JUMPRIZE

ジャンプライズ公式サイト

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Ameblo
 · 

テスター唐澤氏のレポート

皆さんこんにちは!テスターの熊五郎です。
現在はシーズン終盤に差し掛かっている河川に通っています。
通っているポイントは10〜15cmのイナっこがメインベイトになっており、そのベイトを捕食しているランカーサイズを狙うため大きめのルアーを選択しています。
しかも河口部がメインになりますので飛距離も重要になります。
そこで今回使用しているタックルは、ツーリミット105モンスターバトルです!
河川でモンスターバトル?と思う方もいるかと思います。
しかし、ランカーサイズに絞って考えるのであれば、ビッグサイズのプラグオープンエリアでロングキャストでき、流心の強い流れの中から引き剥がす必要性を考えると、選択肢の1つとして考えられるのではないでしょうか。
サーフェスウィング147Fとロウディー130Fをメインで使用しましたがやはり相性はバツグンで、軽く振り切るだけでも、もちろんフルキャストでも十分な飛距離を出すことができました。
おかげでモチベーションを維持しながら釣りを続けることができました。
そしてついに時合いがきました。満潮から下げ始めに太い潮目が沖に入って来た時、すかさずサーフェスウィング147Fチャートバックパールをフルキャスト!
潮目に沿って流していると抑え込むようなバイトあり、87cmのグッドサイズをキャッチすることができました。
流れに乗って下流に走ろうとしましたがツーリミット105モンスターバトルをバッドまで曲げこみ耐え、エラ洗いでもロッドがショックを吸収してくれるためバレる気が起きませんでした。
モンスターバトルと名の付いているジャンプライズロッドは、外洋での使用がメインにはなりますが、ランカーサイズに絞った河口部の釣行では心強い武器になるのではないかと思います。
参考にタックルデータを記載しますので、是非、河川、河口部でも試してみてくださいね!

 

使用タックル
ロッド:ツーリミット105モンスターバトル
リール:シマノ  ツインパワー4000HG
ライン:PE1.2号
リーダー:ナイロン25lb

 

JUMPRIZEテスター

唐澤 良太