JUMPRIZE

ジャンプライズ公式サイト

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Ameblo
 · 

テスター新田氏のレポート

こんにちは。テスターの新田です。
今年は早い段階で春一番が吹き、例年より早くホタルイカが接岸しました。
今回はメバル、クロダイを狙い。
例年ならば良型のメバルや年無しの黒鯛などが釣れるのですが、高水温の影響かな…⁇
ホタルイカについていないようで、思いの外、釣果はパッとせず苦戦中です(苦笑)
僕がこの時期ホタルイカパターンでメインに使用しているロッドがALLWAKE105POWERFINESSEになり、リリースされて早、2シーズン。
ホタルイカパターンでの遠距離戦は高確率で釣果に結びつくため、0.8号のPEライン、12〜16lbのリーダー、15g前後のウエイトのプラグを容易に扱えるALLWAKE105POWERFINESSEは必須となります。
現在はアミやシラスサイズの稚魚を捕食しているるようで、メインで使用しているサーフェスウイング95Fやプチボンバー70S、70SSは全く無反応。
逆にフォローで入れている45㍉前後、5g程のシルエットの小さいプラグがやたら高反応でした。
ALLWAKE105POWERFINESSEはこのサイズのルアーもストレス無くキャストすることができ、遠距離でアピールすることが出来ます。
本当にメバル用のロングロッドで使用してもいいなではないか⁈と思うくらい使い勝手が良く、仲間内からもすごく大好評です。
ティップが入るのでバイトからフッキングまでスムーズに行うことができ、強靭なバットパワーと10.5ftのレングスは干潮になるとシモリが見えるくらいのシャロー帯では大活躍‼︎
そんな素晴らしいスペックを備えたALLWAKE105POWERFINESSEでシャロー帯から引きずり出し、良型メバルをキャッチすることが出来ました。
ちなみに富山県のこの時期のメバルはサイズが上がると、フッキング後、突っ込みはシーバスでいうと70後半くらいのトルクがあると感じています。
以前まではこういう状況下で何回シモリにスタックされたかわかりません。
そんな強烈な引きをするメバルをシャロー帯で止めなければいけないことや、メバル以外にも年無しを始め良型の黒鯛が喰ってくることを考慮すると、選択肢がALLWAKE105POWERFINESSEというわけです。
昨年同様、本当にこのロッドで良かったと思えるシュチュエーションが多々有り、周りとの釣果の差も実感しています。
徐々に暖かくなりお腹がパンパンのウグイも釣れ始めてきたので、ホタルイカパターンでメインで使用しているサーフェスウイング95Fやプチボンバー70S、70SSはそろそろ本領発揮かな⁇
今年もJUMPRIZE製品がホタルイカパターンで大活躍してくれるはずです。
JUMPRIZEのロッドやルアーを是非、ホタルイカパターンの一手に加えてみて頂ければと思います。

JUMPRIZEテスター