JUMPRIZE

ジャンプライズ公式サイト

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Ameblo
 · 

プロスタッフ宇野氏のレポート

みなさまこんにちは。隠岐在住ジャンプライズスタッフの宇野です。
いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
先日発売されたツーリミット103を持ってアフターのヒラマサ、マダイメインで釣行してきました。
サラシもある程度厚く、良い流れが入っている状況。
先ずはベビーロウディをサラシの流れに漂わせるとシーバスがヒット!
ベビーロウディ、サーフェス120でシーバスが連発します。
ポイントを少しずつ移動し、夕マズメを迎える。キワに出来たサラシをブレイクにそってベビーロウディを入れるとヒット!
最初青物かと思いきや50クラスのマダイ!ランディングまで持ち込むもあえなくバラシ。フックポイントがヘタってたので、ベビーロウディのオリカラ、クリアー系にチェンジ。
同じように通すこと数投、ガツンと反転系のバイト!紛れもなくマダイだ。慎重に弱らせランディングに成功、最後は頬の皮1枚状態のフッキングになってしまいましたが、ツーリミットがうまく追従してくれたおかげで無事ランディングできました。
しばらく青物を狙うも反応がないため再びマダイ狙いに変更。最後の最後に体全体が見えるバイト!
しかしこのバイトは乗らず、引き波ステイでもう一度食ってきてくれたんで、反転後にフッキング!かかった時からデカイと分かっていたけど上がってきたのはランカーサイズのオスのマダイ!最後に良いマダイが釣れてくれて最高でした。
先日発売されたツーリミット103マルチは8〜40g ペンデュラムなら50gまでキャスト可能、ブランクスはオールウェイク105マルチと同じ30t中弾性カーボンをメインとした複合構成を採用。プチボンバーなどの小さなルアーからかっ飛び棒、飛びキング、ピピデビルなどのルアーまで扱えてマダイ特有の叩く引き方にもしなやかなブランクスでしっかりと追従してくれます。
ガイドをトルザイトからSICに変えたことで価格も低価格に、SICに変えた事で感度が落ちるかというと全く感じさせずプチボンバーの泳ぎもしっかりと伝えてくれます。
ガイドの強度的にはパワーアップしてると思うので磯でハードに使う方にはツーリミットオススメです。

 

JUMPRIZEプロスタッフ

宇野仁