTI(プロト)でこのサイズのサワラをかけたのですが、最高のバットパワーと追従性の高いブランクスにより、ほぼドラグが出ることがありませんでした。
水面にこのサイズの魚体を見たときはビックリしましたが、それ以上にALLWAKE88MULTI(プロト)のポテンシャルに驚きを隠せませんでした。
その後うねりが強くなり、モモパンチ180(プロト)でお土産を一匹キャッチすることが出来て初ジギングは納竿となりました。
周りのエキスパートの方にもモンスターアブソーバー60/2を褒められ、経験不足ながらも富山には十分対応出来るロッドのスペックかと思います。
ルアーはもちろん、ロッドも富山県で必須なアイテムが増えてきました。
最近では富山県でもJUMPRIZEのロッドを使用しているユーザー様が多く見受けられ本当に嬉しい限りです。
始まったばかりの寒ブリシーズン。
モンスターアブソーバー60/2で楽しんで頂ければと思います。

JUMPRIZEテスター