JUMPRIZE

ジャンプライズ公式サイト

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Ameblo
 · 

テスター唐澤氏のレポート

こんにちは!テスターの熊五郎です!
本年最初のレポートとなります。今年もよろしくお願い致します。
今回はサーフでのかっ飛び棒130BRのウィンドドリフトについてご紹介します。
サーフでのかっ飛び棒130BRといえば、一旦着底させてからのただ巻きや、5〜10回巻きごとのストップ&ゴーで攻めることが多いのではないでしょうか。
テンポよくランガンする場合では適した攻め方だと思いますが、ブレイクラインや潮目など、ここぞというポイントで粘る場合もあると思います。
そのような場合のテクニックとしてウィンドドリフトがあります。
追い風以外の風が吹いていることが条件にはなりますが、キャスト後にあえて風でラインスラッグをつくり、風に打たせてルアーをドリフトさせるテクニックです。
これにより潮目やブレイクラインを長くトレースすることが可能になります。
ヒラメを狙う際にはドン深サーフや、横風が強い場合にはかっ飛び棒130BRを、遠浅サーフや風が弱い場合にはかっ飛び棒130シャローライトを選択しています。
写真は宮崎サーフの潮目をかっ飛び棒130BRを使用しウィンドドリフトさせてキャッチできたヒラスズキです。
ただウィンドドリフトはラインスラッグを利用するため、隣のアングラーとの距離がある程度必要になりますので気をつけて行って下さい。
磯ではお馴染みのテクニックかもしれませんが、是非サーフでも試してみて下さい!!

 

JUMPRIZEテスター
唐澤良太