JUMPRIZE

ジャンプライズ公式サイト

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • Ameblo
 · 

プロスタッフ小泉氏のレポート

皆さんこんにちは黒光り小泉です。
梅雨明けと共に猛暑日が続き、記録的な気温も観測された今年の夏、自分の中でも夏の風物詩の炎天下のキハダ釣行へJUMPRIZE号に乗り行ってきました!
シーズン初期は行けそうな日に連絡しても時化続き。1度も出られずに居て井上代表に付けられたあだ名は時化泉。
いつもだと数日前に連絡し乗れるか聞いていたのですが、この日は前日の夕方に何かを感じ井上代表に連絡すると、ジギングメインだけど手伝いで来て良いとのお言葉をもらい用事を済ませJUMPRIZE号が停泊している港へひた走る。
現地に付き乗船される皆さんと挨拶を交わし、わくわくしながら沖のポイントへ。
大島より先へは行ったことが無かった自分は、伊豆七島を1つ1つ写真に撮っていくと三宅島の三本岳も写真に撮ることができテンションMAX!
しばらく走った頃にポイントに着きジギング開始!
自分もロッドを借り、ジギングするも反応はない。
たまにカツオの群れが見えていたのでキャスティングに変更。キハダが見えない時はララペンマグナムやララポップの様なアピール力の強いルアーに反応する事が多いので、先ずはララペンマグナムでと思いマグナムをフルキャストし、テンポよく誘ってくること数投目にデカイ水柱と共にロッドが曲がる!ヒットと声を出したが水面でエラ洗いしていたのとたいして走らないのでシイラかもと笑いながらやり取りしていると井上代表からキハダだろ!と言われやり取りし見えてきたら本当にキハダで慎重になる自分(笑)
井上代表にギャフを打ってもらい船内に上げることが出来ました!
サイズは30キロ位のナイスなキハダで今年も釣れた事に感謝です。
この海域にはまだ何かあると思っていたら一緒に乗船していたジギングの増澤さんのキターっという一声を聞き、振り替えるとロッドはぶち曲がり今まで聞いたことのないドラグ音が響き渡る!
とんでもないサイズ確定で巻いては出されを繰り返し上がってきたのはミラクルモンスターのカンパチでした!
港に帰り計ると40キロアップのカンパチは迫力満点で最高の瞬間に立ち会う事が出来ました。
何かを感じたってこのカンパチの事だったんだと思いました。
まだまだ暑い日が続くと思いますがまだキハダも狙って行きたいと思います。

 

JUMPRIZEプロスタッフ

小泉昌幸