JUMPRIZE

ジャンプライズ公式サイト

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Ameblo
 · 

テスター唐澤氏のレポート

こんにちはテスターの熊五郎です。
9月に入り秋の気配も濃くなってきましたね。
もうすぐヒラマサも秋のシーズンが本格的になってくる頃ではないでしょうか。
そんな中、今回は私の使用しているフックセッティングについてレポートしたいと思います。
ジャンプライズからも青物用シングルフック「SHORE-BULE PLUG」を発売していますが、ショア、オフショアに関わらず、ダイビングペンシルやポッパーにはシングルフックを使用しているアングラーも多いのではないでしょうか。
活性が高い時は勢いよく襲いかかるので、シングルフックでもフッキング率は高いと思いますが、活性が低い時はどうでしょう。
後ろから追いかけてきて、じゃれてくるようなバイトが多い時はなかなかフッキングしないことが多いかと思います。
そのような時はアシストフックの組み糸の長さを変えてみてはいかがでしょうか。
写真は私がララペンマグナム240用に自作しているアシストフックになりますが、長さを右から5cm、3cm、1cmとしています。
この長さをその日のヒラマサの活性やバイトの出かたに合わせて使い分けていきます。
写真のヒラマサは、ルアーの下からではなく後ろからのバイトが多く出ていたため、テールフックを1cmから5cmに変えたところフッキングさせることができ、キャッチできた8kgサイズです。
フックセッティングはサイズを変えることも大切ですが、組み糸の長さにも変化をつけて準備すると対応できる場面も増えるのではないかと思います。
是非、ルアーとともに様々なフックセッティングを試してみて下さい。
その参考になれば幸いです。

 

写真のフック:がまかつ チューンド管ムロ30号、35号
組み糸:よつあみ シーハンター50号、60号

 

JUMPRIZEテスター

唐澤 良太