JUMPRIZE

ジャンプライズ公式サイト

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Ameblo
 · 

テスター唐澤氏のレポート

皆さんこんにちは!テスターの熊五郎です。
今回は2月下旬の河川で、レンジを意識したルアーチョイスが良い結果に繋げることができましたので報告します。
2月の河川はバチ抜けなどの釣りが面白い時期ですが、アフターの一発ランカーサイズが狙えるのもこの時期の河川の特徴です。
では、ランカーサイズはどのタイミングでの確率が高いのか?
私は干潮からの上げのタイミングでポイントに入るようにしています。

この時期は川の水より、海の水の方が水温が高い場合が多く、暖かい潮に乗ってアフターのランカーが川の中に戻ってくるのでは?と仮定し釣りをしています。
海水は真水より重いため、川底を這うように上がってきます。なので、ナイトゲームでも中層から下のレンジを意識して釣りを組み立てていきます。
サーフェスウィング120Fを中心に、その下のレンジはロウディ130F、ベイトが小さい場合はチャタビー85や68でボトムタッチしながら攻めることもあります。
今回はサーフェスウィング120Fパールレインボーがいい仕事をしてくれました。
着水からティップを水面近くに置いてリトリーブし、水面から1mくらい下をリトリーブしていると押さえ込むようなバイトがありヒット!
ストロークの大きなエラ洗いからいいサイズを確信し、慎重にファイトをしランディングすると、体高のある92cmのシーバスをキャッチすることができました。
サーフェスウィング120Fをハーモニカ喰いしていたことから、ベイトサイズやレンジがバッチリ決まっていたことが伺えます。
今はもう水温も上がりベストシーズンに差し掛かっている頃かと思います。ただ、春は天候が不安定な時期でもあり、合わせて水温も不安定になることがあるかもしれません。
そんな時にはより一層レンジをシビアに考えてみてはいかがでしょうか。

このレポートが正解を導き出すお役に立てば嬉しいです。

ヒットルアー:サーフェスウィング120F パールレインボー
フック:ジャンプライズトレブル3番

 

JUMPRIZEテスター

唐澤良太