JUMPRIZE

ジャンプライズ公式サイト

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Ameblo
 · 

テスター ホン・ソクミン氏のレポート

こんにちは。韓国スタッフのテリーです。
ものすごく久しぶりのレポートです!
社会的な問題と、個人的な理由でしばらく活動ができませんでした。
前回の11月位から5月まで続くヒラスズキシーズンについてレポートします!
まずロッドは、個人的に一番好きなオールウェイク108モンスターバトルがメインになります。
私の基本スタイルである中長距離のピンスポットにぶっ飛び君95Sを波のタイミングに合わせてキャストしドリフト。
どんなに強風でも波の周期が短くても、オールウェイク108モンスターバトルならば対応できます。
追加生産予定が無いのが残念ですが、後継機種としてツーリミット105モンスターバトルが出ているのでオススメです。
韓国のフィールドでは何か変化が起きているようです。
以前は、ヒラスズキの個体数は少ないものの出てくれればランカー級の割合が多かったのですが、最近は個体数が増え比較的容易に出てくれますが、50~60cm位の小さなヒラスズキが多くなりました。
サイズを選んで釣るのは難しいですが、色々な工夫をして良いサイズをキャッチできた時の共通点を探してみると答えに近づけるようです。
韓国のフィールドは干満差が最大2メートル以上なので、干満差を考慮したポイントを狙っていくのが有効だという印象です。
また、適切なルアーローテーションとレンジの変化は大切です。
ポポペン95Fで表層狙い、サーフェスウィング95Fやベビーロウディーでレンジを変え、ぶっ飛び君でドリフトなど、色々なパターンを試していくと確かに反応が違います。
やはりヒラスズキは、ランガンしながら精密な攻略をしていくのが楽しいですね。
4月には産卵後の素敵な個体に出会えました。
96cmという韓国では中々出会えないサイズでした。
シーズンが終わるまで、楽しんでいきたいと思います。
読んで頂きありがとうございました。

 

JUMPRIZEテスター 
ホン・ソクミン