• ホーム
  • 製品案内
  • スタッフ紹介
  • ユーザーレポート
  • スタッフブログ
  • イベント情報
  • Webショップ
  • 会社概要
  • お問合せ
 · 

テスター新田氏のレポート

こんにちは。テスターの新田です。
今回は磯へ行ってきました。
予報ではあまりよろしくない波の状況でしたが、仲間との数カ月ぶりに一緒に出来る釣りを堪能したく強行突破‼︎
日の出前から5箇所ほど下見して1番波がある場所へエントリー。
12月も下旬に差し掛かり、例年ならば寒くてウエットに着替えるのが億劫なのですが、今年はまだまだ暖かく体感的には11月下旬くらいな感じ。
磯に入り水温を見るもやはり高く、悲しいかな温暖化現象をひしひしと感じさせられます。
今回エントリーしたエリアは、平磯でスリットが遠くまで入っている地形で、サラシの中を丁寧に引くとスリットから飛び出してきました。
いつも、それなりの波がある時にはかっ飛び棒130BRが有効なエリアなのですが、今回の波の高さは先日発売された、かっ飛び棒130BRシャローライトの独断場でした。
8g軽量化されたことにより、よりじっくりと魚にアピールすることができ、リトリーブスピードの調整幅も格段にアップされ、かなり多くの細かな作業が行えるようになっていると思います。
おそらく、今回の波の高さでかっ飛び棒130BRを引くと根掛かりするリスクが高いのですが、シャローライトは皆無。
朝マヅメ、まだ若干光量が少ない時間帯に仲間がシャローライトのバナナフラッシュレインボーで良型のガンド(ワラサ)をキャッチ。
僕もサンライズチャートをチョイスしていましたが全く反応がなかったので、キビナゴへ交換すると反応があり立て続けに2キャッチ。
水色はクリア。光量の具合でチャート系とナチュラル系の使い分けで釣果に差が出るようでした。
その後、1バラシして波が落ち納竿としましたが、久しぶりの磯マル釣行はとても有意義な時間を過ごすことができました。
今回使用したロッドはALLWAKE110SUPERMULTI。ALLWAKE105MULTIよりも更に進化したブランクスは操作性も抜群で、マルチ譲りな柔軟なティップはもちろん、十分なバットパワーを備えています。
今回の磯マルのサイズは少し物足りませんでしたが、ランカークラスがヒットしても問題なく対応出来ると実感しました。
バトルスーツは機動力が大幅にアップされ、ランガンメインのこの釣りには確実に必須なアイテム。更にクールベストのこの軽さが1日やりきっても身体への負担がかなり少なく感じました。
磯釣行に適したアイテムを使用することで更に快適に釣りをすることができ、集中力が切れることがありませんでした。
まだまだ終わらない磯マルシーズン。
是非、磯に特化したJUMPRIZEアイテムで楽しんで頂ければと思います。

 

JUMPRIZEテスター